4月 152017
 

経営だけでなく、他の悩みでも行き詰まっている人がいて、
私でも相談に乗れることがありそうです。

インターネットの力で日本中どこの誰とでもメール相談ができる。

「つなぐ」

失われた人間関係の『絆』を結びつけられる人・組織。

これは新しいビジネスキーワードになるでしょう。

ネットで知り合い、リアルで対面し、結ばれる。

コーディネーターとして「マッチングビジネス」も必要ですね。
(需要と供給をつなげて、仲介料を報酬として受け取るビジネス)

私という価値を必要としている人がいるはずです。
それを見つけるのは大変ですね。

4月 152017
 

Facebookの背景の壁紙は
このサイトから借りました。
タダでね。

Facebookはチャットができるし
その他の機能もあるらしい。
が僕はまだ使いこなせてません。

Facebookは何と言っても世界の人とやり取りができるので、
グローバルに活躍したい人は是非利用してほしい。
日本の中小企業も自社製品を宣伝できます。
チャンスです!!

「日本だけで閉じてはいけない」

鎖国時代であっても商人たちは海外貿易で密輸していました。
儲けるために。

でも今の時代は国際的市場が目の前に広がっている。
堂々と世界と戦える舞台が用意されている。
しかも日本人はビジネスの約束事を守る律儀な民族で評価が高い。
日本製への信頼も根強く残っている。
有利ですよ。

アメブロは日本で一番人気のあるブログシステム。
それでもビジネス利用禁止、違反者は即刻削除。
小さい小さい。
今の日本人の考え方を代表しているような例ですね。
情けないです。

日本人も日本企業もグローバル視点を持たなければ生き残れません。

4月 152017
 

昔、ボクシングの試合が収録されている
DVDコピーをヤフオクで買ったことがある。
なぜ買ったかというと
一般に販売されていないものだったから。

ボクシングファンならそれほど観たいものです。

具志堅さんや薬師寺さんなどの日本人ボクサーや
海外の著名なボクサーも売られていましたね。
(具志堅さんがお気に入りです)

現在も売られていると思いますが、
販売許可をもらっていない違法コピーなので
出品者がビビって堂々と売っていない。

買った時にこの疑問が沸いたけど放置していました。

「なぜ日本ボクシング協会は試合集のDVDを売って儲けないのか?」

僕には分からない業界のしがらみがあるのでしょうね。

ボクサーの試合は有料のコンテンツです。
ぜひ収益に結びつけてほしいと思う。
ボクシングの発展のためにも。

4月 152017
 

無料オプトインの目的の一番は
「メールアドレス(リスト)の獲得」です。

だったら最初のLPページで、
伝えたい内容の90%を皆に知らせてしまえばいい。
(100%でもいい)
(それでも登録しない人がいれば、ご縁がなかったということで)

「知られた=読んだ・動画を見た」確実な証拠なのです。

名前も顔も覚えてくれるかもしれません。

90%も伝えたら、読者はもっと知りたくなるのです、あなたのことを。
だからメルアド登録をしてしまうのです。

メルアドが手に入らなければ無料オファーを制作した意味がない。
何としてもメルアドをゲットしないと。

アフィリエイターランキングが発表されているのを見ますが、
1位の方でも1000件もない案件がある。

無料なのにどうして登録しないのか?

先入観ができてしまって飽きられているから。
「またこんなのかよ」って。
同じような内容ならすぐ購読解除される。
そんな読者なら最初からいらない。
だから90%以上暴露してしまえって言いたいのです。

この業界にも『差別化』が必要とされ出してきましたね。
それはつまり無料オプトインの企画者や、
それで儲けているアフィリエイターにとっても
ビジネスがしにくくなり、リスト・収入の減少が確実なものとなっていく
ということを意味しています。
次の手を考える必要が出てきました。

4月 152017
 

※2013年1月の記事です。

アメブロに貼り付けてある
メルマガ登録フォームを消している方が増えています。
まだの方は即刻削除を。
いつ消されるか分かりませんので。

『アメブロは知名度を上げるために使用するのがいい』と思います。

それにしてもサイバーエージェントは心が狭いね。
グローバル化は無理でしょう。

ネット業界はアメリカに負けてます。
日本人として悔しい。
あと残された分野、
ソーシャルゲームで世界市場を取りに行ってくれるのを期待してます。

4月 152017
 

※注意:2012年12月の記事です。

紙媒体の本は無くなる。
(安くて早くて便利だから)
本は本屋で買うのではなく、
ネット購入でダウンロードするようになる。
(タワーレコード、HMVは虫の息)

すでに音楽は有料ダウンロードか
Youtube(無料だからおすすめ)で
視聴するようになっている。
今でもわざわざTSUTAYAに行って
CDを借りる人が一部でいますが、
高い料金ですし面倒くさいのでいなくなると思います。

誰でも考えたらすぐ分かることなのに、
当の経営者はその古椅子にしがみつくのです。

なぜなら『人は急には変われないからです』

過去に成功体験をした人ほど
その栄光が忘れられないのです。

だからこそ新規参入者がチャンスなのですが。
(若者よ、立ち上がれ!!)

「人を説得する、他人を変える」
なんて思わない方がいいかもしれませんが、
おせっかい焼きの私はこのブログで叫ぶのです。

ビジネス界にあっては、時代の流れを読んで行動しないと取り残されるって!!

本屋もレンタル屋も新しい発想が必要です。
今僕もそれを考えています。

4月 152017
 

北野哲正さんのメルマガから引用。

(以下)
FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアの普及で、
口コミや紹介が凄い力を持つようになった。

多くの人がソーシャルメディアを使って、
様々な商品やサービスを紹介するようになっている。

そして、そこに報酬が加味される
アフィリエイトが結びつけば、
さらにその傾向は顕著になっていくだろう。

まさに、「国民全員が1億総アフィリエイターの時代」が来るかもしれない・・・。
(以上)

※アフィリエイターとは商品やサービスを紹介してバックマージンをもらう人のことです。
(リアルとネットの両方がありますが、ここではネットのことを指すようにしてます)

今ほとんどすべての日本人が携帯電話を持っている。
それがスマホに変わると
「皆がSNSを利用して世界中の人と情報を交換できる」
世界になる。

それはつまり一人の人間が持つ発言力が強くなるということです。

あなたは一介の単なる群衆の一人ではない。
世界を構成する偉大な人間の一人なのだと自覚できるのです。

面白い時代になってきてるね。

【後記】

現在2017年に思うところ
すべての国民がネット接続できるようになって
匿名で意見を書き込んだり、発言できるようになった。

匿名はズルい。

「1億総卑劣漢」になるかもしれないね。

4月 152017
 

こんな広告文を読んだのでおせっかいで言いますが。
(右肩のコメント欄にて掲載してます)

『にんにく玉本舗』

このショップの社長、燦樹株式会社代表取締役、山田一郎さん。
(山田族多いですね)

「どうしてにんにく卵黄を売るための広告に毎月400万円も使うのか?」

売れないから。

理由:商品に差別化ができていなくて、魅力が弱いから。

芸能人に愛飲してもらうのがいい宣伝になると思いますが、難しいかな。

もしくは売る戦略として
インフォトップかその他ASPに登録して
アフィリエイターに売り込んでもらうのもいい。
(僕もこのブログに貼り付けます)

要するに「口コミを起こさせるアフィリエイターに営業はすべて任せてしまう」

今後アフィリエイターは職業になって
社会に認知されるようになる。
アフィリエイターを営業戦略に取り入れる会社も
増えていくでしょう。

ネットショップの差別化が困難になった現状では、
ブランド力向上に力を入れないと淘汰されていきます。
アフィリエイターの社会的地位が低い今、
彼らを味方につけてブランド構築を急ぎましょうよ。
(大手はアフィリエイターの存在を軽視している)

山田社長、今すぐ広告は止めて、
広告経費は海外へシフトする資金に振り替えるべきです。
東南アジア進出の成功を願っています。

12月 292016
 

フェニックスという会社が販売している石けんの紹介です。
奈良に本社があるみたいです。
地方の中小企業。
ちょっと問い合わせ欄にてアドバイスを送信してみました。

(以下)
初めまして経営コンサルタントをしています。
インフォトップにて貴社の石けんを初めて知りました。
Youtubeによる動画での紹介をこれからどんどん制作して宣伝するといいと思います。
Facebookも有効です。これらはタダですのでどんどん利用して下さい。
中小企業の皆さんには是非頑張ってほしいと思っています。
ブログを書いています。参考程度にでも。
http://love.nakynaky.com/ よろしくお願いします。
(以上)


『フェニックス石けん』【うるおいセット】←少し高めの高級石けんです。

返信が来ました。
ほんとに役に立ってくれたのかな?

(以下)
山田直樹 様

貴重なご意見をありがとうございます。

今後の商品開発の参考にさせていただきます。

お客様窓口 橋本
(以上)

【後記】
私はコンサルを辞めています。

12月 292016
 

FacebookやTwittwerやYoutubeはビジネス利用OK。
(アメブロは禁止。日本とアメリカの差)
(日本企業は小さいね。ガッカシ)
しかも誰でも無料で使える。

自社の存在や製品・サービスを知ってもらうのに
これらを有効に活用できれば
営業マンなんて雇う必要がなくなる。
商圏は全世界、気に入ってもらえれば注文が世界から飛び込んでくる。
もちろんモノやサービスが素晴らしいものが前提ですが。

営業マンが遠くまでPRに行かなくても、
SNSによる口コミが広がれば売れる・儲かる。

莫大な広告や宣伝費が乏しい中小企業にチャンス!!

『いいモノは簡単に注目されてくる時代』

それはすなわち「本物しか生き残れない」ということを意味してますけど。