死んだら「そのままの自分が在る」ということにまず驚く。

「死んだ瞬間はどうなるのか?」

今のあなたの意識・思考・執着心がそっくりそのまま在るので、
「俺、死んだの?」と思わず問いたくなるほどです。
あまりにもそのままなので居残る霊も珍しくない。
(幽霊の視えない私には分かりませんが、
江原さんや美輪さんはよく視えているようですね)

この世での未練が強ければ強いほど、
自分は死んでいないもののように彷徨う。
それが浮遊霊とか地縛霊などと呼ばれている。
(早めに成仏してほしいものです)

少し余談:お葬式をあげるというのも意味があって、
「俺は死んだんだ」ということを
霊魂に悟らせることができる。
葬式は地味でもしてあげるといいと思います。
ちなみに土葬よりも火葬の方がいい。
肉体への未練を完全に絶つためにも。

自分が死んだ後は肉体がないことに気づくことになるので、
だんだんと自分は霊魂という存在なのだと思うに至れる。
そして霊魂の本来いるべき場所へと案内される。
まずは幽界と呼ばれる世界です。

死ぬ前の自分と死んだ後の自分において、
肉体という制限によってできなかったことでも、
幽界では何でもできるようになる。

要するにこの世が思い通りにならない世界(娑婆)ならば、
何でも思い通りになる世界が幽界です。

幽界では、
そのままの自分が居心地のいいエリアで
同じ価値観を持つ者同士で暮らせる。
そこで家族や先祖、友人知人、著名人に会えるかもしれない。
両者の合意の元で。
何でも自分のしたいことが簡単にできるので
本人にとってはまさに天国でしょう。
人がどう思おうと。

生きているうちに私が皆さんにお伝えしたいのは、
「そのままの自分は、死んだ後に向かう世界(あの世)でも変わらない」
ということです。

つまりそれは『自分からは逃れることはできない』ということを意味する。

コメント

error: Content is protected !!