長寿よりも『安らかな死』

巷では「健康で長生きを」というテーマがあふれている。
でもそれは勘違いというもの。
なぜなら人は必ず死ぬのだから。

一番関心なのは
どうすれば『安らかに死ねる』のかという問題だ。

魂の観点から言えば
『未練のない人生』を送ることができたかということ。
この世における後悔や未練は、
魂をこの世に呪縛させる。
無念の想いがあまりに強いと、
スムーズにあの世に逝けない。

安らかな死を迎えたければ、よく生き切ること。
思ったことは行動してみること。
失敗や挫折を恐れずに、どんどん挑戦していくこと。

この世に人間として生まれて来た理由は、
生きるという行動を通して
“経験”と“感動”を味わうことだから、
何でも思い切ってやってみることです。

次に肉体の苦しみがなく死を迎えるということ。
(これを『ぽっくり死ぬ』と言うのかな)

生きている限り苦痛から逃れることはできない。
でもそれは永遠ではない。
死と同時に解放される。

苦痛というものを
自己の魂を磨くための“経験”にして頂きたい。

どんなに大金を積んでも
『安らかな死』を買うことはできない。
(お金で人生を完結できない)

光のうちに死を望むなら
どうかあなたの心の内部に住まう【絶対神】を見出してほしい。
その神があなたを輝かしい世界に導いてくれるから。