4月 252015
 

勉強するということは、
テストの点でも学校受験のためでもなく、
自分の人生を豊かにするためにあるのです。

もし学校での勉強が何の意味もないと考えるならしなくてもいいのです。

「自分の人生をよりよくするための学問」は学校にあるとは限らないのですから。

いじめを苦に自殺するくらいならば
学校なんて行かなくていいのです。

もし学校を卒業すれば立派な社会人になれる、とするならば、
ほとんどすべての大人は高卒以上で立派ということになりますね。
でも実際は私のこれまでの経験の中において、
これは立派だなと思った人物は10人もいませんでした。
残念ですが。

今の日本の教育現場は
「本当の勉強とは何か?」という疑問で揺れていると思います。

答えなんて簡単なのですけどね。

『自分を含むすべての人間の幸せのため』

教育システムのあり方が今、転換期を迎えていると考えられます。

『教育の変革』

ビジネスチャンスです。

  One Response to “勉強というのは自分のためにあるものです。”

  1. 勉めるを強いると書いて、勉強です。
    教師達にとって勉強とは、勉教です。
    生徒達にとって勉強とは、勉供です。
    これからの授業の内容は、勉興です。
    これからの授業の風景は、勉響です。
    学び舎と呼ばれる学校は、勉郷です。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA