4月 262015
 

ここはインドネシアにあるSanghiang Tanjungという村。
洪水によってつり橋の片方が切れた。
この橋を渡らないと5km遠回りしないと学校に行けないそうだ。
子供達は162メートルの壊れかけたつり橋を渡って通学するという。

私は貧血で渡れません。

  One Response to “鉄橋ができれば車も通れますが。”

  1. つり橋と呼ぶにはおおよそ程遠い危険極まりないつり橋。
    この橋を渡らなければ、彼らは学校へは辿り着けないのだ。
    日々が命がけの登下校。
    彼らはそうまでしても学校へ行きたいのだ。
    いや、学びに行きたいのだ。
    彼らにとっては、学校は『学行』でもあるのだ。
    学ぶ喜び・・・学べる幸せ・・・ああ、がっこう。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA