4月 162017
 

<このサイトから引用>

南原社長が言うには

・取次と契約できれば、1人しかいない出版社でも全国で売ることができる
・書店の棚では、大手出版社と並んで置かれる
・購入する側は出版社を問わず手にとる
・車は一家に1、2台だが、本は何冊でも買う
・100冊の本を出す場合でも、社屋を100倍にする必要はない
・ネットで容易に宣伝できる時代が来た
・世界に出ることも視野に入れやすい

「儲かっている業界は、儲かる仕組みで成功しているので、改善点を見つけるのは難しい。それに対して、儲かっていない業界というのは、すでに現在の方法ではうまくいかないということが見えているわけです。ビジネスの仕組みのどこかに、改善の余地が必ずあります」

確かに改善の余地はあります。
皆さん本屋って本だけを売っていると思っている。
なぜDVDを売らないのか?
映画のDVDではなく、
知識が得られる動画DVDを売ればいい。
すでに音声CDつきの本もありますので奇抜なことではない。
それを音声CDでなく動画DVDにすればいいだけのことです。
動画でしたら分かりやすいし、
本を読む手助けにもなってくれる。
1冊あたりの単価をあげても買ってくれる人はいる。
DVDディスクの原価は安い。
(制作コストがかかると思いますが)
インターネットをあまりしない高齢者にも、
DVDプレーヤーに挿入するだけですので
手軽に操作できるでしょう。

『本は読まれないので、だから売れないです』
(それでも日本人は本を買って読む方だそうです)
(欧米では借りて読む。聞いた話ですが)

それならば本にDVDをつけて売るしかない。

出版社は考慮して頂ければうれしく思います。

4月 162017
 

完全と不完全との定義を
この世における僕らの頭で考えるのは
ナンセンスではないだろうか。

完全って何だ?
神学者は「完全=神」と言うのか。

完全であるならば、それは安定思考に陥って怠惰が生まれないか。
「怠惰=堕天」とするならば、それは罪を作り出さないか。

『堕天使=人間』

『大いなる神から剥がれ落ちた不肖な子供たち=小なる神である我ら』

もし絶えず向上を目指さない安住の神ならば、
我らに示しがつかぬ。
範を垂れるのがリーダーだからだ。
流転する物質界でさまよい歩く我々に向かって

「サボってないで早くこっちへおいでよ」

愛の言葉を届けるために、絶えず向上という美波を送り続ける。

「私、いつまでもきれいでいたいの」

向上とは永遠に美であり続けること。

「不完全な神」とは永遠の愛のことかもしれない。

4月 152017
 

江原啓之氏は言う。

「大いなる神は完全ではない」なぜなら「小なる神である我々が完全ではない」からと。

俺たちがこの世で頑張って生きるのも、
すべては「大いなる神との一体化」が目的です。
その大いなる神(グレートスピリット)が不完全なら、
この世での修行をめでたく終えても、あの世でも修行しなくてはいけないことになる。
どんな修行なのか分からないが、修行というのはしんどいものだろう。
(楽な修行なら何も向上できない)

グレートスピリット(理想)という
ゴールを目がけて頑張るのがすべての霊魂の意義であって、
そのグレートスピリットが不完全なら、虚しいじゃないか!?
ゴールのないマラソンなんて途方にくれてしまうだろ?

私は大いなる神は完全であると思いたい。
そうであらねばならないと思い込みたい。

「神が不完全なんて嫌だよ!!」

でもそうなると(そうしてしまうと)
神が完全ならば、完全ではない俺は神でないことにならないか?
イコールでないから。

神でない自分を認めたら、
神と一体化するという人生の目的も無意味になる。
(神でなかったら、神になれないだろ? ダイヤの原石だから磨けばダイヤになれるのさ)
そっちの方が虚しい。

私には「神は不完全である」という理由がまだ分かっていないようだ。
思考を続ける。

【後記】
神は完全でも不完全でもない。
二言論で表現するのはナンセンスです。

4月 152017
 

私の疑問に回答してくれた人がいます。
「つまりグレートスピリットが完全ではなくなったその原因は何かということです」

メタたろうという方の回答(おそらく男性でしょう)

グレートスピリットは完全性が根拠を必要としないことだ
ということを知らなかったからではないですか?

覚りを必要とする完全性が最初から存在します。
1つのものを2つに分けた理由は自分を自覚したかったから。

その誕生の以前から無自覚に
「完全性は既にあった。」
という状態は今の世と相似ですね。

「違う点は神が悟った。あーよかった。」では終わらなかったということでしょうね。

神が悟るために必要としていた「写し鏡=人間(世界ですね)」は一人歩きを初めて、
神とは別の『意志』を持つわけですね。

(仮に全てはひとつ、であろうとも、
今はひとつではありませんし、別個の意志を持つのが事実です。)

そこで、神様は満足して、片付けをするがごとく
「おもちゃ(人間・世界)を片付けよう。」
というわけには行きません。

なぜなら、おもちゃは自分自身でもあります。

分身は悟っていません。

これの繰り返しです。

全てを悟るには部分が悟れない矛盾を克服せねばなりません。

それは低次元での悟る主体を必要とします。

源は「完全なる存在」というよりは「完全性を自覚した存在」という立ち位置で、、、
「最初は完全性を疑った存在」でもありますよね。

これはフラクタルで、、、ズート続きてきたはずです。

完全なだけでいいなら人間は必要ないはずですから。

自然は既に美しいわけで、完全な調和を示しています。

それで  時系列で言うと

下図を診てもらうとわかりますが、
覚りというのはイタチごっこなんですよね(苦笑)

原因があって、結果が在るなら・・・・

ひだりが始まりで次元が進むに連れて、一つ前は悟ると・・・。

   (次元が進む)    (次元が進む)      (次元が進む)
神⇒次の存在      ⇒次の存在        ⇒次の存在      ⇒・・・
   (前元の神は悟る) (前元の存在は悟る) (前元の存在は悟る)

・・・・⇒人間⇒(低次元の何か・・・があるかも?)

となるわけです。

ということは、人間はなにかこの先を見て悟るのは
この宇宙が生まれた原因を踏襲するわけですね(笑)

学びがないので、放置されて
勝手に同じ次元で悟ることを期待されているのではないでしょうかね?

というわけで、覚りを必要としない次元上昇とでもいうものが、
この問題の解決の糸口と鳴るわけですね(笑)

ただし・・・・

こういう視点もありますよね。

このような世界が生まれた状況を「メタ視点で見れる存在です。」

    <メタ視点の上位存在X>

   (次元が進む)    (次元が進む)      (次元が進む)
神⇒次の存在      ⇒次の存在        ⇒次の存在      ⇒・・・
   (前元の神は悟る) (前元の存在は悟る) (前元の存在は悟る)

きっとこう思ったはずなんですよ。

    <メタ視点の上位存在X>「おー、完全だねー。」

神が一つだった時 :(内的葛藤・私は何ものなのか!?ひとつと呼ばれた何者かは、自覚ができない)

    <メタ視点の上位存在X>:既に先が見えるね・・・。

               (次元が進む)
神           ⇒次の存在        :内的葛藤の発生
↓             (前元の神は悟る)
「おー、俺って完璧!だったんだー!」

    <メタ視点の上位存在X>:覚りのテーマの物語のつもりはなかったんだけどなー。。。

   (次元が進む)    (次元が進む)      (次元が進む)
神⇒次の存在      ⇒次の存在        ⇒次の存在      ⇒・・・
↓   (前元の神は悟る) (前元の存在は悟る) (前元の存在は悟る)

「次を見て悟った!」の連続

ということで、

人間は「前を見て悟る」という所に特殊性があるわけですね。

これは次元が進めば進むほど顕著になります。

後悔を先に立たそうと。。。

ここからは独自解釈になります。
答えのない問題ではありますので、
仮説の一つとしてごらんくださいませ。

アセンション前までは「覚り・悟り」ということがテーマだったのだと思います。

つまり、人間とは何か?(自分とは何か?)がメインテーマだったと言うわけです。

で、神はこれに飽きた(満足した)わけですね。

で、おもちゃを片付けようと思ったんですが、それはおかしいだろと

神(おもちゃから神に格上げされた原初とは違う何者か)が言うわけです。

だから、アセンション(2010年の前後3~6年ぐらい)は

悟りアフターをどう過ごそうか?という話になって、

「幸せに生きてみようか!?」となったのではないかなと・・・・。

仮に霊的な確証を得られる
霊媒師の方がおられたら
確認してみたい所ではありますが・・・

過去、神として現世卒業をされた人達が
再度転生していると思うんですね。

世界がこの世仕様からあの世仕様に換装されていった。

それで、あの世(あるいは神界)というものが在るとして、
「上がりを経験したもの。悟ったもの」が経験する世界を
低次まで全て適用しちゃおうぜ☆

ということになしたと。

結果として、神はこの世でも学べるようになった。

それでアセンションとは何だったか?
と言うと、、、、

「過去の過ちを認める」ということだっったのではないかなと・・・・。

モナド論的な世界で言えば
「全てが独立して、全てが調和している」
という矛盾を感じる世界観があります。

この調和を担うシステムが
おそらく、神にフィードバックする(元に戻して、元から直す)
という事だと思うのですね。

モナド論的な「予定調和」は結果で、
モナドは独立しながらも相互に影響しあっているように「見える」のも結果であり、
原因は初期値に依存するのであれば、

おそらく、初期値をモナドはいじくって
干渉あっているだろうと。

つまり、人間の動向が
ビックバン以前(神がひとつから別れる前)に
フィード・バック(コミュニケーション)していて、
そもそも、世界を最初から正す効力が在る。

という世界観ですね。

そうなってくると、
アセンションの意味は変わってくるわけですね。

神「自分を自覚したい!」⇒「自覚した」⇒「この学び終わり!」

アセンションとは
「学びが完了した(自分とは何か?がわかったら)、どうする?」
というタイミングです。。。

その結果

「片付ける(修了!)」の派閥と
「再利用(転用でもいいですよね)」のグループに分かれて、

既にプレイヤーがさんざんいるので
「やってみようか、再利用」

と言った感じになったのだと御考えています。

そんなわけで、

アセンション以前の情報は後から考えれば
まるわかりなことばっかりやってます

しかし、アセンション以後は
目的が変わっているはずです。

そういう意味で言うと、
やる気が出なかった(当時)

というのも頷けますよね。

ところで、「不完全と思った」のではなく、
これは多分手段の位置です。

神のストーリーは「覚り」です。

「一体化」は人間のストーリーですよね?

ここを履き違えると、
話は間違った解釈を繰り返します。

今日はこのくらいで。

興味があればURLからお問い合わせしてくださいませ。
茨木市に私も住んでいます。

理由があれば、
私に会うこともあるかと思います。

頑張ってください。
(以上)

今僕はこれは何を言わんとしているのか思考中です。
でも答えは自分の中にあると確信がある。
内に神が宿っているから。

4月 152017
 

ナイフで刺された少年は死んだ。

スペインのメル友であるシーザーは警備員をしている。
彼が言うには

「多民族を抱える欧米では、暴行・ナイフ・ドラッグ・ピストルなどはどこで見かけても不思議でない」

スペインではロシア人、ウクライナ人、モロッコ人、アルジェリア人、ブルガリア人、ドミニカ人が騒動をよく起こすそうだ。

スペインの警察:http://www.policia.es/

日本はどうなるのか?

欧米文化に迎合している日本でも同じになるだろう。

だが国際化の波は止められない。
今より更なるセキュリティーが必要だ。
警察は事が起きてからしか動かない、情けない存在。
(税金泥棒に等しいかも)
セコム、ALSOKなどの警備会社がもっと身近になり、
より頼りにされてくるだろう。
残念だがこれが現実なのです。

「男たちよ、愛する人や家族を守れ!!」

4月 152017
 

ローバー破たんで倒産し、
借金100億円を背負った南原竜樹社長。
現在は見事な復活を遂げています。

それにしてもなぜ中古車販売で儲けることができたか?

<このサイトから引用>

・個人売買は、ユーザーにとっていいことづくめだが、唯一のマイナスは手続きの煩雑さだ

・この手続き部分を誰かがやってくれれば、個人売買は一般に浸透する

・個人売買では、業者ではかかる消費税がかからない
(しかも、今後消費税は上がることが予想される)

なるほど。
ただ僕が思うに、南原社長が中古車でも儲けられた原因は
「やはり男は車が好き」なことだろう。
(女性も好きな人は増えている。刺激がほしいので)

『車が自分を慰めてくれる文句を言わない友達』(かわいいペット感覚)

そんな存在でもある自動車は癒し系ビジネスだと思う。

今や車は1家に1台ではない。
1人で何台でも持ちたい。お金があれば。
「俺のこの大事な車を手放すなんてできるか!!」
(江原さんによればモノにも念や記憶が宿ると言う)

もし車大好きマンが増えるとどのようなことが起きるか?

「駐車場不足」

南原社長、大手のタイムズ24という会社には隙がありますよ。

個人の間での駐車地の貸し借り。(秘密ね)
これ以上言わなくても分かりますよね?

【後記】
倒産後無一文になったので
資金の少ない医療系の人材派遣でスタートし、
元手ができたので中古車販売をした。
ん~
資金の少ない個人がビジネスを始めるならば、
やはり初期投資の少ないものに限りますね。
2017年の今なら何だろう?
ネットしかない。

4月 152017
 

国際化時代の真っ直中。

『空港は海外との玄関口』

「人が集まる=時価が上がる」

東京都(銀座・新宿など)よりも成田・羽田周辺
大阪市(梅田・難波など)よりも伊丹・関西国際空港周辺

※個人的には伊丹空港と福岡空港の近くがオススメ。
新幹線に近いから。

『新幹線は日本の交通の背骨』

お金がある人は不動産を持って下さい。投資用でもいい。

不動産の英語 “real estate”の意味「本物の財産」

不景気でもやっぱり不動産ですよ。
空港や新幹線付近は騒音だとかで住みたくない・買いたくない人が多い。
だから地価が低い。
チャンス!!

【後記】
これは2013年の記事ですが、
2020年の東京五輪の影響なのか
2017年現在まで上がっているようです。
五輪が終わったらどうなるのだろう?
下落すると思う。

4月 152017
 

※こちらは2013年2月の記事です。

(ロンドン 31日 ロイター)
ファストフード大手のバーガー・キングは31日、
アイルランドの食品加工工場で作られたパティーのサンプルから、
馬のDNAが見つかったことを明らかにした。
ただ、馬肉混入の疑いのある商品は、店舗には出荷されていないという。
同社は「シルバークレスト社の工場から採取されたサンプル4つから、
非常に微量の痕跡程度の馬のDNAが見つかった。
この商品はレストランには売られていない」と発表。
「(シルバークレスト社からは)英国産とアイルランド産の
100%ビーフパティーの出荷が約束されていたが、そうはなっていなかった」としている。
馬のDNAの痕跡は、英大手スーパーのテスコなどで販売されていたビーフバーガーからも見つかっていた。
食品安全の専門家は、馬肉が混入しても消費者に健康リスクはないものの、
今回の発見は、食品流通網や精肉のトレーサビリティに懸念を抱かせるものだと指摘している。

↓現地ジャーナリストの意見
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34947?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

産地偽装で倒産した雪印。
(大企業でも嘘ついたら潰れてしまいます)
コロッケに牛の内蔵などを混入させて販売したミートホープ社

日本での経営環境の移り変わり(特にデフレ)や
企業の不祥事、事件、事故など
欧米でも同じことが起こるのではないか。
(インターネットという分野では日本は遅れを取っているが)

次は「建築耐震偽装」が起こり問題になるのではないかと思う。
日本の姉歯建築偽装事件を覚えている方も多いでしょう。

私は欧米でも必ず起こると確信している。
(もう起こっていたりして)
なぜなら人間は相変わらず愚かで、
過去を忘れ、予期せぬ事態を想定せず、
未来に向かって漠然と歩んでいるからです。

『長期不況の中を必死で経営改革をして生き残りを図っているデフレの先輩日本』

日本人が世界という舞台で活躍できる時代となりましたね。

それにしてもお金は人を狂わしてしまうものですね。
「金儲けのためなら何でもしてやれ!!」って。

『心の統制』が肝心要です。

経営者はつらいよ。
創業当時の理念を大事にして下さいね。