4月 152017
 

人間はどうしても独りでは成長できない。
誰かの意見・忠告が自分をより良い方向へと導いてくれる。
(本という知識が一番の助言者)

他人の考えをインプットし実際行動して確かめる。
(アウトプットをしないと知識が智恵にならない)

「なぜ人は人の意見を聞かないのか・聞こうとしないのか・聞きたくないのか?」

『自己防衛・保存の法則』でしょう。

「今のままでこうして生きてこられたのだから、このままでいいやん」
「今更俺に新しい挑戦をさせて失敗したらどうする!? もめ事はゴメンだよ」

人間の細胞って毎日少しずつ新陳代謝している。
自分が変わりたくないと思っても
人間1秒1秒ごとに老化していくし、
社会や環境の方も変わっていくのです。
(人間の愚かさは相変わらず変わらないが)

「思考停止」では誰も幸福になれない。
(自分ですら幸せにできない者がどうして人を幸せにできる?)

『神は常に向上を目指す存在』

小なる神である我々も日々向上です。
皆さん、今日という日は昨日の自分への挑戦ですよ。

4月 152017
 

「人はなぜ生まれ、苦しみ、病に伏し、老いさらばえて死ぬのか?」
「何のために人は生きるのか、どうして生きなければいけないのか?」
「苦しみもがきあえぐ。それだけの価値が本当に人生にはあるのだろうか?」
「どうして苦痛があるのか? 死が無であるならば、そりゃ悲しい過ぎるだろ?

などのクエスチョンを駱駝のように背負う。

私はずっと考えてきた。
いつからだろうか、もう忘れた。
どんなに考えても答えが分からない。
本にも書いていない。
過去の賢者たちも同様に
悩み苦しんで死んでいったのを知ることができたことくらい。
一部の神秘主義者を除いて。

「生きることの意味」

あの頃の俺は「迷える子羊」だった。
全く分からなくてニヒリズムの深淵をのぞいたこともあるかもしれません。
(そこは暗くて寒いところ)
近くに麻薬があれば確実に手を出していたよ。
(酒井法子さんの気持ち分かるぜ)
環境も大事ですね。

この大いなる真理が分からなければ人類の本当の幸福はない。

「人生の目的」

分からない、俺は無知で無能で無力で無気力だった。
いつしか他人との距離を取るようになった。

答えの分からぬ俺に何ができる?

人を救いたい。でも救えない。
口を閉ざし、心に殻を作り出して、苦悩した。
俺は人類がとてつもなく哀しかった。
こんな俺でもせめて低所得のフリーターとして
この世の痛みを共感することぐらいしか。

だが真理への追求は止めなかった。

あきらめた時が死ぬ時だと思っていたから。

30歳を過ぎた頃になると
私の中に変化が起こり始めるようになった。
「人生の意味」はもしかしたらこうなのかもしれないという思考の変化。

驚いてしまった。

もっと自分の心と葛藤し、一片の迷いのないものとしなければいけない。

「絶対の真理」

私の探求は加速度的に確信へと変わることになる。

4月 152017
 

※2013年1月の記事です。

ダウンロードの方が早くて安くて便利。

なぜHMVはダウンロード事業にシフトしていけなかったのか?

いち早く時代に適応できなくなるという
『大企業病』が原因だと思う。
つまり変化に対応するだけの柔軟な思考ができなくなるという。

なぜ人は変化を嫌うようになるのか?

「変化には痛みが伴うもの」だと理解しているからだと思う。

古きから新しき自分へと脱皮する時、
やはり苦しい。
(成長痛というものが思春期にはある。長身のダルビッシュ投手はひどく悩んだそうです)
新しい命を生み出す時(分娩)は痛い。
(母親になった直後の女性の顔は以前とは全く別顔だそうだ)

「変化」

変化が要求されている現在。

硬直化し失われつつある人間性をもう一度復活させること。

『イエスの復活』

これが俺の使命だろうかと自問している。

4月 152017
 

男は1番にこだわる。
「1番ということで注目されていることにしか自分には価値がない」
と思っていることだろう。

確かに大衆の間では1番に注目が行くのは仕方が無い。
なぜなら自分の価値基準が曖昧なため。

「自分の基準=他人の評価の結果」

大衆とは女性に似ている。
女性は自分が嫌われたくないので他人の目をいつも気にする。
なぜ嫌われたくないのかと問われれば
「敵を作りたくない。私をもめ事に巻き込まないで!!」
だと答える。
おおよそはずしていない答えだと思う。

-1番にしか目を向けない大衆心理-

・俺だっていつか1番になってやる!!(負けん気)
・私は2番で甘んじるほど落ちぶれていませんよ!!(自負心)

『順位とは比較する人・ものがあってこそ成立する』

比較するのを止めた時、あなたはオンリーワンになれます。
管理人の私はオンリーワンで勝負していきたいと考えています。

【後記】
他人の評価が欲しければ
他人に感動を与え喜ばせることに全力になることです。

4月 152017
 

「人間って、変わらないんですよ。価値がなかった、っていう判断が理解できない。」

木坂健宣氏のTwitterからの抜粋です。

僕も以前「人は他人を変えられない。大江健三郎氏もそう言っている」
自分のブログに書いたことを覚えている。

自分で言っておいてやっていることと逆なら滑稽ですよね。

『他人を変えたければ自分をまず変える』

山は動かせない。
人間は銅像のように硬直していくもの。
若い時なら柔軟性もまだマシだが、高齢者では仕方がない。

【後記】
この記事を書いたのは2013年1月です。
その頃働いていた会社を変えようとした私の記事。
今は変えようとする気持ちはなくて、
アドバイス程度にしています。
変えようとするのは傲慢だと気づいたからです。

4月 152017
 

※注意:2012年12月の記事です。

紙媒体の本は無くなる。
(安くて早くて便利だから)
本は本屋で買うのではなく、
ネット購入でダウンロードするようになる。
(タワーレコード、HMVは虫の息)

すでに音楽は有料ダウンロードか
Youtube(無料だからおすすめ)で
視聴するようになっている。
今でもわざわざTSUTAYAに行って
CDを借りる人が一部でいますが、
高い料金ですし面倒くさいのでいなくなると思います。

誰でも考えたらすぐ分かることなのに、
当の経営者はその古椅子にしがみつくのです。

なぜなら『人は急には変われないからです』

過去に成功体験をした人ほど
その栄光が忘れられないのです。

だからこそ新規参入者がチャンスなのですが。
(若者よ、立ち上がれ!!)

「人を説得する、他人を変える」
なんて思わない方がいいかもしれませんが、
おせっかい焼きの私はこのブログで叫ぶのです。

ビジネス界にあっては、時代の流れを読んで行動しないと取り残されるって!!

本屋もレンタル屋も新しい発想が必要です。
今僕もそれを考えています。

12月 292016
 

斎藤一人さんも、北野哲正氏も、
微差の力は大差を生むと力説しています。
(北野社長のHP

テレビなどでも鳴り物入りで登場した人は
即消えていく傾向にある。
やはりコツコツと頑張っている人が最後に勝っている。

日々の小さな積み重ねをバカにせず、
目標に向かって1ミリづつでも歩んでいくこと。

私のビジネスにも念頭に入れています。

12月 292016
 

美輪明宏氏がギャル曽根さんの悩み相談という
テレビ番組を見たことがある。
ギャル曽根さんが
「どうすれば芸能界で生き残っていけるか」
というような悩みだったと思う。
美輪さんが懸命に順を追って話す。
最後に曽根さんは「それでどうすればいいの?」と。
聞いてない。

斎藤一人氏が10年連続で
納税長者番付1位を取って周りから言われる。
「どうして税金をそんなに払うのですか? 損ではないのですか?」
一人さんは
「いや、そのおかげで私の話を聞いてくれる人が増えるようになった」と。
(その後に本を出したらベストセラー)
(印税ガッポリでウハウハなので元が取れましたね)

美輪明宏さんや斎藤一人さんのようなビッグな方でも
話を聞かない人がたくさんいる。
俺が経営コンサルタントになっても
誰も俺なんかの話なんて聞かない。
当然。
だから経営コンサルタントでの儲けは考えていません。

「人の話が聞ける」って才能の一つです。

それくらいの余裕の心は持ってほしいものです。