死んだら天国へ逝く。そこでは何でもできる。

我々が死んだ後、
肉体から魂が抜け出て
魂は「幽界」と呼ばれる天国に逝く。
そこはあなたの望むような世界になっている。

よくお花畑が広がるとか
雲の上を飛んでいるということを言う人もいますが、
それはその人がそう願っている場所を
天国としているのです。

足の不自由な人は歩ける・走れるし、
目の見えない人は毛穴でも見えるし、
耳の聞こえない人は
蝶の羽ばたきすらも聞こえます。
顔やスタイルも思いのままに変えられるし、
会いたい人にも了解を得られれば
すぐに会えますし、
意思疎通が難なく通じ合えますので楽です。
感情表現が苦手な人も助かります。
誰でもピアノはプロ並みに弾けるし、
料理も作れるし、 商売もできる。
スポーツ競技は皆ミラクルプレー続出。
家や町や道路だって瞬時に作れます。
車なんて簡単簡単。

ですが何でもスイスイと思い通りにできるものだから、

・充実感がない。
・達成感がない。
・味気ない。
・つまらない。

ほとほと飽きたら、
次のステージ「霊界」が待っている。
そこで生まれ変わりの順番を待つことになる。

とにかくこの現世で生きている私らは
何をしなければならないかというと
『愛の実践』です。
逆にやってはいけないことは「無関心」です。

私や江原さんに懐疑的な人は
死んだら謝りに来るだろう。
「あなたは正しかったよ」と。