借金苦で自殺を考えている方へ

自殺者、11年連続3万人
(08年度版白書 11月17日9時2分配信 時事通信)

政府は17日の閣議で、2008年度版の「自殺対策白書」を決定した。08年の自殺者数は3万2249人で、前年から844人減ったものの、11年連続で3万人を上回った。
白書では、06年から09年にかけて自殺者46人の遺族を対象に、原因などを聞き取り調査した結果も公表した。それによると、12人が自殺前の1年間に過度な飲酒などをしていたことが分かり、白書は「借金などの悩みを紛らわせるため大量に飲酒し、精神状態を悪化させている可能性がある」と分析した。

——– 

借金苦に自殺か…

「お金にはそのために死ぬ値打ちはない!!」

確かに借金は苦しい。
逃げ出したい。
いっそ死にたい。
でも死んだからといって借金そのものは無くならない。
債務が誰に回っていくかだ。
それとも債権者があきらめるか。

借金取り立て屋は人の命が欲しいのではない。
お金が欲しいのです。
そこを理解してほしい。
それが解ったら『開き直ってくれ!!』
「無い袖は振れないよ」
「命が欲しけりゃやるよ」
そうやって
『開き直り』すればいいよ。

もし脅かされて本当に大阪湾に沈められたらどうするの?

そんなヤクザみたいな人間は刑務所に行って
やり直させればいいの。

人助けできたと思って喜んで死んで下さい。
借金も役に立つのです。

最悪の場合、“自己破産”すればいい。
それは恥ずかしいことじゃない。
自殺よりはずっといいよ。
生きていればまた出直せるではないか。
借金で犯罪に手を出さないうちに“自己破産”。
覚えといてね。