7月 192015
 

アマゾンレビューなどを見ると
★1つ」が多い芸術作品(本、音楽、映画、ゲームなど)があります。

作者としては厳しい評価でさぞかし“悔しい&苦しい&つらい”胸の内だと察します。

しかしその人は実際に(買ったか借りたか知りませんが)体験してくれたのですから、
それはそれで厳しい評価でも受け入れるだけの余裕が必要です。

『芸術家は誰も相手にされなくなったら終わり』

芸術家よ、己がすべての魂をぶつけて形づくれ!!
最高傑作を。

それでダメならそれで結構じゃないかい!?

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA