12月 082014
 

傷つくのが怖いから。
その傷が一生消えないものだと
認識しているから。
だから女性は一番好きな男性には
何もしないし、できないし、
でも出産適齢期があるから
ほんとに焦る。
決着は35歳までかな。
それで焦ってあまり好きではない男を
選んで結婚してしまう。

「この人なら絶対に私をフらないわ」
「傷つくなんて死んでもイヤ!!」

そんなことだから離婚が増えるんです。
死ぬような燃えるような恋をしようよ。
傷ついたっていいじゃない。

“やすり”というのは
傷つけてピカピカにする道具です。
ダイヤだって研磨して光るもの。

安全圏で叫んでないで
飛び込もうよ。
挑戦しようよ。
変な男との子供なんて
命かけて育てたい?
イヤでしょ?
だったら思い切って
アプローチしてみよう。

[この記事のコメントです]

ペンネーム:みゆ

「頭をつかうのが大切」

変な男性と結婚するのは嫌だけど、
自分がアタックしまくって結婚にこぎつけるより、
愛されて結婚したほうが幸せになれる気がします。
モロに男性にアタックしないで、
その男性にアタックされるように仕向けるのが
一番良い方法ではないでしょーか?!

私の回答

「愛してるよ」と言われた方がいい
に決まってますよ。
特に女性は。
もし自分に自信があるならそれでもいい。
でもアタックされる確率が低いのならば
仕向けるように努力する。
それもいい。
でもね、一番いいのは
直接「私のこと、どう思う?」
って聞くことだよ。
もしフラれたらどうしよう、
というのは
傷つく自分がかわいそうという
自己愛なんだよ。
相手に対する愛ではないよ。
自己満足愛だよ。
みゆさんは間接的に、
小手先で仕向ける男性好きですか?
僕は嫌いです。
だから僕なら
チャンスを見計らい
「付き合ってくれませんか」
という言葉で言いますよ。
フラれたら家帰って 反省します。
それで気を取り直して
次のいい人見つけます。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)

CAPTCHA