4月 262015
 

高齢者化する世界に打ってつけの食べ物、豆腐

安価で、やわらかくて、なめらかで、栄養価が高くて、低カロリーで、糖尿病者でも食べられる。

男前豆腐店の豆腐はおいしかった。
トロトロしていてデザートのようでした。

Tofuは英語にもなっている。
スキヤキに入っているから知られたのでしょうか。

世界の大豆価格の変動が懸念材料ですが、
豆腐は日本を代表するヘルシーフードになるに違いありません。

4月 052015
 

高齢者施設向けの食事を製造しているナリコマという会社。

伸びているそうです。

味は薄くてやわらかくした日本食がメインですね。

飲食店といえば
「甘くて辛くて油っこい」濃い味の料理が多いです。
(カレー、牛丼、ラーメンなど)

でも高齢者にとってはそれは重い食事です。

今は高齢化ニッポン真っただ中ですよ。

(スーパーもデパートも頭の切り替えはできていないと思う)

今小さな飲食店を経営されている方がいれば
競争の多い健常者(一般人)向けではなくて、

「高齢の方に向けた料理を提供することに目を向けてみてはいかがでしょうか?」

宅配サービスも検討してみて下さい。

チャンスだと思います!!

後記:私はここで働いていましたが、確かに伸びてます。

3月 132015
 

ベトナム人口の60%が30歳以下だそうです。
よって年配者があまりいないので
ハゲている男性が目立たないのかもしれませんね。
もう少しよく観察してみますが、
それにしても若い人が多いですよね。
将来ベトナムはその若い労働力によって
日本経済を支える担い手になるのかもしれない。
日本は高齢化で誰が経済を引っ張っていくというの?
ベトナムやフィリピンの方々のお世話になるだろうね。
今からでも遅くはない。
日本が優位に立つ技術の分野で
これらの国々の発展に貢献して
その見返りとして
労働力を提供してもらおう。
今は若いと言えどもあと30年40年たったら
おじいさんおばあさんだから。
介護が必要になってくるから。

12月 292014
 

今高齢者の間で
「自分史」を書くのが
ひそかなブームらしいけど、
出版社の倒産や業者に持ち逃げ
などのトラブルが多発しているみたいです。

自分史を書いて
孫やひ孫に読んでもらいたい、
そうゆう理由から
本にしたいのだと思います。

でも本にするにはお金がかかるし、
誰も買ってくれないと思います。
いたとしても20人以下でしょうか。
もし本にしたいのなら
印刷屋さんに行くのがいいし、
世間に公表したいなら
ホームページやブログなどで
公表すればいいと思う。
末梢することも
手直しすることも
すぐにできて簡単ですよ。

もしブログで公表したかったら
まずパソコンを買って
(安いので10万円)
インターネットから始めて下さい。
子供さんやお孫さんと一緒になって
勉強してコミュニケーションしましょう。
きっと世界が広がるはずですから。

12月 132014
 

送迎タクシーかネットビジネスですね。
低資本でできるから。
車1台かパソコン1台を用意すればいい。
ネットビジネスのアイデアは
僕には見当が付きませんが、
送迎タクシーでしたら、
需要があると思います。
タクシーの運転手は99%
男ばかり。
女性客にはそれに不満があるはずです。
目的地を言っても返事がないとか、
グチばかり聞かされるとか…
そこで女性ドライバーが登場するのです。
でもタクシー業界も競争の嵐。
だからタクシービジネスはいけない。
近所の子供さんの学校や塾の送り迎えや、
病院通院のおばあさんなどの送り迎えをする。
昨今は物騒な世の中ですので、
子供を心配する親はいると思います。
高齢化社会にも対応している商売ではないかな。
どうです、気楽に起業してみれば!?