7月 192015
 

商品・サービスを
SNS(ブログ、メルマガなど)で
紹介した人から買ったとすると、
実店舗に出向いて買わないということだから
そこの店員さんは必要なくなる。
それはヤマダ電気などの電器屋や
町の本屋はどんどん倒産していくことを意味する。
(ネットショップだけ生き残る)

『時代のトレンドをつかまないと淘汰されるのがビジネス世界』

家から一歩も出ないで閉じ籠もりの生活
コクーニング:繭化)

でも人は寂しがり屋ですので
きっとサークルなどに
人を募る動きが起こってくるはずです。
SNSの力を借りて。
その場所を提供する会社は廃れません。
レンタル会場運営会社は頑張ってほしい。

それとヤマト運輸などの専門配送業者が
忙しくなることも予想できます。
電器店の配送業だけやっている人は今スグ辞めて、
ヤマトや佐川に行きましょう。
もしくは高齢者専用の移動個人タクシーを始めてしまうか。

インターネットが私たちの暮らしを変えていくのです。
その変化を受け入れましょう。

4月 112015
 

3か月近くかかることもある。
安いけど止めた方がいい。

海外発送は4つある。

・EMS便(first-class)

一番早くて補償もありベターだ。でも高い。価格は重さで決まる。
1週間以内で届く。

・SAL便(economy-class)

これには大型サイズと小型サイズがある。
小型は3辺の合計が90cm以内で重さは2kg以内。大型より格段に安い。
2週間以内に届く。

・航空便

これはSAL便とよく似ている。SALより少し高い。詳細は各自で。
利用したことがないです。

・船便

とても安いが、遅い。
なぜ遅いか? みんなが利用するからだと思う。船は遅いし。
遅い遅いのクレームで返金しまくったよ。(泣)

※海外発送の際の注意点

必ず段ボールできっちり商品を守ること。
外国では日本の配達屋さんみたいに丁重に扱わないからね。
(日本の運送屋は海外へ進出して!!)

今円高。
きつい。
1ドル100円に戻して!!

後記:2015年現在1ドル=120円です。

12月 312014
 

バイクは大変危険ですし、
何といってもボラれるからです。
乗るのでしたらタクシーの乗用車です。
衝突事故があっても車の中にいて
囲まれていますから安全ですし、
市内はスピードが出せないですし。
(バイクの渋滞でとても出せない)

乗る際にはメーターメーターと言って
絶対に口約束で乗らないようにして下さい。
間違いなく値段をふっかけられますから。
こうしたベトナムの悪い習慣を
日本人が助長させないように意識して下さい。

そういえば10年前の中国でも
これと同じだったそうですよ。
でも今の中国(都市部)では
メーター制タクシーは当たり前で安心となっています。
ベトナムも5年後には安心タクシーが当然となり、
旅行者が気楽にタクシーに乗れるようにと祈るばかりです。

(これは2008年4月20日の記事です)

[私のコメントから]

バイクタクシーの営業の仕方は
態度がデカイ。
バイクの座席にふんぞり返って
外国人らしき人が通り過ぎたら
手をあげて人差し指で“1”を表す。
まるで「1ドルでどうや!?」
と言わんばかりに。
何で直立して迎え入れようとしないのか?
そんな態度の人は怖くて頼めないよ。
しかもそのオッサンたちの顔は
みんな日焼けして似ている。
絶対バイクには乗せてもらわないように。
——
見事してやられた!!
吹っ掛けられた!!
車タクシーだと思って
メーターも作動しているから
安心していたのに…
気を離したスキにメーターに細工しやがった。
いつもの距離でしたから金額は7万ドンくらい
と覚えていました。
でも到着した時にメーターを見たら
24万ドンになっていた。
僕はドライバーの後ろに座っていて
そこからドライバーの背中の座席を叩いて
「細工したやろー」と日本語で叫びました。
相手は「ノー」と答えるばかり。
怒りの顔で叫んだのですが
らちが明きません。
警察を読んでもベトナム語が分からないし、
ベトナム人はベトナム人の味方。
負ける!!
さんざんドツいたところで
20万ドン払って逃げた。
「チキショウー」
皆さんは絶対に気をつけてー。
ベトナム人のタクシーの奴らの
外国人だとボル悪習慣を正していこう。
日本人はナメられるな!!
ボラレてもタダでは済まさない。
「お金を払えばいいんやろ!!!」と大声で叫んで
車やバイクを蹴っとばして逃げよう。
壊したれ!!
あーこんなこと何とかならないものでしょうか?
—–
ベトナムのバイクのナンバープレートの
左上“50番代”はホーチミン市のナンバーらしい。
よってそれ以外は地方から来たバイクだとみなす。
そんな地方から来たベトナム人は
地理が分かっていないので
運転が乱暴なところがある。
バイクを運転する人は気をつけて下さい。

12月 132014
 

送迎タクシーかネットビジネスですね。
低資本でできるから。
車1台かパソコン1台を用意すればいい。
ネットビジネスのアイデアは
僕には見当が付きませんが、
送迎タクシーでしたら、
需要があると思います。
タクシーの運転手は99%
男ばかり。
女性客にはそれに不満があるはずです。
目的地を言っても返事がないとか、
グチばかり聞かされるとか…
そこで女性ドライバーが登場するのです。
でもタクシー業界も競争の嵐。
だからタクシービジネスはいけない。
近所の子供さんの学校や塾の送り迎えや、
病院通院のおばあさんなどの送り迎えをする。
昨今は物騒な世の中ですので、
子供を心配する親はいると思います。
高齢化社会にも対応している商売ではないかな。
どうです、気楽に起業してみれば!?