4月 142015
 

アルバイトや派遣で間に合わせようとした会社が、
その後大成功したとはついぞ聞いたことがない。

『人切り』

あまり気分はいいものではない。
だったらもう一度そんな経営方針を見直してみようよ。

(以下記事)

「社員をコスト扱いするな」岐阜に日本一幸せな会社

<産経新聞 2012年6月15日(金)10時2分配信>

未来工業創業者の山田昭男氏

相変わらず先行きが見えない日本経済。
その中で極めてユニークなやり方で業績を上げている岐阜県の中堅企業がある。
営業のノルマ、残業は一切禁止、定年は70歳、年間の休暇は有給休暇を除いても140日。
しかも全員が正社員…。
人呼んで、日本一「社員」が幸せな会社!(文・喜多由浩)

--メディアでも話題になった、社員旅行でクイズ50問に正解すると
「半年間の有給休暇」というのには驚きました

山田:ウチは毎年、全員参加の社員旅行をやっており5年に1度は海外へ行く。
昨年はエジプトに行く予定で、
旅行委員の社員が考えたのが「クイズで有給休暇」の企画だった。
ウチはもともと有給休暇を使えば半年休めるから、
正解すれば「丸々1年間休める」と話題になったわけだよ。
結局、エジプトの政情不安で旅行自体が中止になったので、
費用1億円は東日本大震災の被災地に寄付させてもらいました。

--65歳の平社員の平均年収が約700万円とか、
育児休暇3年(何度でも)とか、気前がいいですね

山田:社長の仕事というのはね、社員を幸せにして、
「この会社のためにがんばろう」と思ってもらえるような
『餅(インセンティブ)』を与えること。
社員がヤル気を出して会社が儲(もう)かれば、
分け前をまた『餅』にする。
それだけだよ。
バブル崩壊後、多くの会社が、
正社員を派遣社員やアルバイトに切り替えてコストを下げようとしたでしょ。
だけど、それで会社が儲かるようになったのか、って聞きたいですよ。
人間(社員)を「コスト扱い」するな、ってね。

--ノルマや上司への「ホウレンソウ(報告、連絡、相談)」も禁止。
支社や営業所も社員が勝手に作ったとか

山田:現場のことは、現場の社員が一番よく知っているからね。
支社や営業所も「必要だ」と思ったから作ったんでしょ。
私は名刺を作る度に(裏に書かれた支社・営業所を見て)
「また増えとるなぁ」と思うぐらい(笑い)。
社長なんてバカだと自覚しなきゃいけないんだよ。
陣頭指揮などもってのほか。
どう『餅』を与えるか、っていう大きな「戦略」を考えるだけでいい。
「戦術」は社員に任せるのがいいんです。

--社員に任せすぎて失敗したことは

山田:「報告は禁止」だから知りませんねぇ(苦笑)。
でもね、休日が多く、労働時間も短い、上司への報告も禁止…となると、
人間はむしろ、いいかげんなことができない。
その中で成果を上げようと必死で工夫してがんばるもんですよ。
これは日本人だからできること。
儒教精神が残っているし、農耕民族だからね。
狩猟民族は獲物がなければヨソへ行くけど、
農耕民族は苦しくても、土地にしがみついてがんばるしかない。
『餅』を貰(もら)った以上、
そこ(会社)で懸命に働こうと思うんだよ。

--儲けるにはヨソと違うことをやれ、差別化を図れ、とも

山田:差別化を図るには、常に考える習慣をつけること。
新製品や仕事の効率化について考え続けることが大事なんだ。
そのためにウチには「改善提案制度」がある。
これはどんな提案でも、封を切る前に中身を見ないで500円支給。
いい提案なら最高3万円。これも『餅』になります。

--講演やセミナーに引っ張りだこだそうですね

山田:ウチの会社の話をすると、
たいていの経営者が「山田さんだからできるんです」とか
「怖くてできません」という。
つまり、やりもしないで尻込みしているんだ。
儲かっているならいいよ。
でも日本の会社の97%が経常利益を4千万円も上げられない時代。
“儲かってもいない会社”がヨソと同じことをしててどうするの?ということ。
差別化すれば、中小企業だって大企業に勝てるんだよ。

--日本の経済は低迷続き、何が悪いんでしょう?

山田:衰退の元凶は「いいモノを安く売ろう」という発想だね。
その先にあるのは過当競争。
これでどうやって儲(もう)かるんですか?
アメリカの製造業の経常利益率は平均で35%なのに、
日本の製造業は3.5%しかない。
日本の方が技術は断然、優秀なのにおかしいでしょ。

試しに銀座を歩いてごらんなさいよ。
今や外国の有名ブランドの店ばかり。
品質は日本製品の方が上だけど、
「高い方(外国ブランド)」が売れる。
そういう商売を日本がやらないといけないのに
価格競争で疲弊してしまっているんだ。
付加価値のある、差別化した商品を作り
「高く売る」ことを考えなきゃダメ。

--だけど、日本の「ものづくり」の伝統も今や風前のともしび…

山田:危ないね。敵(中国や韓国)が随分、伸びてきたからな。
日本の企業で60歳定年になった技術者を、
韓国企業などが倍の給料で引っ張っていく。
当然、先端技術もどんどん外国へ流れるわけですよ。

だからウチは定年を70歳にし、
60歳を過ぎても給料が下がらないようにした。
ヨソからは「60歳、70歳で生産性が向上するんですか?」って、
よく聞かれるけど、それは重要じゃない。
一番、働き盛りの30代、40代の社員が、
その制度に感動して、がむしゃらに働く気になるわけですよ。
「オレはこの会社に骨を埋める」ってね。

--はやりの「成果主義」にも反対してますね

山田:人間が人間を評価する以上、「感情」が必ず入る。
虫が好かない部下だとか、上司に、お中元、お歳暮を贈った、贈らないで、
評価が決まってしまいかねないでしょ。
だからウチの給料は平等。
よく経営コンサルタントがいう
「2・6・2(働かない社員が必ず2割いる)」
なんて法則もあり得ないと思っている。
ちゃんとした待遇を与えれば
「しっかり働かねば」という気持ちになるもんですよ。

--でも、イマドキの若い社員はどうですか。
がむしゃらに働いた世代とは気質が違うでしょう

山田:それは、「扱い」を間違えているからですよ。
日本が戦争に負けたのが昭和20年。
それからたった23年間(同43年)で、
世界2位の経済大国になっている。
そのときは、ほぼ全員が「正社員」だった。
“失われた20年”の間に企業は随分、
派遣社員やアルバイトに切り替えたけど、
GDPは伸びていないでしょ。
社員が幸せを感じるには、やはりそれなりの待遇が必要。
派遣社員のままでは技術や営業のやり方を
必死で覚えようという気にはならんしね。

--ただ、若い世代の中には
「派遣社員やフリーターの方が気楽でいい」という人もいます

山田:それは「教育」が悪い。
確かに今の日本はデフレの世の中で、
年収180万円でも食うには困らないかもしれんが、
そのまま、40歳になったらどうするの?

戦後、日本の教育は、
子供たちを「バカにする教育」をやってきたとしか思えないんだよ。
「考えるな」「皆と同じことをやりなさい」という教育だね。
だから僕は、制服や給食も反対。
全部同じで横並びでは、何とか工夫しようという発想が起きないでしょ。

--新著『日本一社員がしあわせな会社…』にあるエピソードにビックリ。
子会社を作ったとき「真っ先に手を挙げた電算課の一社員」を社長にしたとか

山田:やりたい、っていうのだからね(苦笑)。
それまで一番下っ端だった彼の月給は、30万円だったけど、
社長になって「自分で100万円にする」と宣言した。
誰も文句は言わない。

ただ、彼はその後社長を“クビ”になったのよ。
「同じ失敗を2度繰り返した」からね。
失敗は、チャレンジの結果だから、違う失敗をたとえ100回しても、
それは評価するけど、同じ失敗を繰り返すのは学習効果がないでしょ。
今は元の電算課の社員に戻って給料も前の30万円…。

--「報告は禁止」なのになぜ彼の失敗を?

山田:まあ、“風の便り”ですな。
それに“クビ”にしたのは私じゃなくて、彼の元の所属長です。
本当に「報告禁止」は徹底していますよ。
数年前、ある有名なネットの掲示板に
「私が死亡した」って“ガセネタ”が出たことがあったんだけど、
そのときも、報告にくるのは取引先の人ばかり。
ウチの社員は誰一人、報告に来ませんでしたから(苦笑)。

--倹約も徹底してやる

山田:営業に携帯電話は持たさないし、コピー機は広いフロアに1台だけ。
不要な電気はすぐ消す…そこで浮いた分は社員に『餅』として回す。
ウチは、会社見学も有料(1人2千円、お土産付き)だよ。
それでも年に約1万人も来るんだからね。

--ところで日本の政治はどうです。一言ありませんか

山田:まずは税金の集め方を変えるべきだね。
国が集めて地方に下ろす方法ではなく、地方が税金を集めて権限も地方に渡す。
そうすれば「官官接待」なんてバカげたこともなくなる。
国の仕事はそもそも最低限でいい。
極端に言えば「戦争(安全保障)の心配」だけしておればいいんだ。
外交なんてどうせダメなんだし…。

それに、日本の政治を見ていると、「共産主義か?」って思いたくなるね。
電力会社だって、地域独占でしょ。
復帰前の沖縄には、いくつも電力会社があって競争してたのに、
今はその何倍もの人口がある各地方にそれぞれ電力会社がひとつだけ。
やっぱりこれじゃ資本主義じゃなくて共産主義だよ。(喜多由浩)

【プロフィル】山田昭男(やまだ・あきお)

昭和6年、中国・上海生まれ。80歳。
旧制大垣中卒。演劇に熱中し、劇団「未来座」を主宰。
40年、劇団仲間と建築電気業の「未来工業」(本社・岐阜県大垣市)を創設、
社長に就任した(現在は取締役相談役)。
同社は平成3年、名証2部上場。現在の社員約800人、売上高200億円超。
創業以来、赤字なし。
平成元年、黄綬褒章受章。
新著に『日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”』(ぱる出版)。

  One Response to “社員をコスト扱いした会社が、お客さんに感動を与えられる製品やサービスができるか?”

  1. 戦術は信頼に任せっ放しで 戦略を達観してしまった 未来工業創業者 山田昭男。
    戦術ばかりに気を取られて 戦略を見失ってしまった 今日までの日本の ………。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA