4月 152017
 

※これは2013年1月の記事です。

あるアメブロから抜粋しました。

東大生の就職先ベスト30(2012年度卒業生)
2013年度卒、2014年度卒の方はご参考まで。

①三菱商事41人
①日立製作所41
③楽天36
④三菱東京UFJ銀行33
⑤三菱重工31
⑥みずほFG27
⑥住友商事27
⑧JR東日本26
⑧三井物産26
⑩NRI(野村総合研究所)24
⑪富士通23
⑫アクサンチュア21
⑫トヨタ自動車21
⑭ソニー20
⑭東京電力20
⑯新日本製鉄19
⑯電通19
⑯富士フィルム19
⑲NTTデータ17
⑲キャノン17
⑲DeNA(ディー・エヌ・エー)17
⑲第一生命17
⑲日本銀行17
㉔SMBC(三井住友銀行)16
㉕JR東海15
㉕NTTコミュニケーションズ15
㉕東京海上日動15
㉘ゴールドマンサックス14
㉘パナソニック14
㉘ファナック14

中央省庁上位5省

①経済産業省28
②国土交通省22
③財務省16
④総務省14
⑤農林水産省14

(以上)

東大生は東大というブランドを求めて入学し卒業したのです。
保守的な人が多いそうです。
だから今一番人気の大企業を選ぶらしい。

日立、三菱、富士通、トヨタ、ソニー、パナ、キャノンなどの製造業
大手銀行
東電なんて人もある。(狂ったの?)

俺からしたら先行き暗い企業ばかり。
製造業は海外へシフト。
銀行はお金を貸さないし、金持ちが資金を国外へ。
電通はテレビからネット視聴に移り変わる。
JRはネットによって
自宅が仕事場・勉強場になるので電車通勤通学減少。
ダメだこりゃ。
面白いのがDeNAというSNSゲーム会社を選んだ人が17人いること。
一番マシだな。

役人さんは日本国家に守られているが、
安泰ではない。
まあ怠け者にとっては一番いいシェルターとなっているのでしょうが。

日本で生きていくには、とてつもなく困難な時代に突入してます。

・志高い人はアジアで起業する。
・日本に残りたい人は、誰にもマネできない技術をマスターする。

若い人はアジア旅行しながら、まず日本で「手に職」を身につけて、
自分の可能性に挑戦するといいと思います。

中高年は若い人に冷たいですよ。
自己保身で精一杯なの。(経験則)
アホばっかの下で働くより、自分の意志で人生を切り開いてほしい。
36歳のオッサンの私はそう助言します。

【後記】
2017年現在の私が思うところ
若い人は「手に職」を身につけてから
海外へ行っても遅い。
だからすぐにでも志向してほしい。

12月 292016
 

(2012年12月の記事)

起業家マインドが冷えているのではないかと思います。

「起業なんて怖い…だったら毎日平凡でも楽しめればいい…」

日本がちょっと心配になってしまったニュースでした。

(ヤフーニュースから抜粋)

お笑いタレントの有吉弘行(38)が、
ソフトバンク社長の孫正義氏(55)を抜き、
ツイッターのフォロワー数で日本一になった。
2日午後4時の時点で、
有吉が180万5000人余りなのに対し、
孫氏は約179万8000人。
有吉は11月30日、自身のツイッターで
「フォロワー数が日本一になったことだけが小さな幸せです。皆様ありがとうございます。。。」とつぶやいた。
(以上)

【後記】
孫さんはガンガン攻めの経営をしています。
若い人も是非見習ってほしいものです。

7月 102015
 

フランスでの起業・移住奮闘記はココから。
同じ方のアメブロです。

「海外で一旗あげたい」
もしくは
「海外しかビジネスチャンスはない」
と思っている日本人は多いと思います。
(その気持ちはあっても言葉をどうしよう…)

言葉が何よりも大切です。
日本で活躍する外国人は言葉が堪能でしょう?
日本人は島国だから外国の文化を受け入れる国民性はあっても
外国へ出ていくという発想は乏しいです。

日本に残ってヘトヘトに頑張るか、
海外でチャンスをつかむか、(海外攻略は一筋縄にはいきませんよ)

今日本人は大きな岐路に立っていると思って下さいね。

6月 182015
 

なぜなら「一人一人の責任が明確になるから」
言い訳できない環境を与えて責任を持たせる。
『自分の給与は自分で稼げ』という。

世の男たちに対して言わせて頂くならば、
私はいっそ「一個人が起業してしまえ!!」と叫びたい。
(今や大企業もガタガタだしね。あぁ情けない)
そうすれば各々が自分の好きなことで稼げる。
(自分の好きなことでないと稼げませんよ)

インターネットは個人が世界へ打って出られる魔法の道具
使わない手はない。

恐竜は(隕石?で)滅びたが、小動物(昆虫など)は生き残った。
その次に様々な美しい花々が出現したそうです。(一説によれば)

従来の価値感が大きく変換する時勢にあって、
あなたはあなたの今の生き方が問われているのです。

5月 262015
 

 

左は少し古い本ですので、
読みたい人がいれば図書館か、
古本で十分だと思います。
右のは僕は読んでいません。

著者は南原竜樹社長。
こちらは公式ブログです。
今レンタカーや介護ビジネス、出版会社などを経営しているそうです。

「マネーの虎」を見ていたのですが、
ローバー経営破たんでどうしたのか(もうダメかも)心配でしたが、
元気そうで何よりですね。
どんな時勢でも「起業する人はやっぱりする」
人がなんと言おうと、自分の楽しいことをやればいいと思う。
それが仕事になったら一番幸せかもしれませんね。

5月 042015
 

子供があなたのことを観ている。
他人の子供も観ている。
(あなたの姿がどれだけ子供に影響を与えているか考えてほしいです)
給料が少なくても楽しい仕事をした方が得ですよ
お金を儲けたいならサラリーマン(=奴隷)は辞めてしまおう
頑張っても給料はわずかしか上がらないからね。
「お金をたくさん稼ぎたい」
それなら起業しかないですよ。
起業の勉強を今から始めましょうよ。


学校=サラリーマン養成所=奴隷養成所
経営者はあなたを自分の奴隷にしたいだけ。


4月 292015
 

頑張った分だけ自分に返ってきますし。
家族と一緒の時間も増えます。

上司はあなたのことを見てくれてますか?
社長は従業員に手厚いバックアップを惜しまない人ですか?

ただこの大不況日本で新規にビジネスを開始するには、
あまりにリスクが高すぎます。
それともいいアイデアがありますか?

海外でビジネスを模索した方が確立が高いでしょう。

後記:独立したいならインターネットを使ったビジネスを始めて下さい。

4月 292015
 

日本で活躍している外国人はそのほとんどが日本語ができますよね。
大変うまいです。

起業において
言葉ができなければ言葉ができる人を雇う手もありますが、
その人は信用できますか?
お金のことになると人は変わりますよ。

紛争の原因は文化の違いだと言われますが、
私は言葉の衝突で紛争が起こると思っています。

「何だその言葉は!? 俺たちの分かる言葉でしゃべりやがれ!!」

文化とは言葉のことです。

4月 192015
 

(注:2014年3月の記事です)

青木涼一さんが会社を辞めて会社を設立した。

(青木さんの動画)
https://youtu.be/hEt-hU6k6B0

ようやくサラリーマンを辞めたそうです。
会社での仕事は楽しかったようですが、
やはり副業を副業のままにはできないと思ったのでしょう。

インターネットで稼ぐ若者が少しずつだが増えてきているようだ。

「会社に依存せずに自分の力で未来をつかむ」

中高年は頭が固いのでダメだ。
どうしても過去に囚われてしまう。
(人間というのはそういうものなんだ。いずれ分かる時が来る)

俺も何とか『自分で稼ぐ力』を身につけて
このブログでいい報告ができるように頑張らないとね。
まだまだ負けられない。

4月 172015
 

リアルでお店を持つとなると大きな資金が必要になります。
(ネットショップなら数千円から始められます)
ですので失敗してゼロになると再起が難しい。
だから辞めておいた方がいいよとは言っていますが、
やってみたいという気持ちも分かります。
ですので私からのアドバイスは

「リアルショップ起業したいならば、アジアで始めよう」
「飲食店をするなら東南アジアがいい」

ということです。

日本の高級料亭で厳しい修行をしている若い人が自分の店を持つ場合、
手に職をつけてからでは遅すぎます。
技術を磨く時間が最低10年はかかるらしいから、
その期間に時代は変わっている。
だからすぐ辞めて海外に旅行してみることをおススメします。
ビジネスの眼で旅行も楽しいですよ。

日本料理ならば北欧で受けているようですが、
税率が高いので候補地にはしにくいです。
中国は反日感情が教育課程で教え込まれているので遠慮した方がいいでしょう。
アメリカは税率が高いし、
国土が広い割には人口が少ないし、
すでにライバルもいるので、
私なら考えません。
やはり東南アジアがいいと個人的には思います。

飲食店だけではなく、コンビニ、酒屋、美容院、脱毛サロン、セレクトショップ、車の修理、クリニック、ゲーセン、キャバクラ…

何でもいいと思います。(本屋はダメ。電子書籍に代わるから)
特にいいのが教育産業と医療関係でしょうか。
娯楽産業もいいと思いますが、ギャンブル系は国の認可が必要となりますので難しそうです。

「若者は、内向き志向は止めて、海外という視野で行動してみよう」

日本の大企業でもリストラされるこのご時世ですので、
中小企業で働く人は尚のこと危機感を持って経済世界を勉強して頂きたいと思います。

※まずは海外旅行を!!