4月 162017
 

完全と不完全との定義を
この世における僕らの頭で考えるのは
ナンセンスではないだろうか。

完全って何だ?
神学者は「完全=神」と言うのか。

完全であるならば、それは安定思考に陥って怠惰が生まれないか。
「怠惰=堕天」とするならば、それは罪を作り出さないか。

『堕天使=人間』

『大いなる神から剥がれ落ちた不肖な子供たち=小なる神である我ら』

もし絶えず向上を目指さない安住の神ならば、
我らに示しがつかぬ。
範を垂れるのがリーダーだからだ。
流転する物質界でさまよい歩く我々に向かって

「サボってないで早くこっちへおいでよ」

愛の言葉を届けるために、絶えず向上という美波を送り続ける。

「私、いつまでもきれいでいたいの」

向上とは永遠に美であり続けること。

「不完全な神」とは永遠の愛のことかもしれない。

4月 152017
 

私の疑問に回答してくれた人がいます。
「つまりグレートスピリットが完全ではなくなったその原因は何かということです」

メタたろうという方の回答(おそらく男性でしょう)

グレートスピリットは完全性が根拠を必要としないことだ
ということを知らなかったからではないですか?

覚りを必要とする完全性が最初から存在します。
1つのものを2つに分けた理由は自分を自覚したかったから。

その誕生の以前から無自覚に
「完全性は既にあった。」
という状態は今の世と相似ですね。

「違う点は神が悟った。あーよかった。」では終わらなかったということでしょうね。

神が悟るために必要としていた「写し鏡=人間(世界ですね)」は一人歩きを初めて、
神とは別の『意志』を持つわけですね。

(仮に全てはひとつ、であろうとも、
今はひとつではありませんし、別個の意志を持つのが事実です。)

そこで、神様は満足して、片付けをするがごとく
「おもちゃ(人間・世界)を片付けよう。」
というわけには行きません。

なぜなら、おもちゃは自分自身でもあります。

分身は悟っていません。

これの繰り返しです。

全てを悟るには部分が悟れない矛盾を克服せねばなりません。

それは低次元での悟る主体を必要とします。

源は「完全なる存在」というよりは「完全性を自覚した存在」という立ち位置で、、、
「最初は完全性を疑った存在」でもありますよね。

これはフラクタルで、、、ズート続きてきたはずです。

完全なだけでいいなら人間は必要ないはずですから。

自然は既に美しいわけで、完全な調和を示しています。

それで  時系列で言うと

下図を診てもらうとわかりますが、
覚りというのはイタチごっこなんですよね(苦笑)

原因があって、結果が在るなら・・・・

ひだりが始まりで次元が進むに連れて、一つ前は悟ると・・・。

   (次元が進む)    (次元が進む)      (次元が進む)
神⇒次の存在      ⇒次の存在        ⇒次の存在      ⇒・・・
   (前元の神は悟る) (前元の存在は悟る) (前元の存在は悟る)

・・・・⇒人間⇒(低次元の何か・・・があるかも?)

となるわけです。

ということは、人間はなにかこの先を見て悟るのは
この宇宙が生まれた原因を踏襲するわけですね(笑)

学びがないので、放置されて
勝手に同じ次元で悟ることを期待されているのではないでしょうかね?

というわけで、覚りを必要としない次元上昇とでもいうものが、
この問題の解決の糸口と鳴るわけですね(笑)

ただし・・・・

こういう視点もありますよね。

このような世界が生まれた状況を「メタ視点で見れる存在です。」

    <メタ視点の上位存在X>

   (次元が進む)    (次元が進む)      (次元が進む)
神⇒次の存在      ⇒次の存在        ⇒次の存在      ⇒・・・
   (前元の神は悟る) (前元の存在は悟る) (前元の存在は悟る)

きっとこう思ったはずなんですよ。

    <メタ視点の上位存在X>「おー、完全だねー。」

神が一つだった時 :(内的葛藤・私は何ものなのか!?ひとつと呼ばれた何者かは、自覚ができない)

    <メタ視点の上位存在X>:既に先が見えるね・・・。

               (次元が進む)
神           ⇒次の存在        :内的葛藤の発生
↓             (前元の神は悟る)
「おー、俺って完璧!だったんだー!」

    <メタ視点の上位存在X>:覚りのテーマの物語のつもりはなかったんだけどなー。。。

   (次元が進む)    (次元が進む)      (次元が進む)
神⇒次の存在      ⇒次の存在        ⇒次の存在      ⇒・・・
↓   (前元の神は悟る) (前元の存在は悟る) (前元の存在は悟る)

「次を見て悟った!」の連続

ということで、

人間は「前を見て悟る」という所に特殊性があるわけですね。

これは次元が進めば進むほど顕著になります。

後悔を先に立たそうと。。。

ここからは独自解釈になります。
答えのない問題ではありますので、
仮説の一つとしてごらんくださいませ。

アセンション前までは「覚り・悟り」ということがテーマだったのだと思います。

つまり、人間とは何か?(自分とは何か?)がメインテーマだったと言うわけです。

で、神はこれに飽きた(満足した)わけですね。

で、おもちゃを片付けようと思ったんですが、それはおかしいだろと

神(おもちゃから神に格上げされた原初とは違う何者か)が言うわけです。

だから、アセンション(2010年の前後3~6年ぐらい)は

悟りアフターをどう過ごそうか?という話になって、

「幸せに生きてみようか!?」となったのではないかなと・・・・。

仮に霊的な確証を得られる
霊媒師の方がおられたら
確認してみたい所ではありますが・・・

過去、神として現世卒業をされた人達が
再度転生していると思うんですね。

世界がこの世仕様からあの世仕様に換装されていった。

それで、あの世(あるいは神界)というものが在るとして、
「上がりを経験したもの。悟ったもの」が経験する世界を
低次まで全て適用しちゃおうぜ☆

ということになしたと。

結果として、神はこの世でも学べるようになった。

それでアセンションとは何だったか?
と言うと、、、、

「過去の過ちを認める」ということだっったのではないかなと・・・・。

モナド論的な世界で言えば
「全てが独立して、全てが調和している」
という矛盾を感じる世界観があります。

この調和を担うシステムが
おそらく、神にフィードバックする(元に戻して、元から直す)
という事だと思うのですね。

モナド論的な「予定調和」は結果で、
モナドは独立しながらも相互に影響しあっているように「見える」のも結果であり、
原因は初期値に依存するのであれば、

おそらく、初期値をモナドはいじくって
干渉あっているだろうと。

つまり、人間の動向が
ビックバン以前(神がひとつから別れる前)に
フィード・バック(コミュニケーション)していて、
そもそも、世界を最初から正す効力が在る。

という世界観ですね。

そうなってくると、
アセンションの意味は変わってくるわけですね。

神「自分を自覚したい!」⇒「自覚した」⇒「この学び終わり!」

アセンションとは
「学びが完了した(自分とは何か?がわかったら)、どうする?」
というタイミングです。。。

その結果

「片付ける(修了!)」の派閥と
「再利用(転用でもいいですよね)」のグループに分かれて、

既にプレイヤーがさんざんいるので
「やってみようか、再利用」

と言った感じになったのだと御考えています。

そんなわけで、

アセンション以前の情報は後から考えれば
まるわかりなことばっかりやってます

しかし、アセンション以後は
目的が変わっているはずです。

そういう意味で言うと、
やる気が出なかった(当時)

というのも頷けますよね。

ところで、「不完全と思った」のではなく、
これは多分手段の位置です。

神のストーリーは「覚り」です。

「一体化」は人間のストーリーですよね?

ここを履き違えると、
話は間違った解釈を繰り返します。

今日はこのくらいで。

興味があればURLからお問い合わせしてくださいませ。
茨木市に私も住んでいます。

理由があれば、
私に会うこともあるかと思います。

頑張ってください。
(以上)

今僕はこれは何を言わんとしているのか思考中です。
でも答えは自分の中にあると確信がある。
内に神が宿っているから。

4月 152017
 

人間はどうしても独りでは成長できない。
誰かの意見・忠告が自分をより良い方向へと導いてくれる。
(本という知識が一番の助言者)

他人の考えをインプットし実際行動して確かめる。
(アウトプットをしないと知識が智恵にならない)

「なぜ人は人の意見を聞かないのか・聞こうとしないのか・聞きたくないのか?」

『自己防衛・保存の法則』でしょう。

「今のままでこうして生きてこられたのだから、このままでいいやん」
「今更俺に新しい挑戦をさせて失敗したらどうする!? もめ事はゴメンだよ」

人間の細胞って毎日少しずつ新陳代謝している。
自分が変わりたくないと思っても
人間1秒1秒ごとに老化していくし、
社会や環境の方も変わっていくのです。
(人間の愚かさは相変わらず変わらないが)

「思考停止」では誰も幸福になれない。
(自分ですら幸せにできない者がどうして人を幸せにできる?)

『神は常に向上を目指す存在』

小なる神である我々も日々向上です。
皆さん、今日という日は昨日の自分への挑戦ですよ。

4月 152017
 

すべての人は心密かにこう思う。

「生まれてこない方がよかったかもしれないね」

持つと持たざるとの『二極化』はすでに始まっている。
この流れは止められない。
なぜならこの世に差別があるのは当然だとしているから。

貧乏人と金持ちとの差は一つ。
「存命の期間」だ。
ただ生き長らえる時間の長さのみ。
(そんなことがどうしてうれしい?)

この世界で生きている人々に希望は少ない。

が解決する方法はまだ残されている。

『すべての人が「幸せになりたい」「幸せにしたい」と願うこと』

内に宿る魂は絶えずメッセージを送り続けている。

「我々の魂は一つなのだ」(本来性)

その声なき声を素直な心で内省することによって
思考が目覚め、波動が巻き起こる。

「世界は愛を渇望する」

救わなければならない。
変えなければ終わってしまう。

あきらめてはいけない。

(そんなことになったら嫌だろ?)

4月 152017
 

金持ち、セレブパーティー、高級車、豪邸、シャンパン、豪勢な料理…

私とは違う世界の住人の理想です。
そんなの追うのは本来性からかけ離れている。

私の目がけたい世界って何だろうな。

『魂の交流』

喜びも悲しみもすべて共有し、
庶民と共に歩みたい。

『共苦』

私を苦しめるカルマから解放するために、
私が決別しなければいけない現世的享楽。

共に苦しみを甘受しなければ私は生まれてきた意味がない。

本当にできるのだろうか素手の俺に、民衆を導くことが。
不安だ。

だが私は力を尽くしあきらめない。最後まで。

【追記】

魂の法悦こそ人類の至福の喜び。
皆それを目がけて生きている。
私も例外ではない。

4月 152017
 

人生の目的が分からない、
生きるということの意味を理解できない、
だから人は己の欲望のままに人を傷つけ、時に殺しをしてしまう。

もし人類すべてが「人生の目的」を理解し悟ったならば、
この世に争い事は一つもなくなる。
なぜなら人生の目的が争いならば、
我々はどうしてこんなに無益で無惨な争いの結果が悲しいと思うのだろうか?

「世界を1つへ」

悲しいと思う心が、他者への連帯意識となっている。

なぜ他者と我はつながるのか?

「魂は1つへ」

本来我々すべての魂は1つだった。
それがどんな理由であるのか、分離してしまった。
悲しい、切ない、憐れみ、悲恋、嗚咽、悔恨、後悔、慚愧、目覚め、勇気、挑み…そして再出発。

「魂を元のところへ」

神と一体化するために人類を導くことができる。愛の力で。

「神の方へと」

4月 152017
 

みんな「人生の意味」が分かっていないから、
下らぬことで争いをしてしまう。

もしすべての人類がその意味を理解できたら、
戦争のない世界にあっという間になるだろう。

人生の目的が戦争であるはずがない。断じて。
なぜなら戦争して多くの人が無惨に死んだのを知ったら、
どうしてこんなに僕らは悲しくなるのだろうか?
悲しいのが人生なのだろうか?
であるならばどうして人は生まれてくるのだろうか?

何か目的があるに違いない。
目的がないとはどうしても思えない。
「目的がある」そう思わせるというのも「ある」証拠なのかもしれない。

人生には人間に与えられた目的がある。
何だろう?

いやその前に誰が与えるのか?

神。

神が人間に押し付けてくるものは何だ?
神が我々に要求するものとは何?
神のメッセージとは?

「我が同胞よ、汝は神なり。我の元へ帰るのだ…」

私はどうしてこのように神を想起してしまうのか
未だ理解できずにいる。
日々探索は続けているが。

4月 152017
 

私の関心は
「宗教という名の神学」(密教とも言えるかな)
に向けられていく。

これを少しずつ手探りで探求する。
霊魂、死後の世界、輪廻、カルマ、幽霊、霊能力者、
(まあオカルト関係ですね)などの本を読む。
(ほとんどが入門書や初心者向けの易しい本です)

そして己の心に絶えず問いかける。
「何で?」
「それほんとかな?」
「どうしてそれが分かる?」
「インチキだろ?」
「科学的根拠は?」

ある時気づく。
「俺自身がそういうことを考えたり興味を持っていること自体が、それは本当かもしれないという証拠ではないのか」と。

「我想う、ゆえに我在り」「我思案する、ゆえに我それを肯定する」てね。

素直になって公平な心でとらえようとする姿勢になってみること。

魂は死んでも無くならず、
死後の世界へ行って、
またこの世に生まれ変わる。(輪廻転生)
未熟な部分を鍛え直すために。(カルマの法則)

もしこの世に執着という未練を残すならば、
幽霊となってこの世を彷徨い続けることになる。
(早めに成仏してほしいと願う)
真の霊能力者と呼ばれる人はそれを探知できるそうだ。
(私は全く見えません)

UFOや宇宙人については私はあまり関心がなかったが、
超能力には関心があったのは縁でしょうか。
気功、テレキネシス、テレパシー、未来予知、読心術、退行催眠などに。

私は、人間とは動物であって動物ではないと思えるようになった。
人間は他とは違う。
何か得体の知れない不思議なパワーを持っている存在。
それを解放できないから、人は悩み苦しむのではないか。

私はそのパワーを『神』と呼んでいる。
(気功の気もパワーですが、ここでは『精神の内奥に住まう静謐な存在が働きかける力』とします)

いったん人間の内部には神という存在があると肯定し出すと、
私の悩みが次から次へと氷解していくのが分かる。
魂の不滅、輪廻転生、カルマの法則、イエスの教えもすんなり理解できる。

同時期的に読んだ
エドガー・ケイシー、サティア・サイババ、江原啓之などの本は、
理解への加速に大いに役に立った。

ただ「ひたすら否定する」という鎧兜は思考を鈍重にし、
肯定させようとする現象を取り逃がす。

否定からは神を見出せないのです。

絶対肯定の男イエス・キリストは正しかった。

4月 152017
 

正直この本を読む前に一人さんの本は
図書館で借りた時と本屋で立ち読み程度だった。
つまりザラッと読んだくらい。ゴメン。

僕の初代ブログにはこんな記事を書いたことがあり、
それは一人さんの上記の本で言うことと同じでビックリした。

結局のところ「真理の道は同じところに行き着く」ということですね。

それは「すべて人間の魂(白い光)はみな同じだ」という証拠を示しています。

斎藤一人氏は商人という名の宣教師ではないかと思いました。
(僕も宣教師の端くれです。がんばります)
みんな誰かに何かを教える宣教師だよ、と言われそうですけどね。

注釈:「こんな記事」とは

日本にいるホームレスは病気で苦しんでもいいわけなの!?

アフリカなどの発展途上国で医療ボランティアをする人がいる。
日本で生まれ育って医学を勉強し、
医療に携わる仕事で生計を立ててきた。
何を思ったのか、発展途上国でボランティアとして働きたい。
その情熱は大変すばらしいと思うが、

「治療を受けたくても受けられない人が日本にはたくさんいるよ」
(特にホームレス)

その人たちを放っておいて外国に行く。(ほとんど見殺しだよ)

確かにどんな人種でも平等に接するのは【人類愛】だ。
アフリカの人たちだって適切な医療を受けてほしい。
でも同じ日本人で病気で苦しんでいる人が確実にここ日本に存在するんだよ。

ホームレスは働けるのに働かないから自業自得だという意見もある。
では「働かない=病気で苦しんでいい」ということなの?

医学の父ヒポクラテスの宣誓に
「医療従事者は誰であろうと病気に苦しむ人がいれば誠心誠意を持って医術を施すこと」とあったはずです。

以前
『国の境が命の境であってはいけない』とCMで放映されていた。
むしろ
『お金の有無が医療の有無であってはいけない』と僕は言いたい。

国民の義務である税金を払わないからいけないんだ!

→国家の義務を果たさなければ生きる権利はないの?

働けばいいじゃないか!

→心の病気ってあるんだよ、“うつ病”という。
(故高島忠夫さんなどが患ったらしい)

★日本では「働かない奴=食べる価値なし=生きてても死んでてもどっちでもいい存在」
そんな気風が現にある。

「働かざる者食うべからず」だって。

男という字は田んぼで力仕事をする人という字だ。
(どこかの地域では20キロの米俵を500~4000メートル担いで運べる人が男とする)
女は子宝を産んで立派な女だとされた。
(畑の耕し手がほしいため)

そんな働きマンを強制する日本社会。
それを僕は“日本地獄”と呼んでいる。

この日本地獄に加担する奴ら、お前ら覚えておけよ。
「将来ジジイ・ババアになったらポイされるからな、役立たずって」

覚悟せい!!

12月 292016
 

一人さん、いいこといっぱい言ってくれてます。

「親の因果が子に報い」は嘘。
自分の過去世に蒔いた種が発芽しただけ。
自覚しないといけないね。

お金は神様からのプレゼント。
あなたに必要な分だけあなたに手渡される。
俺がフリーターなのも意味がある。
全国のフリーターを救いなさいという。
神様、私に力を下さい。

日本が沈没するか否かは
僕ら日本人の「私は神様になります」という強い意志で回避できます。

『神=愛』

愛を広めれば、
いつでもどこでも誰でも何でも幸せになれるのです。
最後はやはり愛の力なんですよ。