4月 152017
 

国際化時代の真っ直中。

『空港は海外との玄関口』

「人が集まる=時価が上がる」

東京都(銀座・新宿など)よりも成田・羽田周辺
大阪市(梅田・難波など)よりも伊丹・関西国際空港周辺

※個人的には伊丹空港と福岡空港の近くがオススメ。
新幹線に近いから。

『新幹線は日本の交通の背骨』

お金がある人は不動産を持って下さい。投資用でもいい。

不動産の英語 “real estate”の意味「本物の財産」

不景気でもやっぱり不動産ですよ。
空港や新幹線付近は騒音だとかで住みたくない・買いたくない人が多い。
だから地価が低い。
チャンス!!

【後記】
これは2013年の記事ですが、
2020年の東京五輪の影響なのか
2017年現在まで上がっているようです。
五輪が終わったらどうなるのだろう?
下落すると思う。

4月 152017
 

※こちらは2013年2月の記事です。

(ロンドン 31日 ロイター)
ファストフード大手のバーガー・キングは31日、
アイルランドの食品加工工場で作られたパティーのサンプルから、
馬のDNAが見つかったことを明らかにした。
ただ、馬肉混入の疑いのある商品は、店舗には出荷されていないという。
同社は「シルバークレスト社の工場から採取されたサンプル4つから、
非常に微量の痕跡程度の馬のDNAが見つかった。
この商品はレストランには売られていない」と発表。
「(シルバークレスト社からは)英国産とアイルランド産の
100%ビーフパティーの出荷が約束されていたが、そうはなっていなかった」としている。
馬のDNAの痕跡は、英大手スーパーのテスコなどで販売されていたビーフバーガーからも見つかっていた。
食品安全の専門家は、馬肉が混入しても消費者に健康リスクはないものの、
今回の発見は、食品流通網や精肉のトレーサビリティに懸念を抱かせるものだと指摘している。

↓現地ジャーナリストの意見
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34947?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

産地偽装で倒産した雪印。
(大企業でも嘘ついたら潰れてしまいます)
コロッケに牛の内蔵などを混入させて販売したミートホープ社

日本での経営環境の移り変わり(特にデフレ)や
企業の不祥事、事件、事故など
欧米でも同じことが起こるのではないか。
(インターネットという分野では日本は遅れを取っているが)

次は「建築耐震偽装」が起こり問題になるのではないかと思う。
日本の姉歯建築偽装事件を覚えている方も多いでしょう。

私は欧米でも必ず起こると確信している。
(もう起こっていたりして)
なぜなら人間は相変わらず愚かで、
過去を忘れ、予期せぬ事態を想定せず、
未来に向かって漠然と歩んでいるからです。

『長期不況の中を必死で経営改革をして生き残りを図っているデフレの先輩日本』

日本人が世界という舞台で活躍できる時代となりましたね。

それにしてもお金は人を狂わしてしまうものですね。
「金儲けのためなら何でもしてやれ!!」って。

『心の統制』が肝心要です。

経営者はつらいよ。
創業当時の理念を大事にして下さいね。

2月 062016
 

http://www.avhomes4u.com/
すごく安いみたいです。
アメリカの不動産も日本の後を追って
同じように下落していくでしょう。

アンテロープ・バレーとは

世界経済に憂鬱なのは僕一人だけではないでしょう。
経済の血液であるお金を巡らせないといけませんね。

経営者の一人として頑張ります。

10月 162015
 

アフィリエイターとは、
インターネットで商品などを紹介して
紹介料をもらう人です。
今後職業の一つになることは間違いありません。
(私もアフィリエイターになるつもりです。兼コンサルタントもです。)

以前にも書いたことがありますが、
リアル店舗で買い物をする人がほとんどいなくなるのです。
それは遠い未来のことでなく、3年~5年後でしょうか。
アマゾンや楽天での品ぞろえやポイントは魅力的ですし、
都心なら翌日には届くという早さは感動的です。
逆にリアル店舗での買い物は販売員がうっとおしい。
出向くのが面倒。(雨の日、風の日なんて特に)
そんな経験ありますか?

「リアル店舗がなくなる→そこの不動産が空く→不動産価格が下落する」

この流れが止まらなくなる。
それは誰も止められない。
はっきり言う。

『不動産を持つことは価値がないのです!!』

では空き地になった土地はどうなるのだろうか?

・マンションなどの住宅地になる
(金持ちだけが住宅スペースが広くなる)
・駐車場に変わる
(金持ちだけが車を2台3台持てる)
・娯楽施設が増える
(スポーツ施設、温泉、ゲームセンター、パチンコ屋など)

娯楽施設が増える理由は、
やはり皆楽しみたい。
家の中でも楽しめるが、
他人と触れ合いたいという人も出てくる。

ここに注目して
ビジネスのアイデアを考えてみるのはどうでしょうか?

6月 182015
 

『ラチェット効果=歯止め効果』(ラチェットとは「歯止め」という意味)
物価が上昇して実質的な購買力が低下したり、
増税などで可処分所得が減少したりしても、
貯蓄を取り崩すなどして、
消費者がそれまでの消費水準をしばらくの間維持しようとすること。
景気の底堅さを説明する理由の一つとされることが多い。

要するに、豪華な暮らしや生活をしていたら、
たとえ給料が下がっても「貧乏はイヤ!!」という欲望に支配され、
そのまま何としてもその生活水準を保とうとすること。

マンションを売りたければこれを利用するのです。

3~6か月間(長ければ長いほどいい)
売りたいマンションに無料で住んでもらう。(光熱費だけは払わせてね)
家具や家電を備え付けて。(あとは入居するだけにセッティングしておく)

一度住んだら最後。
もう2度と前の住居には戻れない。
贅沢の甘い蜜を体験したら絶対に…イヒヒ。
(麻薬漬け!? お主も悪よのう)

実は僕もそうなんですよ。
以前は風呂なしトイレ共同だったのですが、
今は風呂もトイレ(洋式シャワー付き)も個人使用。
快適なんです。
もう戻りたくない、あんな部屋には。

不動産が売れない時代が続いていますが、
人間の欲望は尽きないのです。
マンションの営業マンには是非考慮してみて下さい。

4月 262015
 

家賃5万以下ドットコムというサイトで東京の格安賃貸を斡旋している。
これはつまり東京でも安い家賃のアパート・マンションがあるという証拠です。
古い家屋でも5万円以下なんて首都東京ではありえないと思ったのに。

想像するに
・東京の人口(借りたい需要)が減少している。
・供給先(新しい住居)が増えている。
でしょう。

首都でも不動産価格が下落方向なら、
地方は推して知るべし。

『日本の固定財産は目減りする一方です』

海外からの移民を受け入れて労働者人口を増やすべきでしょう。
でも昨今の放射能問題で誰も来たがりませんよね。
政治家も現況の緊急性が分かっていないし、
経営者はサラリーマン化して委縮しているし、
どうなってしまうのか本当に悩みます。

後記:この記事は2012年1月ですが、
日本全国の家賃下落は止まっていません。

4月 172015
 

確か『成功はゴミ箱の中に』に書いてあったと思う。

今でこそ世界中に店舗を持つマクドナルドだが、
創業時は大変だったのは当然として、
その創業の時のメンバーがレイ・クロック氏の他、2人いたみたいです。
もう忘れてしまいましたが、
その内の1人である男性が「マクドナルドは飲食業でなく不動産業だ」として、
メニューや味にこだわるレイさんと対立して結局は辞めたみたいで。

フィリピンでレストランを経営する元エリート金融マンの横森氏は、
ズバリ不動産の値上がり目当てで飲食業をしているとみている。
(外人が不動産を買い占めたら現地人の嫉妬に合うので、レストランはそのカモフラージュ)
http://keizaiclub.com/
その魂胆はお見通しです。

なぜ分かったかというと
「レストラン(飲食業)なんてそうそう儲かる業種ではないから」
金持ちの道楽がてらというやつですね。

彼からのアドバイスは
「投資をするなら経済成長がこれから起こる場所で」
(フィリピンは国家破たんは起こらない。債務国でないから)
「不動産は目立たず秘密裏に買え」

資産を日本国内や円に集中させることは危険。
金持ちは海外投資を真剣に考える時が来てます。

「貧乏金なし、金持ち休む暇なし」

生きることは大変なんですよ。

ちなみにフィリピン人ボクサーのマニー・パッキャオは強いよ。

4月 172015
 

東京の家賃はまだまだバカ高い。

「日本人はどうしてそこに住もうとするのだろうか?」

・仕事が見つけやすい
・職場が近い
・学校が近い
・ビジネスチャンスが多い
・東京出身だから

理由はいろいろあると思う。

もしこれからビジネスを始めたい人がいるならば、
東京に住んでなくてもお金を稼ぐことができる。
インターネットさえあれば、北海道でも沖縄であっても。
(東北地方は遠慮した方がいいと思う)

なぜならどこに住んでいても
インターネットによる発信は関係なく届くから。
場所なんて大して問題にならないから。

地方に住むとメリットの方が多い気がする。

・家賃が安い(福岡なら1万円台からあるらしい)
・食費も安い
・駐車場も安い
・空気&水がきれい(場所にもよる)
・道が混んでない
・電車も空き空き

デメリットは町に活気・元気がないことくらいか。

起業を志すつもりなら、
地方に貢献する意味でも地方に住んでもいいのではないかな。

現在私は岐阜の実家に住んでいます。
家賃はタダです。
その分を仕入れに回しています。
大阪に住んでいた時は家賃5万円だったから大変でしたよ。

「東京には空がない」智恵子さんからです。

4月 112015
 

(注:20010年8月の記事です)

今引越しの最中で、すでに新住居も契約した。
家賃月50000万円の貸し家物件1LDKです。
(安かった。築35~40年はするが広くてキレイなほうだ)
仲介手数料52500円払った。
それはまあいいとして。

不動産会社は家主(オーナー)からもお金を取るに違いない。
月5万円なら1割で月5000円か。
(誰か詳しい方教えて下さい)
借り手からも仲介手数料を取り、オーナーからも紹介手数料を取る。
もし貸し手からもお金を取らなければあんな駅前好立地に店舗を構えられるわけがない。

以前テレビで日本に住む外人が
「不動産会社は貸し手寄りなのか借り手寄りなのか分からない」と首をかしげていた。

そこにビジネスチャンスがある。

今借りる人が減っているから
借り手には仲介料無料のPRで顧客を奪っていく。
貸し手は空き部屋にするくらいなら誰でもいいから入居してほしい。
借り手をたくさん連れてくる不動産会社は大歓迎。

インターネットで広告すれば駅前でなくてもいい。
(今はネットですます人も増えている)
家賃も少なくできる。
節約できたその分は借り手に対するサービスに使えば顧客満足度は高くなる。

それと外国人お断りの看板は取り外してほしい。
日本人は増えていかない方向だし、国際貢献にもなるだろう。
外人と大家とのトラブルが起これば
解消の仲介に一役買えば信頼される。

もう日本だけで何でもやっていける時代は終わったのです。

どうですか、この不動産ビジネスは?

(僕はコネがないのでやれません。業界の方が有利ですね)

4月 052015
 

40歳になっても同じ仕事はしにくい。

将来に備えるためにも
『不動産』を手に入れておくといいでしょう。

※場所は関東・東北は止めてほしい。

なぜなら放射性物質が飛散しておそらく地価が下がるから。

僕がおすすめするのは
京都、もしくは奈良

昔の日本で都が建設されていた場所であり、
古い木造建築物がそのまま残存しているから。
これはつまり地震や津波という災害を受けていない証拠だから。
5年後にはおそらく地価は上がるでしょう。

北海道や九州の方は内陸部の方の不動産を物色しておいて下さい。
(休火山のある近辺は絶対避けて下さい)

最後にものを言うのは『不動産』です。
(英語で不動産のことを”real estate”という。意味は“本物の財産”ということです)

後記:不動産よりも頭脳を磨いた方が得です。