4月 152017
 

※これは2013年の記事です。

確かに10年前くらいに(2003年)

・自分のビジネスをしてみたいと思っていた。
(それ以前だったかもしれません)
・金持ちになりたいとは思ってなかった。
(だから今フリーターで低所得なんだ)
・女性の心を理解したいとも思っていた。
(結構分かるようになったよ)
・まともに働ける健康な体を作りたかった。
(これは20歳頃の時。その後改善はできたが、最近は無理できないようになった)

自分の10年後のために明確な目標を持ち、今を生きていく。

俺の今から10年後はどんなかな?
かわいい嫁さんがほしいけど…

自分を必要としてくれる人のために変化させていこうかと思ってます。

【後記】

今2017年ですが
2007年(30歳)の頃はビジネスの勉強をし出した時。
あの頃よりも今の方が断然
ビジネス思考が身に付きました。
次はビジネスを成功させたい(稼ぐ力を身につけたい)

4月 152017
 

経営だけでなく、他の悩みでも行き詰まっている人がいて、
私でも相談に乗れることがありそうです。

インターネットの力で日本中どこの誰とでもメール相談ができる。

「つなぐ」

失われた人間関係の『絆』を結びつけられる人・組織。

これは新しいビジネスキーワードになるでしょう。

ネットで知り合い、リアルで対面し、結ばれる。

コーディネーターとして「マッチングビジネス」も必要ですね。
(需要と供給をつなげて、仲介料を報酬として受け取るビジネス)

私という価値を必要としている人がいるはずです。
それを見つけるのは大変ですね。

4月 152017
 

金持ち、セレブパーティー、高級車、豪邸、シャンパン、豪勢な料理…

私とは違う世界の住人の理想です。
そんなの追うのは本来性からかけ離れている。

私の目がけたい世界って何だろうな。

『魂の交流』

喜びも悲しみもすべて共有し、
庶民と共に歩みたい。

『共苦』

私を苦しめるカルマから解放するために、
私が決別しなければいけない現世的享楽。

共に苦しみを甘受しなければ私は生まれてきた意味がない。

本当にできるのだろうか素手の俺に、民衆を導くことが。
不安だ。

だが私は力を尽くしあきらめない。最後まで。

【追記】

魂の法悦こそ人類の至福の喜び。
皆それを目がけて生きている。
私も例外ではない。

4月 152017
 

「俺の好きなことって何だろう?」と自問する。
これをしている時が満足で充実している。

「宗教・神学・スピリチュアル」だと
今時点で思うようになっている。

何かそれでお金が儲かればいいですが、まず無理ですね。
イエスも釈迦もお金儲けをしてないもの。
私もボランティアで頑張ります。

【後記】
これは2013年の記事ですが、
2017年の今はボランティアは嫌ですね。
お金もほしい。
でも人を困らせてまでお金はいらない。

「自分のビジネスと生き方のバランスよく」

私の成功はお金ではないということが分かっている。
この世界に何か1ミリでも良くできれば
私は後悔なく死ねます。
それが私の成功だと考えている。
それってキザですか?

4月 152017
 

私の関心は
「宗教という名の神学」(密教とも言えるかな)
に向けられていく。

これを少しずつ手探りで探求する。
霊魂、死後の世界、輪廻、カルマ、幽霊、霊能力者、
(まあオカルト関係ですね)などの本を読む。
(ほとんどが入門書や初心者向けの易しい本です)

そして己の心に絶えず問いかける。
「何で?」
「それほんとかな?」
「どうしてそれが分かる?」
「インチキだろ?」
「科学的根拠は?」

ある時気づく。
「俺自身がそういうことを考えたり興味を持っていること自体が、それは本当かもしれないという証拠ではないのか」と。

「我想う、ゆえに我在り」「我思案する、ゆえに我それを肯定する」てね。

素直になって公平な心でとらえようとする姿勢になってみること。

魂は死んでも無くならず、
死後の世界へ行って、
またこの世に生まれ変わる。(輪廻転生)
未熟な部分を鍛え直すために。(カルマの法則)

もしこの世に執着という未練を残すならば、
幽霊となってこの世を彷徨い続けることになる。
(早めに成仏してほしいと願う)
真の霊能力者と呼ばれる人はそれを探知できるそうだ。
(私は全く見えません)

UFOや宇宙人については私はあまり関心がなかったが、
超能力には関心があったのは縁でしょうか。
気功、テレキネシス、テレパシー、未来予知、読心術、退行催眠などに。

私は、人間とは動物であって動物ではないと思えるようになった。
人間は他とは違う。
何か得体の知れない不思議なパワーを持っている存在。
それを解放できないから、人は悩み苦しむのではないか。

私はそのパワーを『神』と呼んでいる。
(気功の気もパワーですが、ここでは『精神の内奥に住まう静謐な存在が働きかける力』とします)

いったん人間の内部には神という存在があると肯定し出すと、
私の悩みが次から次へと氷解していくのが分かる。
魂の不滅、輪廻転生、カルマの法則、イエスの教えもすんなり理解できる。

同時期的に読んだ
エドガー・ケイシー、サティア・サイババ、江原啓之などの本は、
理解への加速に大いに役に立った。

ただ「ひたすら否定する」という鎧兜は思考を鈍重にし、
肯定させようとする現象を取り逃がす。

否定からは神を見出せないのです。

絶対肯定の男イエス・キリストは正しかった。

4月 152017
 

「人はなぜ生まれ、苦しみ、病に伏し、老いさらばえて死ぬのか?」
「何のために人は生きるのか、どうして生きなければいけないのか?」
「苦しみもがきあえぐ。それだけの価値が本当に人生にはあるのだろうか?」
「どうして苦痛があるのか? 死が無であるならば、そりゃ悲しい過ぎるだろ?

などのクエスチョンを駱駝のように背負う。

私はずっと考えてきた。
いつからだろうか、もう忘れた。
どんなに考えても答えが分からない。
本にも書いていない。
過去の賢者たちも同様に
悩み苦しんで死んでいったのを知ることができたことくらい。
一部の神秘主義者を除いて。

「生きることの意味」

あの頃の俺は「迷える子羊」だった。
全く分からなくてニヒリズムの深淵をのぞいたこともあるかもしれません。
(そこは暗くて寒いところ)
近くに麻薬があれば確実に手を出していたよ。
(酒井法子さんの気持ち分かるぜ)
環境も大事ですね。

この大いなる真理が分からなければ人類の本当の幸福はない。

「人生の目的」

分からない、俺は無知で無能で無力で無気力だった。
いつしか他人との距離を取るようになった。

答えの分からぬ俺に何ができる?

人を救いたい。でも救えない。
口を閉ざし、心に殻を作り出して、苦悩した。
俺は人類がとてつもなく哀しかった。
こんな俺でもせめて低所得のフリーターとして
この世の痛みを共感することぐらいしか。

だが真理への追求は止めなかった。

あきらめた時が死ぬ時だと思っていたから。

30歳を過ぎた頃になると
私の中に変化が起こり始めるようになった。
「人生の意味」はもしかしたらこうなのかもしれないという思考の変化。

驚いてしまった。

もっと自分の心と葛藤し、一片の迷いのないものとしなければいけない。

「絶対の真理」

私の探求は加速度的に確信へと変わることになる。

12月 292016
 

10人の読者のために頑張って書きます。
何か書いてほしいことがあればメールを下さい。
誠心誠意で返信します。
これからもっと魅力的なコンテンツを提供できるように頑張ります。
応援よろしくお願いします。

山田直樹

【後記】
2016年現在は50くらいです。
http://love.nakynaky.com/

8月 232015
 

 

スピリチュアリストの江原啓之氏の
(確か上記の)本で書いたあったんですが、
(春山満氏の本にも同じようなことが書いてあった記憶がある…)

人間、自分よりも弱い存在に対して
すごく威張り散らして、
強い者にはヘエコラしてるの。
それは男女関係なく。
特に男だな(私の経験則から)

「弱き者を守ってこそ男なのに…」

現実は厳しいよね。
俺、時給のフリーターで働いているから
実感として分かるの。
俺よりできない正社員が威張ってるの。
アルバイトは下に見られているの、
道具として見られているの。
(実力で評価されているなら仕方がないが)

愛の布教は相当難しいですよ、江原さん!!
(私も宣教師の端くれです。力及ばずながらも)

この事実から導き出せる結論の一つは
「女性は障害者を産んではいけない」
(でも産んでみたいよね)
弱い者を守りたいという意志を持った男は少ないので。
寂しいですが、事実です。

というか、結婚はしない方がいいかもしれませんね。
(でも結婚したいよね)

もし私が正社員でずっと企業のレールに乗っていたら
どんな男になっていたのだろうな。
やっぱりアルバイトをコスト扱いしていたでしょうね。
(企業は営利集団だから)
だから今の自分の現状にも満足してます、
大きく学べたからね。
(おお、人生に無駄はない。それ正解)

『持つ者と持たざる者』という2層構造。

とかくこの世は生きにくい。
だからといって何もかも嫌になって
隠遁(世捨て人)してはいけませんよ。
“逃げ”だから。

世を変える最終兵器。
やっぱ愛か…

4月 172015
 

江原啓之さんはオーラや守護霊が視える。
斎藤一人さんは光の玉を視た。
美輪明宏さんは霊が視えると言っている。
木村藤子さんのことはよく知りませんが、美輪さんが本物と言っている。

私に関して言えば霊(スピリット)なるものは視えませんし、
今まで一度も視たことがありません。
股間の金の玉はたくさん見ています。(笑)

「そんな私がなぜ霊的真理の普及を願い、こうして皆様にお伝えしたいのか?」

『霊的真理の共有が世界平和の唯一の道』だからです。

霊的真理とは人生の目的です。
目的のない人生は悪の方向へと流れやすい。
現に世界では争い事が絶えません。(もちろん日本でも)
非常に悲しいことです。

この転換期の現世において
私がそれを使命とするのも偉大なるもののお導きかもしれませんね。

全国にいる「目覚めた人たち」の内の1人として
彼らと共に私も使命の中で生きていこうと思っています。

4月 152015
 

神が無いなら、神という言葉もない。

弱き者が神という“デタラメ”を作って自身を慰めた?

そのデタラメにすがりつく人々。

神がデタラメなら
それを作った人もデタラメ。
俺もデタラメ。

それなら俺は俺の中にデタラメを見つけようとする。

もっと深い深い深い心の奥に向かって。

何で俺は神を考えるんだ?
デタラメである神をそんなに真剣に探そうとするんだ?
デタラメとは嘘のことだぞ。

嘘を探す俺。
どこかバカバカしい。

逆に神の『本当』を探そうとする自分を発見する。

何でだろう?

癒されたいのだろうか。

今後も神様という言葉を思いっきり使わせて下さい。