4月 152017
 

※2012年12月の記事です。

フォルクスワーゲンのTiguanという車。

マンションのローンも20年以上残っていると聞く。
大丈夫なのか心配。

37歳で恋人もいる。
結婚はまだ。
結婚式やハネムーンにもお金がかかるというのに。
「スペイン人は、借金してでも欲しいものを手に入れたいアメリカ人に似ているね」
それともアメリカ人がスペイン人をマネたのかな。

どちらにせよ
貯蓄大好き日本人もそうなるような気がしてなりません。
「借金してでも買う、手に入れる」という。
アイフルの株価が今上がっているのもその兆候かもしれませんね。

それにしても車はやはりどこの国でも欲しがる人が多いですね。
『車に乗ることが楽しい』という部分が大きいのでしょう。
欧州でも観光ビジネスに光が当たりそうです。

【後記】

セザール(シーザーのスペイン語読み)は
2016年に結婚しています。
子供はまだみたいですが。

2012年の頃
私は消費者金融でお金を借りるなんてないと思っていたが、
2017年の今、大いに利用しています。
アコムという三菱UFJ系のところから。
今後も利用するでしょう。
なぜならお金を使わないと自己成長できないから。

6月 072015
 

※これは2012年8月の記事です。

スペイン首都マドリードのメル友から実際にメールで聞いたことです。

彼が言うにはスペインは経済危機だと言われているが、
「周りの人は車もスマホも持って快適に暮らしているよ」と。

彼自身も狭いマンションの30年ローンを組んで住んでいる。

「借金経営でも普通に営業できている会社」みたいなものかな。

借金よりも「購買力低下」の方が経済にはマイナスかもしれませんね。

5月 042015
 

この『サイト』です。

おしゃれにリニューアルされていますね。
日系企業は進出していないみたいです。
マクドナルド、ケンタッキー、スターバックス
何だか世界は、単一文化の方向に向かっていますよね。
それってつまらない?
伝統的なものが脚光を浴びる日も来ることでしょう。

5月 022015
 

首都マドリッドの水道水を供給している会社はここです。
水道管のパイプも新しいのに取り換えたそうです。
ただバルセロナなどの地方はまだしていないそうです。

スペインのマドリッドのメル友が言うには
「水道水は100%安心」らしい。

環境は年々悪くなっているのに100%はありえません。
せめて家庭用浄水器を付けて頂きたいです。
(僕が彼のためにトレビーノを送ったのですが、使うことに抵抗があるようです)
(僕は使っています。いいものだから)