4月 152017
 

※こちらは2013年2月の記事です。

(ロンドン 31日 ロイター)
ファストフード大手のバーガー・キングは31日、
アイルランドの食品加工工場で作られたパティーのサンプルから、
馬のDNAが見つかったことを明らかにした。
ただ、馬肉混入の疑いのある商品は、店舗には出荷されていないという。
同社は「シルバークレスト社の工場から採取されたサンプル4つから、
非常に微量の痕跡程度の馬のDNAが見つかった。
この商品はレストランには売られていない」と発表。
「(シルバークレスト社からは)英国産とアイルランド産の
100%ビーフパティーの出荷が約束されていたが、そうはなっていなかった」としている。
馬のDNAの痕跡は、英大手スーパーのテスコなどで販売されていたビーフバーガーからも見つかっていた。
食品安全の専門家は、馬肉が混入しても消費者に健康リスクはないものの、
今回の発見は、食品流通網や精肉のトレーサビリティに懸念を抱かせるものだと指摘している。

↓現地ジャーナリストの意見
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34947?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

産地偽装で倒産した雪印。
(大企業でも嘘ついたら潰れてしまいます)
コロッケに牛の内蔵などを混入させて販売したミートホープ社

日本での経営環境の移り変わり(特にデフレ)や
企業の不祥事、事件、事故など
欧米でも同じことが起こるのではないか。
(インターネットという分野では日本は遅れを取っているが)

次は「建築耐震偽装」が起こり問題になるのではないかと思う。
日本の姉歯建築偽装事件を覚えている方も多いでしょう。

私は欧米でも必ず起こると確信している。
(もう起こっていたりして)
なぜなら人間は相変わらず愚かで、
過去を忘れ、予期せぬ事態を想定せず、
未来に向かって漠然と歩んでいるからです。

『長期不況の中を必死で経営改革をして生き残りを図っているデフレの先輩日本』

日本人が世界という舞台で活躍できる時代となりましたね。

それにしてもお金は人を狂わしてしまうものですね。
「金儲けのためなら何でもしてやれ!!」って。

『心の統制』が肝心要です。

経営者はつらいよ。
創業当時の理念を大事にして下さいね。

4月 152017
 

※これは2013年1月の記事です。

あるアメブロから抜粋しました。

東大生の就職先ベスト30(2012年度卒業生)
2013年度卒、2014年度卒の方はご参考まで。

①三菱商事41人
①日立製作所41
③楽天36
④三菱東京UFJ銀行33
⑤三菱重工31
⑥みずほFG27
⑥住友商事27
⑧JR東日本26
⑧三井物産26
⑩NRI(野村総合研究所)24
⑪富士通23
⑫アクサンチュア21
⑫トヨタ自動車21
⑭ソニー20
⑭東京電力20
⑯新日本製鉄19
⑯電通19
⑯富士フィルム19
⑲NTTデータ17
⑲キャノン17
⑲DeNA(ディー・エヌ・エー)17
⑲第一生命17
⑲日本銀行17
㉔SMBC(三井住友銀行)16
㉕JR東海15
㉕NTTコミュニケーションズ15
㉕東京海上日動15
㉘ゴールドマンサックス14
㉘パナソニック14
㉘ファナック14

中央省庁上位5省

①経済産業省28
②国土交通省22
③財務省16
④総務省14
⑤農林水産省14

(以上)

東大生は東大というブランドを求めて入学し卒業したのです。
保守的な人が多いそうです。
だから今一番人気の大企業を選ぶらしい。

日立、三菱、富士通、トヨタ、ソニー、パナ、キャノンなどの製造業
大手銀行
東電なんて人もある。(狂ったの?)

俺からしたら先行き暗い企業ばかり。
製造業は海外へシフト。
銀行はお金を貸さないし、金持ちが資金を国外へ。
電通はテレビからネット視聴に移り変わる。
JRはネットによって
自宅が仕事場・勉強場になるので電車通勤通学減少。
ダメだこりゃ。
面白いのがDeNAというSNSゲーム会社を選んだ人が17人いること。
一番マシだな。

役人さんは日本国家に守られているが、
安泰ではない。
まあ怠け者にとっては一番いいシェルターとなっているのでしょうが。

日本で生きていくには、とてつもなく困難な時代に突入してます。

・志高い人はアジアで起業する。
・日本に残りたい人は、誰にもマネできない技術をマスターする。

若い人はアジア旅行しながら、まず日本で「手に職」を身につけて、
自分の可能性に挑戦するといいと思います。

中高年は若い人に冷たいですよ。
自己保身で精一杯なの。(経験則)
アホばっかの下で働くより、自分の意志で人生を切り開いてほしい。
36歳のオッサンの私はそう助言します。

【後記】
2017年現在の私が思うところ
若い人は「手に職」を身につけてから
海外へ行っても遅い。
だからすぐにでも志向してほしい。

4月 152017
 

徐々に火で温めていくビーカーの中のカエルは死ぬ。
(変温動物なので)
でも熱湯の中にカエルを入れると
熱さですぐに飛び逃げる。

会社を良くするには「ピンチを与える」しかないと思ってます。
従業員には「このままだとクビだよ、給料なしだよ」と言う。
経営者には「辞める時期が来たのでは?」と引退して頂くのです。

経営者は、ビジネスの基本は「人助け」なのだから、
儲からなくなった分野は早々に整理して、
ニーズがあるところにシフトすべきなのでしょうが、
そんなに簡単には動けないですよね。
従業員もそれでは動けない。
ダメな会社は頭から腐っていくのです。

トップに対する意識改革はないでしょう。
首のすげ替えしか思いつかない。

ピンチはチャンスです。
それまでの会社を『変革』できるきっかけを作ってくれるのですから。
(つまり構造改革がしやすいの)

個人も変革すべき時代ですからね。
面白いと思える人には面白い時代にあるのですよ今は。

4月 152017
 

会社とは人間の集まりですから、
会社を良くしたければ、
そこで働く従業員を良くしなければいけない。

もちろん真っ先に経営者を良くしなければいけないが、
本人の会社だから聞く耳を持ってくれないと。
経営者が良くなりたいと思わなければ
誰がコンサルをしようとどうしようもできないでしょう?

「会社を良くする=心を入れ替える」

結局会社の業績というのは、ハートがすべての元なんです。

4月 152017
 

※2013年1月の記事です。

ダウンロードの方が早くて安くて便利。

なぜHMVはダウンロード事業にシフトしていけなかったのか?

いち早く時代に適応できなくなるという
『大企業病』が原因だと思う。
つまり変化に対応するだけの柔軟な思考ができなくなるという。

なぜ人は変化を嫌うようになるのか?

「変化には痛みが伴うもの」だと理解しているからだと思う。

古きから新しき自分へと脱皮する時、
やはり苦しい。
(成長痛というものが思春期にはある。長身のダルビッシュ投手はひどく悩んだそうです)
新しい命を生み出す時(分娩)は痛い。
(母親になった直後の女性の顔は以前とは全く別顔だそうだ)

「変化」

変化が要求されている現在。

硬直化し失われつつある人間性をもう一度復活させること。

『イエスの復活』

これが俺の使命だろうかと自問している。

4月 152017
 

つまり10年も継続して会社が運営されているのは
全体の5%しかない。

「厳しい世界」です。

あなたの会社は大丈夫でしょうか?

私の会社も生き残れるように頑張ります。
応援よろしくお願いします。

【後記】

私の会社は活動していません。
全然儲からないからです。

会社経営は恐ろしく難しいことが分かりました。

4月 152017
 

Youtube動画で原田翔太さんがそう言うのを聞いた時、
ショックでした。
確かに「稼げない=お客さんを喜ばせてない」ということですから、
私も起業家の端くれですので
何としても稼がなければいけないと思うようになれた。

まあ日本に存在する中小含む会社の90%は稼げていないのが現状です。
もしそんな理由で潰したら失業者であふれ返ってしまう。
有能な若い起業家が日本経済を牽引して元気にしていかないとね。

ハラショーさん、
もう少し俺に猶予期間をくれ!!
3年、いや2年。
必ずネットで稼ぎ、アルバイト生活を抜け、自立してみせる。
そして全国のフリーターの皆を導けるような会社の社長になる。
まずはネットだけで月20万円。
それまで待ってほしい。
ダメだったら潔く会社をたたみ、アルバイトで一生を終える。

今、ネットビジネスを1から勉強しようと思っています。

【後記】

これは2013年の記事ですが、
「利益の出させない企業は倒産させた方がいい」
と僕もそう思う。
なぜなら苦しいだけだから。

私は会社経営を辞めました。
ですがビジネスは継続する。
収入を増やしたいので。

4月 152017
 

倒産しなければ・させなければ、
何とでもやり直しが効く。
でも倒産してしまったら、
会社のすべての肩書きは全く用がなくなってしまう。

「肩書きにこだわるなら、会社をつぶすな!!」

今の地位を守りたいなら、
何としてでも倒産のリスクを減らさなければいけない。

会社って潰れるものなんだということを理解してくれないと。

4月 152017
 

終身雇用が崩壊した日本。
愛社精神なんて過去の遺物。

サイバーエージェントの藤田社長は、
私の会社は終身雇用だと言い張る。
果たして変化の激しいネット業界で
それが可能かどうか大いに疑問です。
まずそれは寝言と言わざる得ませんね。

『愛社精神=会社のために全力で働きたいと思う心』

(イトーヨーカ堂では2013年までにアルバイト・パート比率を90%にするとか)

※注意:この記事は2012年12月の記事です。

正社員という条件で動かすシステムも
終身雇用と同じく破たんしたと思う。

退職金という足かせもあって
すべての労働者は日雇い労働になると私は予測します。
あと3年でしょうか。

経営者は今のうちに
業績連動型給与体系の構築を急いだ方がいい。
だってこんなに合理的なシステムはないのですから。

【後記】

2017年現在
イトーヨーカ堂はすでにパート比率を90%にした。

派遣会社はまだまだ勢いがあるので
派遣で間に合わせたい会社も多いのでしょう。

労働人口の減少が顕著で
人手不足が叫ばれている現在であっても
正社員化への動きはあまり起こってません。

日本経済はどんどん悪化している。
私はオリンピック後に国家破綻も視野に入れてます。

4月 152017
 

このことはよく言われていることですが。

斎藤一人氏はそれを防ぐために

10人分の仕事を7人でやらせる
→2人くらい辞める
→2人雇って補充する
→でもまた2人くらい辞める
→また補充
(その繰り返し)

残った人は放置しても働く働き者。

『働き者しか残らない・残さないシステム』

すごいアイデアです。

経営者の方は参考にできると思います。