やりたいことをやっていない人は嫉妬深い。

「くそ、あいつ楽しそうだな」
「それに引きかえオレは何だ!?」
・・・
「よーし、楽しそうなやつらを引きずり落としてやる!!」

日本は集団や組織を優先させ、
「個」を主張することがしにくい文化である。
だから自分はこうしたい、ああしたいなどの意見を言うことすら
はばかられる風習を作ってしまっている。
こうして日本は“嫉妬”まみれの憎悪国家になってしまったのだ!!
その代表的証拠が“税制”だ。
最高50%は高い高い。
(アメリカもその次くらいに高いらしいから、
アメリカも“嫉妬”民族になってしまったのは本当に残念です)

「金持ちから金を奪ってやれ!!」
「同じ貧乏を味わわせてやれ!!」
「ザマアミロ、お高く止まってるんじゃねえぞ!!」

自分のやりたい『第一希望』を思う存分やりましょうよ。
お金なんて少しあればいいじゃないですか?
笑われたっていいじゃないですか?

何々、「世の中そんなに甘くはないって?」
おっしゃる通りです。
でもそれってすでにやりたいことをした人が言ったセリフですか?
違うでしょ?
やってもみないうちから断定して
「人生、楽しいことなんてないよ」なんて言うのは
本当にもったいないよ。
やりたいことを真っ先にやってみようよ。
世の中のことなんてそれからでいいよ。

まず自分の心に素直になって自分に聞いてみよう。
「俺って何してる時が一番楽しいだろう?」
内省してみてそれが分かったら、
今すぐにでもそれに向かって準備に取りかかろう。
きっとワクワクしてる自分がいるはずだよ。

『楽しい自分を作る自分』

「こんなに楽しんでいいのかな?」
いいのいいの。
それって一番自然だし、
その方が神様だって喜ぶはずだよ。
だってあなたの神様は絶対あなたの味方なんだから。

やりたいことがない、
そんな若者も多いね。
やりたいことがないなら、
とりあえずやりたくないことをやらずいようよ。
それって幸せなことだよね。
(やりたくないことをし続けていると胃が悪くなるから気をつけようね)

「俺、そんなことをしてると病気になるからやらない」
「あんたもそんなことをしてると病気になるよ」
「俺みたいに自分に正直に生きてみようよ」

こんな日本人が増えたら
“自殺者”は激減するし、“病院患者”も減るんじゃないかな。
このブログを読んだ人はすぐにでも実践してほしいな。
「人生ってこんなに楽しかったの?」
「なぜもっと早くやっていなかったんだろう?」ってね。

イイ報告待ってるよ。

コメント