4月 152017
 

※こちらは2013年2月の記事です。

(ロンドン 31日 ロイター)
ファストフード大手のバーガー・キングは31日、
アイルランドの食品加工工場で作られたパティーのサンプルから、
馬のDNAが見つかったことを明らかにした。
ただ、馬肉混入の疑いのある商品は、店舗には出荷されていないという。
同社は「シルバークレスト社の工場から採取されたサンプル4つから、
非常に微量の痕跡程度の馬のDNAが見つかった。
この商品はレストランには売られていない」と発表。
「(シルバークレスト社からは)英国産とアイルランド産の
100%ビーフパティーの出荷が約束されていたが、そうはなっていなかった」としている。
馬のDNAの痕跡は、英大手スーパーのテスコなどで販売されていたビーフバーガーからも見つかっていた。
食品安全の専門家は、馬肉が混入しても消費者に健康リスクはないものの、
今回の発見は、食品流通網や精肉のトレーサビリティに懸念を抱かせるものだと指摘している。

↓現地ジャーナリストの意見
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34947?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

産地偽装で倒産した雪印。
(大企業でも嘘ついたら潰れてしまいます)
コロッケに牛の内蔵などを混入させて販売したミートホープ社

日本での経営環境の移り変わり(特にデフレ)や
企業の不祥事、事件、事故など
欧米でも同じことが起こるのではないか。
(インターネットという分野では日本は遅れを取っているが)

次は「建築耐震偽装」が起こり問題になるのではないかと思う。
日本の姉歯建築偽装事件を覚えている方も多いでしょう。

私は欧米でも必ず起こると確信している。
(もう起こっていたりして)
なぜなら人間は相変わらず愚かで、
過去を忘れ、予期せぬ事態を想定せず、
未来に向かって漠然と歩んでいるからです。

『長期不況の中を必死で経営改革をして生き残りを図っているデフレの先輩日本』

日本人が世界という舞台で活躍できる時代となりましたね。

それにしてもお金は人を狂わしてしまうものですね。
「金儲けのためなら何でもしてやれ!!」って。

『心の統制』が肝心要です。

経営者はつらいよ。
創業当時の理念を大事にして下さいね。

4月 152017
 

下記の記事を読みました。

取り上げられている問題の解決策はありません。
スマホを無くすことはできないからです。

私がリアルショップの経営者に提案するならば、早急に
・「会員制システム」にするか
・ネットショップに切り替えるか
するしかありません。

ベビーシッターは日本人にはあまりなじみがないように思いますが、
僕に子供がいたならば一切利用しません。
信用は何年もかけて築くものですから、
日雇いベビーシッターなんて信用できないからです。
(「三つ子の魂百まで」幼児期の体験は重大ですよ)

監視カメラは至る所にあるのです。
銀行のATMやコンビニは必ずありますし。
慣れるしかないようです。

レストランでの予約をドタキャンする人間は減りません。
「前払いシステム」で対応して下さい。

(以下記事です)

『スマホが人間をダメにする』

ニューズウィーク日本版 2013年2月4日(月)11時22分配信

インターネット時代、スマートフォン時代になって、
我々はいつの間にか、
以前にはなかったような無礼で、
はしたない振る舞いをするようになった。

その1つがいわゆる「ショールーミング」、
小売店をショールームのように利用することだ。
店では商品を見るだけで、
実際の購入は自宅のパソコンなどから
ショッピングサイトにアクセスして行う。

もちろん、これは今に始まったことではないのだが、
問題はそのやりかたが昨今どんどん露骨になってきたということだ。

アマゾン・ドットコムがインターネットで本を売り始めた当初から、
本の中身は店頭の立ち読みで確かめ、
注文は家に帰ってアマゾンでする、という人はいた。
だがその頃は、「本屋さんに悪いな」という気持ちが少しは働いていた。
それでもアマゾンで買ったのは、
安いアマゾン価格を前にして背に腹は代えられなかったからだ。

ところが今は、この「クリック購入」を
本屋の中でもスマホを使ってやるようになった。
はたして、「できるから」といってやってもいいことか。
傍若無人のふるまいと思われるのだが、どうだろう。

こうした行為を決定的に後押ししたのが、
アマゾンが出しているアプリ「プライスチェック」である。
カメラ付きスマートフォンにダウンロードする。
店に気に入った製品があれば、
そのバーコードを写真に撮るだけで
すぐにアマゾンのサイトへ飛び、
その商品のページが表示される。
たいてい、アマゾンの方が安いので、
その場ですぐにクリックして購入という流れになるわけだ。

この手のアプリを出しているのは
アマゾンだけではなく、他にも数々ある。
小売店側から見れば実に迷惑で失礼な話だ。
選りすぐりの品揃えが自慢のセレクトショップがあるとしよう。
客はあれこれ試着したり店員に物を尋ねたりした挙げ句、
スマートフォンを出してシャッターを押してクリック。
そのまま何も買わずに帰ってしまう、
ということも日常茶飯事になっている。

このトレンドが最高潮に達したのは、
昨年の年末商戦だったかもしれない。
どの店でも、客の手にはスマートフォン。
以前なら商品名を記憶だけして自宅でネット検索するなど、
「隠れてやる」という意識があったが今はそれもない。
価格の力学の前にはわずかばかりの礼節も
吹き飛んでしまった感じである。

もう1つ、これもかなり失礼ではないかと思うのが、
インターネットを利用したカメラのモニターだ。
カメラが捉える画像を、
遠い場所からインターネット経由でモニターするもので、
よく子供がいる家庭で使われる。
多くはベビーシッター監視用に使われる。
ベビーシッターと赤ん坊がいる部屋にカメラを設置し、
会社務めをしている母親などが
オフィスから時々チェックするためのものだ。
なかには照明器具や置物にカメラが隠されているものもある。

心配で仕方がない母親の気持ちはわかる。
ベビーシッターによる虐待事件などが起こる中では、
監視したくもなるだろう。
だがこれもベビーシッターの立場に立って考えると、
とてもイヤな話である。
もちろん彼女たちは、
そんなモニターがあることなど知らされていない。
監視されて当たり前と見なされることを、
彼女たちはどう感じるだろう。
隠れてモニターすることは、
ひょっとすると人権にも関わる問題かもしれない。

またレストランへのオンライン予約も
一般に失礼と思われていた時期が、
ほんの短期間だがあったように思う。
それまでは電話で予約を入れて、自分の声と話し方で
「私はこういう者ですが」と
まずこちらの名刺を差し出すようなところがあった。
そこから伝わる人柄のようなものを相手も了解して、
予約を受け付けるという手順を踏んでいた。
だが、オンラインではそうしたやりとりがない。

今では、オンライン予約サイトなしの生活など
考えられないくらい便利で身近な存在になっている。
だが、その便利さを悪用して
予約のドタキャンを繰り返す例がアメリカでは増えている。
アメリカ人には以前から、
何カ所ものレストランを同じ時間に予約しておいて、
その時の気分で実際に行く場所を決めるという
非常識な人がよくいるのだが、
これがオンライン予約になってひどくなっている。
相手と話さず、クリックひとつでできるので、
どんなギリギリのドタキャンも心理的な抵抗がない。

なかには、キャンセルの連絡さえせずにただ現れない、という人も多い。
レストラン側も、防衛のために10分遅れただけで
テーブルを他の客に譲ってしまうことも多い。
とてもドライな関係だ。

ドライで便利であることにも価値はある。
ただ、おいしいものをこれから誰かと一緒に食べに行く
楽しいイベントの序奏の部分が、
まるで電気のスイッチのようにそっけない。
便利さを差し置いて悠長なことなど言っていられないのかもしれないが、
サンフランシスコでも頑固で優秀なレストランの中には、
今でもオンライン予約システムを使っていないところがいくつかある。
これはさすがだ。

もちろん、その他にも失礼なことは数えきれないほどある。
講演会の最中にラップトップやタブレットでメールを見る聴衆。
誰かと食事をしている最中にスマートフォンを操作するなどもはや当たり前だ。
フェイスブックで友達の友達がわかってしまうのも、
以前ならば「相手の交友関係を詮索する」
という失礼な行為にあたったはずなのだが、
今は「ネットワーク」ということで許容されている。

テクノロジーも進化するし、それによってわれわれの認識も変化する。
ショールーミングによって、それに対抗した新しい小売店のビジネスモデルも出始めている。
オンラインでは売ってないものを揃えるというのも、そのひとつだ。

しかし、テクノロジーに身を任せていると
「だって、できるんだもの」ということが、限りなく出てくる。
それにしたがって、失礼な人とそうでない人の見分けもつきにくくなっている。
そんな環境では「これはいいけれども、こちらは止めておこう」といった判断は、
もう自分の価値観を確かめながら自分でやるしかない。

瀧口範子(フリーランス編集者・ジャーナリスト)

4月 152017
 

これのフランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、中国語、韓国語など
世界の言語で制作してもらうと、
日本の中小酒造メーカーが買ってくれるのではないでしょうか。
海外への日本酒の案内にちょうどいいので。
翻訳家に頼んで字幕付きだけでもいいのでして頂けると。

SAKEは外国語になっています。

フランスとスペインのメル友もSAKEと言っていました。
ということはすでに売られているのでしょうね。

4月 152017
 

東南アジアでは親日派が多いと聞いています。
特に台湾、香港、ベトナム、マレーシアです。
なぜ多いのかという1つの理由には

「資源のない日本が世界有数の豊かな国になったので、彼らに憧れの目で見られているから」

これらの国でももちろん宴会などの席があり、
やはり大事なゲストには大いに喜ばせたい。
正月くらいは豪勢な食事をしたい。
(東南アジアでも収入が増え、お金持ちが増えている!!)
ワインでもいいですが、
日本酒で日本のムードを味わって、感傷に浸りたい。
(よその芝生は青く見えるのです)

『日本酒は外国では作れない。なぜなら日本で採れる水はおいしいから』
(日本の水資源を大事にしたいものです)

中小日本酒メーカーはアジア進出が生き残りの最後の策だと思います。
日本のマーケットは飽和してますので、
(若い人はお酒を飲まない人が多いらしい)
是非アジアのマーケットに目を向けて頂きたいと思います。

↓鳥取県の酒造メーカーを小玉歩社長がプロデュース。
どこまで伸ばせるか興味津々です。

4月 152017
 

ラーメン好きはウジャウジャいる。
(日本人男性でラーメンが嫌いな人っているの?)
(女性は炭水化物で太るから控えていると思います)

でも本が好きな人はそれほどいない。僕の周囲では。
寝食忘れて読書読書という人間は10万人に1人かな。

ラーメンの値段は文庫本とそれほど違わない。
(100円の古本ならカップラーメンくらい)

本は安くても売れない、読まれないもの。
(*近くの大阪府茨木市立中央図書館は比較的来館者が多いです)
(タダで暇つぶししたいと言ったところでしょう)

『読書は安価で手に入る頭脳への栄養補給』

頭脳でしか日本は生き残れない。

「小さな島国、小柄な体格」

日本人は頭と心で勝負するしかないのです!!

日本人総難民になる日も現実として十分起こり得る。

今こそ読書だよ、
上司部下の愚痴を言っている場合ではない!!
アホな教師の授業を聞いている場合でない!!
おいしいレストランを検索している場合でもない!!

読書、マンガでもいい、読書、暇な時間を作ってでも読書、
読書が日本を変えると信じています。

【後記】
電子書籍は便利です。
紙の本はかさばるので
電子書籍の方を好んで買ってます。
あなたも自身の電子図書館を持て!!

*今岐阜の実家に住んでいます。

4月 152017
 

【後記】
2012年12月の記事です。
今2017年ですが
食中毒ニュースは相変わらず日本で起こってます。

(以下記事)
ジメジメした梅雨の時期や
食品が腐りやすい夏の暑い日に、
食中毒は多いとされている。

でも今年は冬でもノロウィルスが流行している。

『食中毒は季節を問わずに発生する』

原因の1つに室内がエアコンで冬でも暖かいこともあると思う。

お弁当などのテイクアウトものは、
お客さんがどんなタイミングや場所で食されるか分からない。
細菌などの衛生知識が乏しい一般人は、飲食業者の常識を理解していない。

とにかく食べる前は、
手洗いやうがい、ナマモノは控えて、
できるだけ加熱して食べるように心がけたい。

昔の日本では農薬がなかったために、
食中毒の原因のウィルス・バクテリアを殺すためにすべての料理に火を通した。
(だからサラダなんて怖くて食べれなかった)
(武田鉄矢さんは上京した時に初めて生野菜サラダを食べて驚いたらしい)

飲食店はトラブルだらけ。
儲からない業種です。

4月 152017
 

■ハンバーガー 価格: 80~100円 原価: 45円
■チーズバーガー 価格: 100円 原価: 54円
■テリヤキマックバーガー 価格: 260円 原価: 78円
■ポテト(M) 価格: 220円~240円 原価: 10~20円
■アップルパイ 価格: 100円 原価: 35円
■コーラ 価格: 100円 原価: 5円未満(紙コップと、カップのふた、ストロー、水、氷のみ)
※コーラの原液はコカ・コーラ社から無償で提供されています
■マックナゲット 価格: 250円 原価: 5円/1個 合計原価25円
■コーヒー(ホット) 価格: 100円 原価: 2.5円

ものすごい原価率の低さ。
(驚異的なビジネスモデルを確立してるね。商魂は素晴らしいよ)
マクドがそれで儲けるのはかまわないが、

「こんな安っぽいジャンクフードを食べていて健康への影響は大丈夫なのか!?」という不安がよぎる。

過去記事で半年経っても腐らないハンバーガーのことを言及した。

食べ物は腐る。
腐ったら売れない。
腐る前に売れればいいがそれは難しい。
(需要予測は本当に難しいのです)
ならば腐りにくくすればそれだけ売る期間を長く設定できる。

マクドナルドがどんな戦略を取っているのか知らないが、
世界から安い食材を仕入れ各国へ配給される時に(グローバル調達)、
やっぱり防腐剤が添加されると思っている。
(事情を知っている方は教えて下さい)

『放射性物質だけが危険な物質ではない』

怪しい食べ物は子供には絶対食べさせたくない。
世のお母さん方はご留意下さい。

4月 152017
 

なぜなら『愛社精神』があるから。

「会社のことが嫌いな人が掃除なんて自分からするか!?」
しないよ。
上から言われたら嫌々するくらい。

『従業員が何も言われず率先して掃除をする会社』

飲食店に限らず他の会社やお店も同じことです。

昔の便所なんてものすごく汚いので僕でも躊躇しますが、
(僕の岐阜の実家はボットンでした。今水洗。最高)
今は水洗ですからきれいです。
トイレ掃除なんて楽勝。
他の掃除だって余裕。

最近では掃き掃除でも嫌がる女性がいると聞く。
バカ女にロクな男は寄ってこない。
運よく結婚できたとしても即離婚。

「掃除くらいハイハイできる女になっとけ!!」

ブスな女ほどできていないのですよ。
困った困った。

2月 062016
 

現在私は高齢者向けの給食サービスの会社で働いています。

この分野は伸びています。
事実お客さん(仕事)は増えている。
飲食業に携わっている人は目を向けて下さい。

この会社にはクレームが月に60~100くらいもある。
日に2、3件。
多すぎる。
このまま行けば「ハインリッヒの法則」の通り
食中毒になると思っている。
先日近くにあるかに道楽というお店で食中毒が出た。
営業停止1週間かな。
お客さんは高齢者だから食中毒が起きれば即死亡者が出て倒産するだろう。
(あなたは食中毒が出たところの料理を自分の親や祖父母に食わせるか?)
社長はどう思っているのだろう。

「食中毒をどうすれば防げるか?」

ここでも書いたが、
『業績連動給』しかないと思っている。

正社員に覇気がないの。
僕らアルバイトよりも恵まれた待遇なのに、表情が死んでいるの。
クレームが出ているのに我関せず。他人事。

仕事量が増えているからクソ忙しくて
辞める人もちらほらいます。
募集しても集まらないかすぐ辞めてしまう。
キツイもの。
同僚が疲労で倒れたことがきっかけで、
社長に直接「仕事を減らす」ように頼んだことがある。
「営業マンの活動を弱めて、現場に回せ」と。
ほんとにどう思っているのかな。

ここの従業員にはとにかく『愛社精神』がないと感じる。

頑張ればがんばった分だけ時給を上げるシステムでしか
クレームは減らない・減らせない。

社長を動かすにはどうすればいいのか今悩んでいます。

2月 062016
 

若者はこんな業界に就職してはいけない。

『付加価値創造ができる企業しか生き残れない』

もちろんビジネスマンについても同じことが言えます。
付加価値の提供できる仕事ね。

それにしても飲食業は難しい。
「美味しい」より「楽しい」が儲かるキーワードです。
頑張って下さい。