4月 152017
 

東南アジアでは親日派が多いと聞いています。
特に台湾、香港、ベトナム、マレーシアです。
なぜ多いのかという1つの理由には

「資源のない日本が世界有数の豊かな国になったので、彼らに憧れの目で見られているから」

これらの国でももちろん宴会などの席があり、
やはり大事なゲストには大いに喜ばせたい。
正月くらいは豪勢な食事をしたい。
(東南アジアでも収入が増え、お金持ちが増えている!!)
ワインでもいいですが、
日本酒で日本のムードを味わって、感傷に浸りたい。
(よその芝生は青く見えるのです)

『日本酒は外国では作れない。なぜなら日本で採れる水はおいしいから』
(日本の水資源を大事にしたいものです)

中小日本酒メーカーはアジア進出が生き残りの最後の策だと思います。
日本のマーケットは飽和してますので、
(若い人はお酒を飲まない人が多いらしい)
是非アジアのマーケットに目を向けて頂きたいと思います。

↓鳥取県の酒造メーカーを小玉歩社長がプロデュース。
どこまで伸ばせるか興味津々です。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA