4月 152017
 

元夫の大沢たかお氏と、
どんな理由で離婚したのかは分からないが想像はできる。

(推測)
結婚したはいいが、
いつまでも恋人同士のままのつもりで
わがままをしてしまった。
(歌手などで成功して天狗になっていた)

「私の魅力に惚れたんだから、たかおの負けだからね」
(呼び捨てで呼んでいたと思う)

時には自分でも思ってもいないようなことをつい口走ってしまい、
旦那の男としてのプライドを傷つけてしまった。
(当時は仕事も多忙で相手への気遣いができていなかったのもある)

「これくらいなら許してくれるよね?」
「私たち夫婦よね?」
「好きだから結婚したのよね?」

本当は彼女は大沢氏のことが大好きだったはずです。
「私なんかと結婚してくれてありがとう」って。

※この推測には自信があります。

男なら誰だって自分を立ててもらいたい。

「俺ってお前の家来なのかよ」
「仕事で監督にボロクソに言われてお前にも言われるのかよ」
「そんなに俺のこと尊敬できないなら他の男にしとけばよかったじゃないか」

このような素直になれない女性が日本のキャリアウーマンに多いです。
(例えば勝間和代さん)

「私は稼げる女です。男なんかにナメられてたまるもんですか!!」
(男性の方からプロポーズしてもらったじゃないか!! 自分では言えないでしょ!?)

『素直な心』でないと幸せになれないのです。

広瀬香美さんは2008年に再婚していたらしい。
今度は幸せになってほしいですね。

僕の高校時代に流行ってた彼女の代表曲(懐かしい)

私の好きな彼女のバラード曲
(クリスマスシーズンに聞いています)

4月 152017
 

結婚する前の二人は恋人であっても他人なのです。
だから遠慮という意識がある。

「恋人同士期間中でのお互いの心中は?」

●男性の場合
この女が結婚すべき女性なのか、
他にもっといい女はいないか思案し、
とりあえずこの女を手元において手なずけておいてやれというのが本心。
都合のいい女を男なら誰でもそばに置きたい)

●女性の場合は
どうしたら私にプロポーズしてくれるか、
飽きられ捨てられず他の女のところに行かれずすむのか、
化粧やおしゃれに気を使い、戦略を練っている。
迂闊なことを言ったりしたりしたら、逃げられる。
(私だけを見てほしいの!!)

『遠慮=自分の欲を抑える』

Q: 離婚を回避する方法とは?

A: 夫婦活動を維持する唯一の方法は『我欲の抑制』です。
(「結婚は片目をつむって」というではありませんか)

5月 042015
 

マコーレ・カルキンというアメリカの俳優なのですが、
彼のご両親は彼の稼いだ莫大なお金を巡って裁判争いをしたそうです。
麻薬にも手を出して逮捕という転落人生に堕ちてしまい、
今はどうなっていることか。

「お父さんとお母さんは僕のせいでケンカして別れちゃったのかな」

と自責の念にかられてしまうのです。
子供っていうのはそう思ってしまうのです。
「父と母が愛し合ったから僕が生まれてこれた。じゃあ何でケンカしてるの?」と考えるからです。

ここでも書きましたが、
父母の仲が良いことは子供への精神面での成長にとても大切なものです。

離婚率が高くなっている日本。
もしお子様がおられるなら、『子供が授かる』という意味を真剣に考えてほしい。
神様に『親になって子供を善きに導いてくれ』
というメッセージを託されているということを知ってもらいたい。

4月 262015
 

平林都というエレガントマナースクールの社長をテレビで見たことがある。
スパルタ式のマナー教育で、見ていて怖かったのを覚えている。
ただ彼女は最近離婚したと自らが告白している。

夫へのマナーは妻としては当然できていなければいけないのに、
自分ができないことを人に押し付けてしかもお金も得ているのは、
開いた口がふさがらない。
笑いを通り越して泣ける。

よく聞いておいてほしい、世の奥様方。
私が最高の接遇を教えます。

夫への最高の接遇は「いつだって夫を応援してやること」なのです。

それだけでいいのです。

おいしい料理も、おしゃれな洋服も必要ない。
支え応援してやればいいのです。
励ましてやればいいのです。

それが夫への接遇なのです。

このことは子育て教育にも当てはめて言えます。
子を持つ親さん方も覚えておいて下さいね。

4月 222015
 

「あんた浮気したら承知しないからね!!」
「結婚してほしいと頭下げたのはそっちよ!!」
「あんたは黙って働いて給料を稼いで来い、分かった!?」

完全に女の方が上に立とうとしている。

「お前みたいな女、俺がもらってやらんかったら寂しいお独り様なんだよ!!」
「誰がお前らを食わせてやってるんだ!?」
「俺がこんなになって働いているのは全部お前らのためなんだからな、分かれよ!!」
「俺が帰宅した時は風呂沸かせておけって、気が効かん奴だな!!」

弱い者に八つ当たりする男の横暴は目も当てられない。

こんな夫婦関係の日本人はさぞ多いことだろう。
恋人同士の時ならまだやり直しは効くが、
結婚して子供がいたらジ・エンドだな。

俺が夫婦とは何かを教える。

「子育てボランティアを共に行なう戦友」

江原啓之さんは血のつながった子供であろうと魂は違う。
その魂をタダで導き教えるのはボランティア活動に等しい。
まさに「魂のボランティア」だと言う。
この活動は男のみでも女のみでも不可能。
よって男女が共同・協同して行わなければ、
子の魂は迷子になり果て、悪意が世界を包む。

ボランティア精神のない根性なしのフニャチン・ビラマン野郎に
子供を産む資格はない。
よって結婚もするな。

現在冷めた隷属関係の夫婦生活が続いているなら、
別れなさい、その方がお互いのため。
本音・本気でお付き合いしなかったからそうなるのです。
結婚は騙すものだと思っている。
悲しいね。

4月 112015
 

A男とB子が夫婦だとする。
B子が妊娠しそろそろ出産間近だとする。
B子はB子の母親のいる実家に戻って安心して出産したいと夫に告げるとする。

「なぜA男の母親ではいけないのか?」
「なぜB子の母親をここへ呼ばないのか?」
「A男とB子の両方の血を受け継いでいる子供が産まれるのに関わらず、
どうしてA男とA男の家族は出産に関心がないのか?」

『こういったケースの夫婦は二人の間や、お互いの家族と完全に絆を築いていない証拠』

それぞれの家庭の中にある異なる文化で育った者同士が結婚する。
それは相当な軋轢があってしかるべきだろう。

その中にあって子供という存在は“中和”の働きをする。
《血がつながっている=親近感を抱ける》

【子はかすがい】(かすがいって知ってますよね?)

それは夫婦間のみならず家と家とについても言えることなのです。

4月 092015
 

経済評論家の勝間和代さんの略歴を見た。
90年に学生結婚して03年に離婚している。
13年の間に3女を儲けている。
04年に再婚し再チャレンジも空しく、
翌年にはスピード離婚してしまう。
どんな理由かは知らない。

女性が結婚して出産を機に仕事を辞める。
家事育児をこなしながら旦那の帰宅を待つ。
1年が過ぎ、2年が過ぎ、3年目くらいか。
何だか社会から取り残されたようで不安になる。
「このまま終わっちゃうのかな?」

「よし、私も働いて社会の役に立ちたい!!」
「いざという時にスキルがないと困るしね」
「お金を稼いで自立しておかないと自由にものも言えないわ」

『女性が家庭以外の場所で働くこと』

僕は反対ではない。
むしろ賛成だ。
大いに社会に進出してほしい。

だが世の旦那さんの意見はどうかな?
大多数が「反対」ではないだろうか。
なぜなら自立している女を思いのままにすることはできないから。
主導権を取りたい男は困るから。
能力が女より劣っていたら居場所がない。
家庭の中くらいは威張りたいんだよ、妻から尊敬されたいんだよ、男は。
妻が自分を立ててくれないからキャバクラへ、
つまらないからパチンコでも。
会社が楽しかったらギャンブルなんてしないって。

勝間さんのご主人がどんな男かは知らない。
もしかすると妻が会社で働き出してからというもの
「妻ではなく、ギスギスした男になり果ててしまった」
女房の変貌ぶりに嫌気がさしたのかもしれないね。
(離婚の理由を是非聞いてみたい)
俺だってそんな女は嫌だよ。
『男と結婚したい男はいない』って。

離婚の原因はさまざまあるかもしれないが、
結局、男が男をあきらめて、女が女を捨ててしまったことが原因だと思う。
未婚の方もここでもう一度考えてほしい。

今、結婚なんてしないで
お金儲けをしている方がおもしろいという女性が増えている。
結婚生活は旦那に気を使うし、子供も言うことを聞かないので面倒だしお金もかかる。
その背景には
「人よりお金の方が安心できる」ということだろうか。
さみしい世の中になったかもしれないね。

4月 092015
 

この不況で離婚率50%は軽く行くね。
(若い夫婦も合わせたら最低60%だろう)

リストラの恐怖で仕事はビクビク・オドオドし、
家に帰っても元気や覇気、返事すらない。
生活費となる給与も減る一方。
昔のがむしゃらに働いていた夫は今は見る影もない。
ついにはあきれた妻が三行半。

女はだんだんとオス化していく。
ヒゲやスネ毛が生えてくるだろ?
声は低くなり、閉経を迎える。

つまらない男とこれまで一緒だったことが
急に憤怒へと変わり、
離婚しなければ気がすまなくなる。

女も自分一人くらいは食っていける時代。
子供は巣立ったし、もう思い残すことはない。
「よし、離婚して晴れ晴れしよう!!」

でもね、最初の1年間は気楽で楽しいよ。
しかしその後だんだんと寂しくなるんだよ。
ペット動物ではつまらないし、
子供や遊び友達も毎日一緒にいてくれない。
働きに出てもしんどいしんどいの溜息ばっかり。
ヘマしたら上司にドヤされるかもしれないよ。
「こんなはずじゃなかった」
「こんなことなら、あんな男とでも一緒にいれば何かしてくれたかもしれないわね」
「病気でもしたら誰が私を看病してくれるのかな」

『年を取った女が離婚しても何もいいことはない』

もっと早く決断していれば、もっと変わった人生が待っていたかもしれないけど。
あまりに遅すぎたね。

そんなことに悩む女性がもしこれを読んだならば、
どうか直接謝って仲直りしなさい。(復縁)
もしくは同じように離婚された男性とお付き合いを始めなさい。

人間ってさびしがり屋な生き物だから、
どこかで誰かといつでも分かち合いたいものだよ。

『離婚はしないに越したことはない』

それでも「どうしても!!」というのならしなさいよ。
止めないから。

その男を選んだのは確かにあなた。
愚かなそんな自分を変えるために離婚するのもいい。
でもその前に愚かな者同士が余生を一緒になって反省し合うのもいいんじゃない?

4月 072015
 

(注:2009年4月の過去記事です)

持って2年かな。
なぜなら劇団ひとりが奥さんを尊敬していないから。
いや、若い女性すべてを尊敬していないね。
天狗になってるよ、完全に。
顔を見ていて分かった。
「女なんて所詮メスだよ」(穴と袋)
「あきたらポイすりゃいい」(シメシメ、離婚という言い訳で女を捨てられる)
「セックスの道具なんだから、黙って言うことを聞け」(俺は売れっ子)
「逆らったら離婚だぞ」(浮気なんて当たり前じゃ。“女は芸の肥やし”)
「芸人でよかったぁ。非難を受けても少しだけ」(陣内智則を見たら納得できるだろ?)
「次は誰をターゲットにするか今から品定め、ゲヘヘヘ」(次は若手女優か)

大沢あかねさんは野球の大沢監督のお孫さんらしい。
(野球はあまり詳しくないが)
あかねさんは母子家庭みたいだから、
監督(大沢親分)が男として忠告してやってくれ!!(俺の代わりにお願い!!!)
「あいつとは縁を切れ!!」
「早く別れてしまえ!!」
「俺が『本物の男』を見つけてやるから」って。
野球選手と付き合った方があかねさんにはお似合いだと思う。
お笑い芸人よりは『本物の男』がいっぱいいるからね。
監督!! これを読んだらお願いします。

ついでにジャガー横田夫妻も離婚するね。
夫を立てない妻は、妻として大事にされない。
だからジャガー横田さんに言っておく。
ご主人の木下さんは医者だぞ。しかも外科医。
男としてのプライドの塊みたいな人だから、
あんまりなめたマネするとマジギレして離婚されるぞ!!
女子プロレスラーが何だって言うんだ!?
あなたは女だよ。しかも1児の母。
かわいい女になりなッ!!
夫を立てる気立てのいい女になる!!
分かるか? 月経のたびに女を思い出せ。
今や闘いのリングは家庭になったんだよ。
もうプロレスのことは忘れて妻に、母に、かわいい女になる!!
それしかないぞ、離婚されたくなかったらな。
きついことを言って申し訳ないが、
イイ家庭を築けるといいね。

【私のコメント】
あかねさん、横田さんのファンではない。

言い忘れたが
管理人の私は二人のファンではない。
もちろん嫌いでもない。
一男性から見て思ったことを述べただけ。
離婚予言が外れることを期待したいが、
おそらく的中してしまうだろうな。
残念だけど。
あと劇団ひとりにも恨みはない。
見て思っただけだから、本心でないことを期待したい。
でも90%僕の考えが正しいだろう。
一人でも多くの女性に男の本心を知って頂きたい。
彼みたいな考え方の男はたくさんいるぞ。
武装しておけ。いいね!?

(以上)

後記:2015年現在 2組とも離婚していない。
強い絆で結ばれているのでしょう。
私の予想は外れました。
すいません。
これからも継続されることを願います。
(夫婦活動は恐ろしく難しい)

高橋ジョージさんと三船美佳さんが離婚した。

私は「芸能人同士の離婚はほぼ離婚する」と思っている。

なぜなら芸能人とは目立ちたがり屋だから。
それはワガママと同義語と言ってもいい。
しかも結婚前はお互い自分の本性を見せない。
だから結婚後に「こんな人だとは思わなかった」と言って
離婚を考え、決断してしまう。

簡単に結婚して、簡単に離婚する。

私は結婚という儀式は無くなっていくと思う。
つまり死ぬまで寄り添って人生を歩む配偶者は
消滅していくと。

1月 042015
 

“木村”というタレントさんは
過去に3回も離婚の経験がある。
僕は2人の結婚が発表された時、
これも離婚するのではないかと思った。

「3回も奥さんをもらっておいて
その内の一人でも幸せにしたか?」

こう思ったからだ。
こいつは女を“セックスの道具”としか見ておらん。
結婚をエサにして用済みになったからポイ!!
その証拠に今回の離婚があるでしょ。

「どうして男として女を幸せにできない!?」
「4人もの女をどうして捨てた!?」

こいつには天罰が下る。
人を犠牲にして自分の欲望を満足させると、
カルマの法則で必ず罰が落ちる。
今後が見物のです。
(僕の予想ではおそらく息が詰まるように
胸が苦しくなり、腰も悪くなる)

辺見えみりさんには申し訳ないが、
あなたは“やり逃げ”されたキズ物女です。
(ゴメン!! 現実をしっかり受け止めて!!)

どんなに「私は愛されていました」と叫んでも
僕らには捨てられたとしか映らない。
あなたはかわいいし、まだ若い。
やり直せるチャンスはいくらでもある!!
この離婚をきっかけに反省して
もう一度あせらずゆっくりと“男”を勉強しようね。
間違っても“木村”のことを未練がましく
いつまでも思ってはいけないよ。
こいつは下半身で考える獣。
忘れなさい。
いい男を探すことに全力を注ぎなさい。

プロスポーツ選手(だった)人がいいのではないかな。
あなたの幸せを祈っています。
日本の男として。

[私のコメント]

木村氏は2回の離婚経験で
今回は3回目らしい。
どっちでもいいけど
女性を幸せにできない男に変わりはない。
こいつはまた女をたぶらかして
結婚する気だぞ。
女たちも少しは男を見る目を養え!!
でも日本の女性は恋愛に勇気がないから
またエジキが現れると思う。
もっとしっかりせい!!
日本の女!!