12月 292016
 

美輪明宏氏がギャル曽根さんの悩み相談という
テレビ番組を見たことがある。
ギャル曽根さんが
「どうすれば芸能界で生き残っていけるか」
というような悩みだったと思う。
美輪さんが懸命に順を追って話す。
最後に曽根さんは「それでどうすればいいの?」と。
聞いてない。

斎藤一人氏が10年連続で
納税長者番付1位を取って周りから言われる。
「どうして税金をそんなに払うのですか? 損ではないのですか?」
一人さんは
「いや、そのおかげで私の話を聞いてくれる人が増えるようになった」と。
(その後に本を出したらベストセラー)
(印税ガッポリでウハウハなので元が取れましたね)

美輪明宏さんや斎藤一人さんのようなビッグな方でも
話を聞かない人がたくさんいる。
俺が経営コンサルタントになっても
誰も俺なんかの話なんて聞かない。
当然。
だから経営コンサルタントでの儲けは考えていません。

「人の話が聞ける」って才能の一つです。

それくらいの余裕の心は持ってほしいものです。

4月 162015
 

我々は死んだら無になるのではない。
無の代わりに魂(真我)になる。
魂はあの世へ往き、次の転生(地球人に生まれ変わる)に備える。

その時に転生条件を神(大霊)に熟慮される。

『どうすればこの魂は輪廻転生を早く卒業できるのか』という。

過去世において「魂はどんな経験をし、どんな感動を得たのか」

それが基盤となって来世での自分の立ち位置が決められる。
国・時代・環境・性別・身体的特徴・性格・身分・親・兄弟姉妹・嗜好・開花すべき才能・乗り越えるべき試練など。

これは今の努力(経験)によって
来世を何とでもできるということにならないか?

美輪明宏さんは
我々は魂の向上という階段を絶えず登っているのだが、
どれだけ転がり落ちても元には戻らないと言っている。
1ミリでも向上しているのだと言う。
(私の補足:だから人間は他の動物に生まれ変わることはない)
それは正しい。
なぜなら経験とは神への憧憬がさせるものだから。

※注意しなければいけないのは、
我々は来世の幸福のために生きているのではない。
解脱(輪廻からの卒業)のために生きているのです。

努力って全く無駄にならないから楽しくないか?

ところで努力には2つに大別される。

1:楽しいことを追及する努力=修行
2:嫌なことでも我慢する努力=苦行

私は日本で生まれ育ち日本人として生きている。
その立場から言わせてもらう。

日本人って我慢しすぎじゃないか?
嫌なことは嫌なんだと自分にもっと正直になってもいいのではないか?

すべての経験が無駄ではない。
ならば楽しい経験を得たいという努力も無駄ではない。

努力は楽しいのであるから、
努力は楽しいものであってほしい。

4月 072015
 

神のメッセンジャー(霊能力者)は
さまざまな災難に遭って、
一般人より過酷な苦難を味わう宿命を持つ。
なぜならばそうすることで
さまざまな人々の苦しみを理解できるようになるためだ。
「苦しみを理解する」とは、
魂で共感し、人類の魂が一つであることを悟るきっかけになるのだ。

この世に生まれ堕ちた時、
我々の魂すべては、肉体にからまり、もつれ合ってしまう。
魂はこの世の“物質界の法則”に釘付けにされるのだ。
霊能者である魂は一刻も早く、それから解放しなければならない。
苦難を通じて魂を揺さぶり、生まれてきた意味を覚醒させるのだ。
『霊的真理』を多くの人間に広めたい!! という意味を。

江原さんも美輪さんも苦労の多い人生を歩んできたと言われる。
その苦労に負けない魂の強さがあるからこそ、
『霊的真理』を広める宿命を受け入れることができたのだろう。
(凡人ならば魂が耐えきれず自殺してしまうのに)

でも歴史上最高の霊能力者であるイエス・キリストは、
どれくらいの苦難を経験して…あんな…

4月 072015
 

守護霊、地縛霊、天使、過去世、未来予知…
それが見えたり、分かったりしたら
この世の何が変わるの?

苦しみの世界には違いないよ。(釈迦も言っているでしょ?)
そんなことは100キロのバーベルを持ち上げることができると
同じ理屈だな。
持ち上げることができるのは、持ち上げられないよりはいい。
オーラが見えるのは、見えないよりは人にアドバイスができる分いい。
それだけだよ。

江原さんや美輪さんは見えるみたいだけど、
僕にしたらそんなの偉くも何ともないね。

一番すごいと感心するのは
「この世を懸命に生き、少しでも美しく魂を磨いている」こと・人。

僕にはオーラなんて見えません。
見たいとも思いません。
見たいものがあるとしたら、人が懸命に一心不乱に生きている姿くらい。
霊視なんて言って来る人間は端から信用しない。
(だって僕の内部に神様が宿っているもの)

スピリチュアル(今ちょっと過熱気味?ブームだから)
なんて言葉に現実逃避しないで
この人生を精一杯生きようよ。
どうやって生きていけばいいのかなんて
心に内在する偉大な神様が教えてくれるさ。
日々の言動を内省し、心の声に耳を傾ければ。
僕はそうしてるし、これからだって…
魂は神だからね。

4月 052015
 

wikiから
クーリッジ効果(Coolidge effect) とは、新しいメスの存在がオスの性衝動を活気付けること。
男性の浮気もこれで説明が可能だとする指摘がある

カルビン・クーリッジ大統領夫妻が農場を視察した際の以下の逸話に由来する。
最初に鶏小屋を訪れた夫人は、飼育係に質問した。
「この雄鶏は1日に何回くらい雌鶏に求愛するんですか?」
飼育係は「何十回もですよ」と答えた。
すると夫人は喜んで「その話を主人にもしてやってください」と言い残して出て行った。
その後、鶏小屋を訪れた大統領は、飼育係からその話を聞かされ
「では、その雄鶏はいつも同じ相手に求愛するんですか?」と質問した。
飼育係は「いいえ、毎回違う雌鶏です」と答えた。
すると大統領はにっこり笑ってこう言った。「じゃあ、その話を女房に伝えてもらえないか?」

なぜ女性が毎回服装を変えてくるのか、
ファッションにあれだけこだわるのか、

この逸話でお分かりになられたと思います。

『オスはより多くのメスに自分の種をばらまきたい』

これが男の欲望です。
本能です。
ですからどうしようもありません。

美輪明宏さんは

「浮気しない男なんて天然記念物(希少動物)みたいなものよ」と言い切っています。

女性の皆様には
女性力を向上してもらう方法でしか
男の浮気を止めることはできないと思います。

女性力に勝る魅力はどこにもありませんから。

それを身に付ける方法を
このブログで私が教えます。

12月 242014
 

テレビで霊的な助言を
僕らに披露していますが、
彼らだって人間に生まれたのだから
カルマを背負っている証拠。
カルマの内容が違うだけで
結局僕らと同じです。
もしそんなに彼らがエライのなら
悩んだり苦しんだりはしないよ。
だから聖人とは思ってはいけない。
特別視してはいけない。

でもね、教わる姿勢は持たなきゃいけないね。
僕たちはこの世に生まれた瞬間に
あの世のことをすべて忘れてしまう。
(忘れている方が都合がいい。
この世での体験から得られる感動が違うから)
だから思い出す作業が必要になる。
この世の意味を知っているか知らないかで
生き方の姿勢が変わる。

彼らのような“先輩”に聞いて
よりよく人生を生きることの
意味を考えるきっかけにしましょう。
彼らだってそれを望んでいるはずだから。

12月 242014
 

髪の毛が白いと
老けて弱々しそうに見えるでしょ。
逆に黒々とフサフサの髪の毛の人って
若くエネルギッシュに見える。
金髪も何だか白髪の老人のように
見える時があるから
僕は止めた方がいいと思う。

北欧の人は金髪が多いけど
あれは肌が白いから際立たない。
日本人も白い人がいるけど
やっぱり黄色が多い。
目も黒いしね。
もし金髪にしたいなら
肌を白くしてから。

美輪明宏さんも金髪だけど
色が白いの。なんでだろう?

「金色はお金の色で、
お金に困らないように
金髪にしてるの」

と本人は言っていますが、
まああの人は例外としても
日本人は黒々フサフサがいいと思う。

髪の毛が少ないオッサンはどうなるの?
奥さんに元気づけてもらいなさい。
少なくなる前に嫁さんをもらいなさい。

12月 082014
 

悪い人ではなさそうですね。
嘘ついて人をだます人とも思えません。
ましてや霊感で金儲けしようなどとてもとても。

美輪明宏さんもそうですが、
なんだか中性的ですよね。
男のような女のような。

彼は言う。
「人は霊体である」
「それは死んでも不滅」
「肉体は乗り物」
「この世は愛の修行場」
「人生はトレーニング」
もし死んだらそれで無だとしたら
この世に正義なんてないではないか、
みんな悪さばかりするではないか、と。

僕もこの世は仮の世で、
死んでも魂は無くならないと思う。
なぜ僕らはそのことに気づけないかというと
それを探求するのも
人生を豊かにするから。
世界を思う動機付けになるから。

前世や過去世についても
信じています。
なぜ僕らはそれを忘れてしまうのかというと
もし覚えていたら
大変だよ。
人を殺したとか、
中絶してしまったとか。
忘れてる方がいい。
僕も覚えていません。

これからも人生をより豊かにするため
もがいてあがいて生きていくのでしょうね。

後記:2008年2月20日の記事です。