4月 142015
 

(以下記事)

大津・中2自殺、またも生徒に口止めか

去年10月、滋賀県大津市で当時中学2年の男子生徒が自宅マンションから飛び降り、
自殺しました。

「蜂の死骸を食べさせられかけてて」
「男子生徒3、4人に囲まれて、トイレの隅っこで殴られたり蹴られたり、悪口を言われていた」
(同じ中学の生徒)

生徒の両親は真相の究明を求め、大津市などに損害賠償を求める裁判を起こしています。
生徒の自殺後、大津市の教育委員会は全校生徒を対象にアンケート調査を実施。
そこには「自殺の練習をさせられていた」という、いじめと自殺の関係に深く関わる回答が16人もの生徒から寄せられていました。
しかし、市教委は加害生徒に直接確認することもなく、この事実を公表しませんでした。

「調査をした結果、確認できたことは公表した。今回の分については事実だったと確認できていない」
(大津市教育委員会・澤村憲次教育長、今月4日)

そして、自殺との因果関係は分からないと結論づけました。
学校や教育委員会は、いじめの調査結果を一部しか公表していませんでしたが、
不誠実な対応は、それだけにとどまりませんでした。

「(学校は)事件当日から『誰かに聞かれても無視しとけ』」
「このこと(自殺の件)は、あまりしゃべらないようにとか。口止めみたいな」
(同じ中学の生徒)

男子生徒の自殺後、学校は在校生に対し、生徒個人やいじめについて口外しないよう、口止めしていました。
大津市の越直美市長も、この口止めを認めています。

「昨年、この事件があったとき、『いろいろ聞かれても無理に話す必要はない』と言ったことは聞いた。新しく何か(口止めについて)言ったという事実はなかったと聞いている」
(大津市・越直美市長)

しかし、6日。
「きょう(校内)放送あった。全校集めた(校内)放送で、『変なことしゃべるなよ』って」
(同じ中学の生徒)

市教委は、「不確かなことを話さないように指導しているもので問題はない」としていますが・・・
「かん口令というのは、情報をコントロールする手法。生徒の証言をコントロールすることになる。事実解明に消極的に作用することを危惧する」
(原告の弁護人・石川賢治弁護士)

男子生徒の死亡からまもなく9か月。
越市長は、教育委員会による調査が不十分だったことを認め、再調査に乗り出すことを決めました。

<2012年7月7日16:42>

4月 142015
 

オークションで「やらせ入札」や「やらせ評価」も存在する。
これも摘発は難しい。

「食べログ」では信頼できる方のレビューを参考にして来店してほしい。

2012年1月の記事になります。

(以下記事)

月間10万円…やらせ業者が「食べログ」ランキング操作

一般の利用客による採点システムが看板の人気飲食店ランキングサイト「食べログ」で、
飲食店側から金で順位上昇を請け負った
「やらせ業者」によってランキングが操作されている事例があることが4日、分かった。
実際に食べた人の感想がわかる“口コミ”ランキングは、
同サイトが店選びの指標として掲げてきた大黒柱。
信頼性を揺るがす事態に、食べログ側も、
やらせ業者に対して法的措置を検討している。

食べログに現在登録されている飲食店は全国約67万店。
昨年11月の月間利用者数は前年同月と比べ約4割増の3201万人にのぼり、
業界首位に成長した。
影響力は大きく、ランク一つで“繁盛店”になる場合もある。

やらせ業者は、店舗を個別に訪問して勧誘。
運営会社のカカクコム(東京)に把握されないように、
好意的な口コミを投稿するほか、ページへのアクセス増加などで、
人気店であるかのように見せかけるという。

実際に業者の訪問を受けた東京都内の店舗は、
IT関連企業の営業マンを名乗る背広姿の若い男性に
「食べログの点数を上げる裏技のご提案です。食べログからは非公認のサービスとなります」と切り出された。

男性はさらに、店舗側の意向を反映したやらせ「口コミ」を毎月5件ずつ投稿すると持ちかけた。
報酬は月間約10万円。
男性は「依頼を受けた店舗の点数を確実に上げる」と強調した。

食べログでは本来、サイトに登録した一般利用者が実際に足を運んだ飲食店を5点満点で採点。その点数を独自の方法で集計した数値が「店の点数」として明記され、サイトの閲覧者が店選びの参考として利用する。ただ登録さえすれば誰でも投稿できるため、業者に悪用されたとみられる。

カカクコムは現時点でやらせ業者39社を特定。
サイト内の監視を強めるなど、対策強化に乗り出した。

最近になって、サイト内の運営ポリシーのコーナーに
「不正業者が存在することを確認しております」と掲載。
ただ検索結果など閲覧者の目に付きやすい場所では、
やらせ業者への注意喚起を行っていない。

カカクコムの田中実社長は
「不正業者の業務停止を求めて提訴するなど断固とした措置をとりたい」としているが、
サイトの影響力が続く限り、波紋は広がりそうだ。

▽食べログ 05年3月にサービス開始。
料理のジャンルや地域などのキーワードで検索すると、
「点数順」「人気順」「最近の注目順」で店舗のランキングを紹介する。
口コミの採点は、「料理・味」「サービス」「雰囲気」「CP(コストパフォーマンス)」「酒・ドリンク」の5項目で評価される。

▼元検事の落合洋司弁護士
食べログは飲食店の利用者が感想を書き込むことで成り立ち、
店に対する評価の信頼性が維持されている。
いわゆるサクラが対価を受け取り、
店にも行かずにその評価を組織的に上げるビジネスモデルなのであれば、
データの信頼性を損なわせるため、
運営会社に対する偽計業務妨害罪に問われる可能性がある。
(以上)

4月 132015
 

だまされたということは、だました人がいるという証拠。
それはつまり「犯罪が成立した」ということ。

もしあなたがだまされなかったら、
だまそうとした人は犯罪を犯さずにすんだ。
あなたは「犯罪を阻止した」という立派な行ないができたのです。

だまされてはいけません。

だまされないように知恵をつけて下さい。

犯罪を助長させないように1人1人が気をつけましょう。

4月 132015
 

歎異抄にこうある。

「わがこころのよくて、ころさぬにはあらず。
また害せじとおもうとも、百人千人をころすこともあるべし」と。

これは『自分の中にどうしようもない“邪悪”がある』
という認識を持つことの大切さを教えていると思う。

獰猛な悪魔が心の中で眠っている時は、
自分は善人ぶって生きてこられる。
悪人を冷笑しながら。

が、それがひとたび眠りから覚めれば、
悪の自覚もなしに犯罪に手を染めてしまう。
そして気付く。
俺は何という愚かな人間だったことかと。

「どうしたら人間は強く善く生きれるのだろうか?」

『悪という弱さを認めるところから、善は出発するのです』

“自分の中の悪意・弱さ・偽善”

僕たち毎日が内省の連続ですよね。

「罪を憎んで人を憎まず」

昔の日本人はこれが分かっていたのかもしれません。
すべてに感謝です。

後記:2015年現在、小室哲哉さんは音楽活動をガンガンしてます。

4月 132015
 

(注:2011年8月の記事です)

暴動の理由は“経済格差”による若者たちの鬱憤晴らし。

「仕事も金もない。何も失うものがない。略奪してやれ!! ザマ見やがれ!!」

経済格差が著しくなった日本で
僕のような20代30代の若者にもこうした感情はあるだろう。
ただイギリス人と違って大規模ではない。
そんな度胸やパワーはない。
あっても秋葉原殺傷事件などの一握りの人のみ。
(暴動を起こすパワーをもっと社会のために使って頂ければうれしいが、彼らにはその方法が分からないと思う)

イギリスで起きたということはフランスやドイツでも起こっていい。
もちろん日本、韓国、中国でも。
(中国ではもう起きているかもしれないね。政府が隠ぺい工作して分からないだけで)

先進国の経済の“ひずみ”は想像以上に大きい。

若者たちにチャンスが与えられる社会を築いていくことが、
大人の役目の1つだということが分かった。

『国の将来を担う若者に平等なチャンスを与えること』

皆様にも自分のできる範疇でお願いします。
僕も頑張ってますので。

4月 122015
 

街灯消え ひったくり急増 震災で計画停電・節電…暗がり悪用
【産経新聞 5月19日(木)7時55分配信】

東日本大震災直後、東京都内で空き巣が減少する一方、ひったくり事件が急増し2カ月で約330件に上っていることが18日、警視庁捜査3課の調べで分かった。計画停電や節電の影響で、街灯が消えて暗がりが増えていることを悪用したとみられるケースもある。被災者支援の募金箱を盗むなど震災に乗じた悪質な犯罪は後を絶たず、同課は取り締まりを強化している。

同課によると、ひったくりの発生件数は震災が発生した3月11日~4月10日の1カ月で約180件。震災前の2月12日~3月10日の約130件と比べると約50件増えた。その後の1カ月(4月11日~5月10日)は取り締まり強化などで約150件と前月比2割減となったが、依然として震災前を上回っていた。

夜間の犯行が多く、バイクや自転車で路上を歩く高齢者から追い抜きざまにバッグなどを奪う手口が目立つ。主に足立、世田谷、江戸川区で多発し、連続ひったくりも発生。足立区では3月17日午後9時20分ごろと約10分後の2回、通行人が2人乗りバイクにバッグを奪われた。

食料や水の買いだめなどで現金を多く持ち歩くケースが増えていたことから、10万円以上の高額被害が際立っている。

コンビニやレストランに被災者支援のため置かれた募金箱が盗まれる事件も各地で後を絶たない。都内だけでも4月20日までに約20件(被害総額約18万円)が確認されている。

ただ、阪神大震災の際には東京でひったくり事件の増加は確認されておらず、立正大学の小宮信夫教授(犯罪社会学)は「不景気などの社会不安に震災という要素が加わり犯罪が増えていると考えられる」と分析している。

一方、同じ窃盗でも空き巣などの侵入盗は減少傾向。震災後の外出自粛ムードなどで留守宅が減った上、地震や東京電力福島第1原発事故で外国人窃盗グループなどが相次いで帰国している影響もあるとみられる。

同課によると、千葉県などで空き巣を繰り返したとして4月に窃盗容疑で逮捕された中国籍の男は「帰国しようとしたが出国する外国人らで混雑し、航空運賃も高騰していたため帰れなかった」と供述したという。

———

軽犯罪だからと思って気安く考えてはいけない。
それは確実にエスカレートするから。

この文を読むと中国人を悪玉に仕立てようとしているが、
日本人だっているだろう。(というか99%が日本人)
これも公然侮辱罪という立派な犯罪だ。

先日大阪に住む僕も自転車を盗まれた。
玄関前だからと思ってカギをし忘れたのが不覚。
今は新品の折りたたみ自転車に乗ってカギは2重にしてます。

「それにしても日本人がおかしいぞ」

人の心に住む悪魔に理性で打ち克つことに集中しなさい。
悪に身をゆだねず“善の光”で暗がりを照らしなさい。
(蛍光灯の光よりも楽しいよ)

『この国難を前にして、日本人よ、愛国心に目覚めよ!!!』

(注:2011年5月の記事です)

4月 112015
 

売春買春、DV・暴力事件、万引き・窃盗などの犯罪、交通事故が多発する時は
人の心の理性が働いていない時だ。
現在の日本はまさにそれが当てはまる。

《神はそれを嘆き哀しんで我らに天災を下す。慈悲という名の罰を》

自分の心と冷静に向き合って
真正面から己の魂に問いかけてみる。
「私の幸せとは何だろう?」と。

『不必要な人間などどこにもいない』

あなたはあなたを大切にしてほしい。

4月 112015
 

シャーリーズ・セロンとはアメリカのハリウッド女優だ。
『モンスター』という映画でアカデミー主演女優賞を獲得したらしい。
(私は観ていない)

Wikiによると
彼女が15歳の時、
以前から続いていたアルコール依存症の父の暴力を受け、
これは殺されると判断した母が父(夫)を射殺するという事件が起こる。
裁判では正当防衛が認められ無罪。
その後この母は父(夫)の経営していた会社を5年で立て直す。

なるほど、悲劇の母娘のストーリーなら観客はこの二人に味方する。

だが私は強く言う。

「殺人はどんな理由があろうとも罪なのだ」
「たとえ誰が見ても殺されて当然のような人間であろうとも」

私はこの母に刑罰を与えなければいけないと提案しているのでは断じてない。
罰するのは私ではなく神だから。

ここで言いたいのは

「どんなバカな男だろうとあなたが自分で選んで結婚した男だよ」
(最初から暴力飲んだくれ男なら結婚なんてしないわな)

「なぜ夫がアルコールにはまってしまったのか?」
(孤独感からくるものだと思う)

「なぜ夫は暴力男に変貌してしまったのか?」
(シャーリーズが幼い頃はやさしいパパだったそうだ)

「どうして身近にいるはずの妻が夫を気遣ってやらなかった?」
「一番の理解者であるはずの妻がまるで他人を見るような目で…」
(もはや愛など欠片もなくなったのであれば離婚すればいいじゃないか)

これは私の推測に過ぎないことだが、
この夫は異国の地である南アフリカで会社を経営していた。
慣れない地でさぞかし苦難があったことだろう。
経営なんて運不運に左右されることもある。
酒でも飲んで憂さ晴らしでもしたくなる。
だが飲み過ぎた。
男が本能的に持つ獣性に火がついたのだろう。

この男は本来家族を守らなければならない責務があるにも関わらず、
逆に家族に不幸を与えてしまったどうしようもない落第夫(父)だ。
(経営者の器ではなかったということ)

それでもそんな男でも妻は夫を支え理解し再生させなくてはいけないんだよ。
自分には無理だと思うなら離婚だってしたっていいんだから。
それを殺して済ませるとは何という横暴だろう。

「気に入らぬものは削除してしまえ」(メールじゃないんだから)

同情の余地は大いにあるが
「傲慢不遜もいい加減にしろ!!」
ほんとに反省してほしい。
(まあ後悔の心が過ぎることがあると思うが)

シャーリーズよ、
あなたが母の殺人を肯定し、父の行ないの当然の罰だと思い続けるならば、
あなたに女の幸せは来ない。
愛する男性から愛されるという幸せは。
女優だけで生きていけばいい。
それも立派な人生だろう。

なあ、父を許してやれ、魂の平安を祈ってやれよ。
あんな弱い男でもあなたの実の父親だった人なのだから。

後記:夫はお酒(現実)に負けた弱い男です。
自分から逃避する手段としてお酒を…
周囲の人たちも何とかすることができなかったのだろうか。

自分の弱さをどうやって認識し強さへと変換させることができるか?

「素直になること」だと信じます。

4月 102015
 

体型がいい白人・黒人が殴れば
細いベトナム人は簡単に死ぬよ。
ベトナムと外国との摩擦問題にならなければいいが。

アレクサンダー氏の気持ち、よく分かる。
急いでいたかもしれないしね。
でも手加減しないとマズイでしょう。

言葉の分からない海外へ行く時は気をつけよう。

—–
外国人、タクシー運転手を殴って死亡させる
<2010/05/03 08:21 JST配信>

ホーチミン市タンビン区警察は4月28日、タクシー運転手を殴って死亡させた疑いでオーストラリア人のロルフ・ダレル・アレクサンダー容疑者(68歳・男)を逮捕した。

アレクサンダー容疑者は4月28日夜、タンソンニャット空港から同市タンビン区のホテルに行くため、サイゴンツーリストタクシーの運転手Hさん(41歳)に20万ドン(約1000円)を支払うことで合意しHさんのタクシーに乗車した。同容疑者の供述によると、Hさんがホテルの場所を知らない様子だったため車から降ろすよう要求、Hさんがタンビン区ホアンバントゥ通りで道を聞くために停車した際、10万ドン(約500円)を渡して降車したという。

ところがHさんはこれに納得せず、アレクサンダー容疑者を押しとどめようとして争いになった。この際同容疑者がHさんの顔面にパンチを浴びせたところ、Hさんは道路に倒れて意識を失ってしまった。Hさんは病院に救急搬送されたが、まもなく死亡した。
——–

4月 102015
 

仕事でうまくいかない夫が家で妻に奴当たる。
妻が子供に奴当たる。
その子供が学校でいじめをする。
いじめられっ子がさらに弱い者をいじめる。
負の連鎖は止まらない。
やがては国家滅亡へと…

配偶者暴力、過去最多=5年前の2倍に
ストーカーも最多更新・警察庁
(3月18日10時14分配信 時事通信)

2009年に全国の警察が認知した配偶者などからの暴力(DV)は前年比11.7%増の2万8158件で、統計を取り始めた01年以降の最多だったことが18日、警察庁のまとめで分かった。6年連続で増加し、5年前の倍近くとなった。
接近や電話の禁止といったDV防止法に基づく裁判所の保護命令に違反した事件の摘発は21.1%増の92件で過去最多。殺人や暴行などほかの法令での摘発も0.5%増の1658件となり、統計を始めた03年以降の最多だった。
警察が近年、被害が深刻化する前の積極的な取り締まりに力を入れている影響で、加害者への指導・警告が7.7%増の5753件、暴行容疑での摘発は9.5%増の552件と大幅に増えた。
被害者の98%は女性で、全体の79%を20代~40代が占めた。被害者と加害者の関係は夫婦が72%で、離婚後と内縁関係が13%ずつだった。
一方、しつこい付きまといや無言電話などストーカー行為の認知件数は1.1%増の1万4823件だった。4年連続の増加で、ストーカー規制法が施行された00年以降の最多となった。
——-