4月 152017
 

日本語の構造から起因しているのかもしれません。

日本語は主語が始めで、述語が最後。
英語や中国語は主語が最初で、動詞がその次に置かれる。

主語と述語が離れている日本語は、
その中間の文が長ければ長いほど主語がおぼろげになってしまう。

逆に英語は主語と動詞が連続しているので分かりやすい。

「なぜ日本人は商品・サービスの価格を最初に言わないのか?」

僕はやはり日本人は「お金儲けは卑しい行為」だとする
通念があるからだと思います。

お金儲けが卑しいならば、
お金を使うことも給料をもらうことも卑しいことになる。

これは学校教育で正しく教えなければいけません。
しかし今の教育システムでは不可能でしょう。
成人してからやっとお金の正しい認識を学ぶようになっていく。

「お金を稼ぐことについて」

セミナーや塾が今年も続々開かれると思います。
皆さんも自己投資として
そうした催しに積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

本を読むことが一番安い自己投資ですけどね。

【後記】

お金よりも生き方の哲学の方が重要だと思います。
卑しい生き方は、卑しいお金儲けよりも醜い。
あなたには人様に胸を張れる生き方をして頂きたい。
私もがんばります。

12月 292016
 

十分なお金さえ差し出せば、
どんなモノやサービスでも手にすることができる。
自分ができないことを代わりに人がしてくれる魔法の道具=お金。
大変便利です。
お金という価値基準を社会秩序が是認してくれているので、
お金は私たちの社会にとってなくてはならないものです。

「貨幣制度は経済社会の核」

義務教育でもしっかり教える必要がありますね。
(お金のことをバカにしてはいけないのです)

貨幣経済(資本主義社会)が崩壊するとしての主な原因は2つある。

1、戦争や天変地異などによるパニックでもたらされるもの。
2、人間の欲望が小さくなり、全世界の人々が質素な生活(物々交換)を率先するようになること。

2番の可能性はゼロ。人間の欲望は果てしないので。
欲望=人間です。(言い過ぎじゃないよ)
1番は残念ですが、ゼロではない。
怖いですが、今の文明社会が滅亡するというのは夢物語ではないのです。
もしそうなった時、僕たちの人生の“本当”が試される時になるでしょう。
人は獣か聖かという。

貨幣経済がある限り、金儲けの営みを文明社会が是認する。

お金を悪く思ってはいけない。
お金そのものと、お金を使う人は別だから。

10月 162015
 

お金を稼ぐためには知識が必要だということ。
(知識には2種類あり、情報的知識体験的知識
(後者の方が重要)

その知識という部材を使ってビジネスモデルを構築する。
(土台となるのは人間性です。絶対に人を幸せにするんだという信念です)
その構想力は、上記2種類の知識を織り交ぜて生まれる。
あとは実行力。(検証も含む)
撤退も意識しながら思考錯誤して行動、また行動。

・情報的知識は、本を読むことで得られる。(ネットからでもいい)
・体験的知識は、痛い目(損金)にあうほど深まる。(トライ&エラー)

金持ちになった人が書いた本には、
必ずトラブルや苦難に襲われて苦労しているので、
本を読めば読むほど「金持ちも大変だ」ということに気づく。
だから高い情報商材や高額塾に入ってお金を稼ぐことができなくても、
仕方がないと思える。
「金持ちになるのも大変だ」というのが分かる(知識が得られる)から、
その分得したなと思ってね。

お金を稼ぎたいなら、金持ちの書いた本を読め!!
その苦労を知れ。
(それを苦労だと思っては成功できないよ、と斎藤一人さんは言うと思う)

小国日本に住む日本人がこれから世界で対等に渡り合っていくには、
「人間性(ハート)と頭脳力(ブレイン)」
これしかない。
人件費では勝てないもの、インドや中国に。

『読書』=稼げるキーワードです。

7月 122015
 

競馬もF1も維持費に莫大な資金が必要なことは、
考えれば誰にでも理解できるだろう。

その文化を今存続していられるのは、
お金持ち(稼いでいる企業)が資金を供給しているからに他ならない。

金持ちは文化を滅ぼさないように稼がなければならない。
金持ちはそのお金を惜しみなく使わなければならない。

金持ちの仕事は重大なのです。

5月 022015
 

例えばA子さんにフラれて
「A子だけがすべてじゃない」と言ったとする。
A子さんはどんな気持ちになるかな?
いい気持ちはしないよね。
むしろ傷つくかもしれませんよ。

お金の場合でもそうなのです。
お金が手に入らなかったといって
そんな言葉をお金に投げつけてもお金も逃げて行ってしまう。

「A子よりもステキな女性を見つけよう」
「お金よりも大切なものを見つけよう」

こんな考え方の持ち主ならさわやかな人生を送れると思いますよ。

4月 262015
 

お金の稼ぎ方を教えるのが本当の援助です。

世界には食べるのにも苦労する方がいっぱいいます。
その人たちに食事を分け与えるのもいいでしょう。
「腹が減っては戦はできぬ」ですし。
でも本当にその人のことを思ったら、
食べ物を得るにはどうすればよいのかを教えるのが
本当の愛情でしょう。

ODAと称して貧しい国に資金援助する。
でもそのお金はどこでどのように使われているのでしょうかね。
流しそうめんのように上流の人間が横領しているのではないかな。
ハリウッド女優であり慈善家でもあるアンジェリーナ・ジョリーは、
それが理由で怒って援助金を打ち切った
というニュースを聞いたことがある。

起業家に資金を投じることはお金を捨てた(与えた)と
思わなければいけませんが、
貧しい人への資金援助は、
教育に向けられた方がはるかに役に立つお金となると思います。

4月 212015
 

ビットコインという仮想通貨があるようです。

ビットコインとは?
インターネット上で流通している電子マネー。通貨の単位はBTC。紙幣・硬貨は発行されていないため、「仮想通貨」「デジタル通貨」などとも呼ばれる。流通を管理する事業主体や国家もなく、中央銀行のようなものも存在しない。米ドルや円など現実通貨との交換は、ウェブ上の「取引所」を通して行われるが、決済は金融機関を通さないため、諸経費や手数料などが発生しない。そのため、小口の売買やP2P(個人同士)の取り引き、とりわけ国境を越えた送金・決済に利用されている。
(フリー編集者の大迫秀樹氏による説明)

上記の説明によると
ドルや円とも交換できるようです。
超便利です。

日本では円を使うことが法律で義務付けられています。
(それを法貨と言うらしい)
海外の人からドルやユーロを受け取っても
円に変換しなくてはならず、
その時に為替手数料が発生して損だし計算が面倒ですね。

今私は楽天で買い物する時にポイントを利用してます。
これがバカにできないのです。
1ポイント1円で本当に値引きしてくれるのです。
ビットコインとは違い、楽天のポイントは現金とは交換できない。
ですがお金は使うためにあるのだと考える人にとっては、
通貨だろうが仮想通貨だろうがポイントだろうが、
消費できればそれでいいわけです。

というよりも紙幣や硬貨などの現金を持ち歩くこともなくなってきている。
クレジットカードや携帯支払いで済んでしまう。

僕としては紙幣や硬貨を作るのに資源が必要だし税金がかかるので
「仮想通貨バンザイ」です。

何とか仮想通貨を普及させられるように関係者は頑張って頂きたい。
とりあえずポイント制を導入している小売店は
サービスの拡充をお願いします。

後記:ビットコインは現在スムーズに浸透しているとは言えないようです。
ですが今後必ず普及すると思います。
便利だから。

4月 182015
 

お金という問題を抱えている人は多い。
(私も例外ではない)
というよりほぼすべての人間がお金に悩んでいる。
(高所得者でも値段を気にする人はすべて)

国会で問題とされていることも
元になっているのはお金にからむこと。

お金というのは非常に厄介な魔物ですね。

ここで断っておくがお金は悪ではないよ。
便利な道具です。
その道具に皆が神経をすり減らして生きている。
道具という手段なのにも関わらず、いつしか目的にすり替わってしまう。

「お金=ペテン師」

巧妙な催眠術師であるお金から我々は目が覚めることはできない。
たとえ金持ちになったとしても。

「カネ何てなんぼのもんじゃい!!」と力んだところで
現実はお金を要求してくる。
払えない自分にふがいなさ・負い目を感じる。

「やり切れないよな、まったく」

どうすれば皆がその呪縛から解放され、生き生きと生きられる世にできるのか?

『人生の目的・生きる意味』

これを理解しなくてはいけない。
これを乗り越えずしてお金の問題は解決できない。
未来永劫、過ちを繰り返しながらであろうと。

『共苦ですか?』

お金のことにもっと悩もうではないか。
いっしょに付き合うよ。

4月 162015
 

国を豊かにするのは納税(お金)ではありません。
国民一人一人の幸せが国を繁栄させるのです。

人の幸せは十人十色ですが、
すべての人に共通する幸せは「自分は愛されている」ということです。

愛されない人は、どんなにお金を持っていても不幸なのです。

国もまた同様です。
日本に住む人に愛国心がなければ国は衰退していくのです。
どんなに税収が高くても滅んでしまうのです。

要するに『愛』がなければ、すべてが不幸ということです。
高額納税を嫌って海外移住した人は、
日本にいたら税金を取られて不幸を味わうからそうしたのでしょう。
それは日本という国がその移住した人を幸せにしていないという証拠です。
ですが借金大国である日本では酷税は仕方がないのですから、
日本の税率に納得できない人は海外へ移住すればいいのです。
それがその人の幸せなのならば、温かい心で受け止めてやるべきでしょう。
愛があるならばできるはずです。
彼らには海外から日本を応援してもらえれば、
こちらとしてもうれしいではないですか。

時々「私は税金を払って国に尽くしている」と言う人を見かける。
払わなければ罰金が怖いので渋々納税しているのだと思う。
嘘をつくよりも嫌ならば節税に励んだ方がいいのに。
節税はお金の管理能力を高めます。

ところで政府にお金を正しく使う能力はありません。
もしあるならばなぜ国債があんなに膨張しているのか。

「お金を稼ぐよりもお金を使う方が難しい」

もし愛国心を示したいのならば
納税ではなく、隣人愛を実践してほしい。
あなたの周囲の人を幸せにしてほしい。
皆さん日本国民ですから。

4月 132015
 

チップとしてお金を渡すことや
その人が心底欲しがっている物をタダであげること。

顔の表情が急に“笑顔”に変わる。

それを見るとおもしろいね。

僕がウクライナのメル友(名前をニキータ)に
キャノンのkissというカメラ(デジカメよりも高いよ)をプレゼントしたら
こんなウェブサイトを作ったみたい。

http://fotki.yandex.ru/users/zemnik95/view/427698/?page=0

バシャバシャ撮って楽しんでる。
(ウクライナの美女がいいな)

この少年は僕にどんな将来を見せてくれるのだろうか?
それを想うと楽しいな。

お金を持ったら外車や美食もいいが、
投資という名目でお金をあげるのもいいものです。
モノでもいい。

何々、子供にあげるとわがままになるって?
だったら他人の子供にあげればいいの。
子供は本来わがままなもんだって。
(お年玉は奮発してね)

この不況を元気づけるために
今こそ余分なお金を使って人を喜ばせようではないか。

「お金はあの世に持って逝けないよ」

お金をギスギス使ったり、貯め込んだりせずに
気前よく使ってしまえばいい。

年金暮らしの方はどうするかって?
人様のために稼いだお金を使って来なかったんだから、
今度はあなたのために使われるお金はないんだよ。
仕方がないよ。
税金を納める前にね、
目の前に困っている人がいた時があっただろ?
なぜその人を助けなかったの?

「人助けに使ったお金は“必ず”また舞い戻ってくる」

神が定められた『因果応報の法則』は絶対なのです。

信じた人だけ幸せになれるよ。

後記:お金をあげてはいけない。
その人がダメになる。
代わりに知識・情報をあげろ。
その方が生涯に渡って役に立つ。