4月 192015
 

現況の教育システムに危機感を持つ若者が多いような気がする。

みっきーという愛称でDVDせどりなどをしている木村直貴さん。
本当に中古DVDで月100万円を稼いでいるのか信じられませんが、
まあそのことは置くとして。
彼が主催するせどり塾『楽リッチクラブ』の案内ページに
こう書かれていたのを覚えている。

「しょうがない、仕方がないという口癖で不自由に働いている人」
「子供でも見て取れるほど日本史を嫌々ながらも教えている学校の教師」

彼は一時期こんな現実世界が嫌になり、
ネットゲームに逃げ込んだらしい。
「これではダメだ、何も変わらない」と胸にはあったが、
何をすればいいのか分からない。
ネット検索するとヤフオクというものなら自分でもできそうだ。
やってみると小遣い程度が利益が出た。
でも安定した収入には程遠い。
そこでDVDせどりを教えている師匠のM氏のセミナーに参加しノウハウを培う。
現在彼はネットゲーム廃人から脱し今に至っている。

そんな彼は教育について非常に関心を持っているようです。(下記の赤字参照)
『億万長者専門学校』のクリス岡崎さんは、
「今も将来も楽しいことがないのなら死んだ方がいいと自殺した少年」を知って、
「カッコいい楽しい大人を増やそう」とビジネスを教える学校を創設したそうです。

教育とは何だろうか?

『真・善・美』を学ぶことが教育の主体であり、
教師は生徒を愛によって教え導かなればならない。
規則という強制ではなく、偏差値でもなく。

人それぞれカルマが違うので個性も違う。
やりたいこと・やらなければならないことも違ってくる。
画一的な教育ではいつか破たんするでしょう。

学校の役割とは何だろうか?

実は人生そのものが学校なんです。
学べるところが自分の学校なんです。
(メルヴィルという作家は「捕鯨船が私の大学だった」と言っています)
逆に言うと、学べないのならばそこに居てはいけないのです。
学ぶために生まれてきたわけですから、
学べない時間は無駄な浪費なのです。
人生の時間は有限ですので1秒が貴重ですよ。

学ぶって楽しいものです。
人生は経験を通して感動を得るのが目的ですから、
その目的を果たすために学ばなければいけません。
これは魂の約束なのだから仕方がないのです。
でもその約束がかなった時、魂は感動できるのだから
それは心底楽しくてワクワクしてしまうのです。
「本当に楽しい」のが学びとも言えますね。

(以下、彼のメルマガからの抜粋です)

そして、今回は岡山県で高校の特別授業してきました!

僕の一番やりたいことは、
早く大人になりたい!と思えるようなことを伝える学校を作ることです。

高校生の時に知りたかったこと。
高校生の自分が知っていればどれだけ未来が開けるだろうか?

それを思うと喋りたくてウズウズしてしまします。
今回の試みはそのための一歩です!
実際に高校生に話してどこまで伝わるんだろう? 高校生には話したこと無いし、うまく出来るだろうか?
しらけられて、誰も話聞いてなかったらどうしよう。 色んな不安の中の取り組みでした。

実際やってみてどうだったかというと…

終わってみると、めちゃくちゃ楽しかったです^^

子供は大人と違って素直に表現しますから、つまんなければ平気でつまらないと態度で表します^^;

始まった瞬間の質問が
「このクラスの中にタイプの女の子はいますかー?どの子ですか?」
「年収はいくらですか?」
でした。

さすがに今まで講演したり、
セミナーやったりして聞かれたことの無い質問で、かなり新鮮でした。
おもしろすぎたので思わず、明確に答えちゃいました。笑

生徒は様々な態度や表情で座っています。
楽しそうに聞いてくれてる子、寝てる子もいたし、
つまんなさそうにしてる子もいましたが…
どんな風な態度であったとしても、なんか愛しいんですよね!
つまんなさそうな子や寝てる子にも 眠たい?つまんない?と自然に会話しながら、それを正すこともなく、そのまま100%しゃべり続けました^^

どんな話をしたかというと…

◯仕事嫌いな僕が仕事が大好きになった出会い

◯そこから、大学中退、引きこもり、ネットゲーム廃人を経て現在に至る話

◯現実を見てるからこそ言える!世の中で言われている常識って本当か?

◯公務員は本当に安定しているのか?

◯世の中は不景気で物が売れないのは本当か?

◯お金を稼ぐことは難しいのは本当か?

◯好きなことを仕事にすることは難しいのか?

◯過去に滅び去ってきたたものの共通点と実例。

◯そしてこれからの時代に求められるもの!

◯仕事とは?お金とは?そもそもなんだと思いますか?

◯どんどん失われている価値。だからこそチャンス

◯経営者だろうがアルバイトだろうが関係ない。

◯趣味や自分の強みで稼げる時代

◯趣味や自分の強みで稼げる実例

こんな感じの話をがっつり2時間してきましたが… 全然時間足りませんでした。

正直、この話がどれだけ伝わるのか? どんな風に届いたか? が分からず 感想文を心待ちにしてたんですが…

終わってから、感想文や質問ももらいました。

「必ず一つでもいいからやりがいがあると思える誇りに思えるものを掴み取りたいと思った。きっとその中で楽しいことがあると思えるのは、先日来られた木村さんの話し方が楽しそうだと思えたからだと思う。」

すごく楽しそうに話していたって感想をたくさんもらいました^^
実際、楽しすぎました!

「5、6時間目の木村さんの話を聞いて、すごく勉強になった。自分はよく夢がないからなーって悩んでるけど、大切なのはどんな職につくのではなくて、少しの工夫でどんな価値ある人間になるかだとわかった。人に必要とされる、価値をどんどん身につけていきたいと思う。」

この感想読んで、おお!言いたいことが伝わってる!と嬉しくなりましたね。

「ニーズの話がとても役に立ちました。今までそんな風には考えたことがなかったので、これからニーズを考えるようにします」

高校生でニーズなんてことがわかれば最強です^^

「初めて高校で話す!」
やりたかったことの一つ、そして一歩が実現しました。

またこんな機会があればどんどんしゃべりたいと思いますので、
もしうちの生徒にも話をして欲しい、こんな話をして欲しい!という方おられれば、僕を喋らせてください^^
大学なんかでも話してみたいです!
僕自身が高校生の時、10代のころに一番聞きたかった話をぜひ、提供したいです。
ぜひ興味のある方、共感してもらえた方、聞きたい事がある方はこちらにコメントしたり、
イイネを押したりシェアしてもらえればと思います!

https://www.facebook.com/naoki.kimura.165/posts/604017166343280?stream_ref=10

(以上)

木村さん、塾生が稼げるようになっているのを期待していますよ。

後記:私は彼の中古DVDせどり塾に入りました。
http://business.naokilovesyou.com/
簡単に言うと
キーワードとランキングで回転率の良い商品を仕入れるのがベストだと。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA