4月 162017
 

<このサイトから引用>

南原社長が言うには

・取次と契約できれば、1人しかいない出版社でも全国で売ることができる
・書店の棚では、大手出版社と並んで置かれる
・購入する側は出版社を問わず手にとる
・車は一家に1、2台だが、本は何冊でも買う
・100冊の本を出す場合でも、社屋を100倍にする必要はない
・ネットで容易に宣伝できる時代が来た
・世界に出ることも視野に入れやすい

「儲かっている業界は、儲かる仕組みで成功しているので、改善点を見つけるのは難しい。それに対して、儲かっていない業界というのは、すでに現在の方法ではうまくいかないということが見えているわけです。ビジネスの仕組みのどこかに、改善の余地が必ずあります」

確かに改善の余地はあります。
皆さん本屋って本だけを売っていると思っている。
なぜDVDを売らないのか?
映画のDVDではなく、
知識が得られる動画DVDを売ればいい。
すでに音声CDつきの本もありますので奇抜なことではない。
それを音声CDでなく動画DVDにすればいいだけのことです。
動画でしたら分かりやすいし、
本を読む手助けにもなってくれる。
1冊あたりの単価をあげても買ってくれる人はいる。
DVDディスクの原価は安い。
(制作コストがかかると思いますが)
インターネットをあまりしない高齢者にも、
DVDプレーヤーに挿入するだけですので
手軽に操作できるでしょう。

『本は読まれないので、だから売れないです』
(それでも日本人は本を買って読む方だそうです)
(欧米では借りて読む。聞いた話ですが)

それならば本にDVDをつけて売るしかない。

出版社は考慮して頂ければうれしく思います。

4月 152017
 

ラーメン好きはウジャウジャいる。
(日本人男性でラーメンが嫌いな人っているの?)
(女性は炭水化物で太るから控えていると思います)

でも本が好きな人はそれほどいない。僕の周囲では。
寝食忘れて読書読書という人間は10万人に1人かな。

ラーメンの値段は文庫本とそれほど違わない。
(100円の古本ならカップラーメンくらい)

本は安くても売れない、読まれないもの。
(*近くの大阪府茨木市立中央図書館は比較的来館者が多いです)
(タダで暇つぶししたいと言ったところでしょう)

『読書は安価で手に入る頭脳への栄養補給』

頭脳でしか日本は生き残れない。

「小さな島国、小柄な体格」

日本人は頭と心で勝負するしかないのです!!

日本人総難民になる日も現実として十分起こり得る。

今こそ読書だよ、
上司部下の愚痴を言っている場合ではない!!
アホな教師の授業を聞いている場合でない!!
おいしいレストランを検索している場合でもない!!

読書、マンガでもいい、読書、暇な時間を作ってでも読書、
読書が日本を変えると信じています。

【後記】
電子書籍は便利です。
紙の本はかさばるので
電子書籍の方を好んで買ってます。
あなたも自身の電子図書館を持て!!

*今岐阜の実家に住んでいます。

12月 292016
 

【後記】
公営図書館の維持は厳しくなるだろう。
なぜなら財政が赤字で立ち行かなくなっている。
その証拠が消費税8%や
マイナンバー管理による脱税阻止。

子供の貧困率は上昇一途。
私は日本人の学力低下を懸念しています。

(以下は2012年12月の記事)

図書館はあと5年くらい持つと思うが、その先は暗い。
(町の本屋さんは3年以内に消える)

電子書籍の登場で出版業界は大きく変化を起される。

図書館で働く公務員は
そんな変化が自分にどう影響するか考えていないだろうね。
国に守られていると思って。

「図書館は必要なくなる」
これが僕の見解。
紙媒体の本が出版されなくなるから。

もう一つが
図書館に行って一人1台電子書籍端末を配布されて
好きな本を検索して読めるシステム。

そんなお金のかかることはできない、今の財政では。

『知の宝庫=図書館』

近未来にはどんな形態に変化するのか楽しみでもあり、
もし無くなってしまったら
貧乏人はどうやって知識を獲得するのか…怖いことでもあります。

皆さんのご意見を聞きたいです。

12月 292016
 

【後記】
今2016年だが本屋はもうダメですね。
電子書籍がかなり普及してきたし。

(2012年12月の記事です)

ただでさえ本は売れない。
みんな読まないから。
それに加えて電子書籍をネットで買うのがどんどん増えてくる。
安いし早いし手軽に持ち運べるし、すごく便利ですので。

本屋さんは今すぐビジネスの再考をしないと倒産します!!
確実に。
古本屋さんも同じだよ!!
BOOKOFFは店終いが相次ぐね。

「快適に電子書籍が読める空間と時間」
を売るというビジネスモデル。
カフェと併設された本屋があるそうです。
でも儲からないと思う。
(コーヒー1杯でいくら儲かるの?)

僕なら本屋さんを廃業して、他を探します。
当てはありませんが。

↓清水店長、どうすんの? 斎藤一人さんに聞いてみようか。

12月 292016
 


Kindleの使い方の説明です。
簡単です。


キンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)
個人出版物の登録方法。

1、『出版目的の明確化』電子出版を通じて、あなたはどんな「ベストな結果」を得たいですか?
2、『ターゲットリサーチ』あなたの読者は誰ですか? どんな人に対してだったら、あなたの得意分野を存分に伝えられますか?
3、『コンテンツセッティング』あなたの読者の悩みは何ですか? それをどのように解決してあげますか? 簡単な目次を考えてメモしましょう。

2月 062016
 

※今現在2016年は電子書籍は安くなってますね。

(以下)

このミニ電子書籍に書かれていますが、
(内容は薄めです)

1ドル未満の電子書籍は10ドル以上のものより、5.9倍売れている。
2.99ドル以下のものは10ドル以上のものより、6.2倍売れている。

とありました。

200~300円で売るのがいい!!(中間で250円)
長編ものならば、上下巻とか第X部とかに分けて。

電子書籍はスゴイ市場になりますよ。
でも自分の本が売れるかどうかはマーケティング次第です。
私はブログでコツコツ書いていきます。

7月 192015
 

アマゾンレビューなどを見ると
★1つ」が多い芸術作品(本、音楽、映画、ゲームなど)があります。

作者としては厳しい評価でさぞかし“悔しい&苦しい&つらい”胸の内だと察します。

しかしその人は実際に(買ったか借りたか知りませんが)体験してくれたのですから、
それはそれで厳しい評価でも受け入れるだけの余裕が必要です。

『芸術家は誰も相手にされなくなったら終わり』

芸術家よ、己がすべての魂をぶつけて形づくれ!!
最高傑作を。

それでダメならそれで結構じゃないかい!?

7月 122015
 

注:2012年10月の記事です。

確かに私も「売れ筋1位」は気になる。
楽天でのショッピングでも参考にする。

ただ自分の本が1位でなくても、
(たとえ100番以内に入らなくても)
それはそれでいいじゃない?
読みたい人が読めばいい。

DVDや会食付きの特典というエサで、
ある時間に集中的に(作為的に)買ってもらって1番を取る。
偽物の1位なんて1位じゃないですよ。

私の考える1位とは、
ズバリ感動1番です!!
自分の本を読んで下さって
生き方を変えてしまう読者が一人でもいること。
一生懸命に本を書いて良かったと思える瞬間。
本(知識)の力とは
人生を激変させてしまうスゴイ力を持っているんだから。
(私のブログもそんなことを目指して書いているのです)
(紙の書籍ではないですが)

本物しか生き残れない時代で
メッキは必ずはがれ落ちます
ビジネスも人間もそうです。
私は正々堂々とブログを書いていきますよ。
(アクセス数1日10~20です。グスン)

7月 102015
 


・美容師など「サービスを宅配する」儲かりそう。
・イベント業界が停滞。(人が家から出ない)
・ボクシング・ガールズコレクション携帯サイト
(K-1の魔沙斗と記者会見予定。女子プロとの提携も)
・時価総額が下がって企業を買いやすくなっている。
・リナックス(オープンソース)は覇権を取れなくなった。
時価総額今や6000万円(グーグルやフェイスブックに負けた)
・超多忙(寝れないほど。夢にまで金儲けが出てくる)
・「勝てば官軍」結果がすべて。
・具体的に表せる成果を積み上げろ
・実績を持つ人の意見だけを聞く。
・中島薫、本田健、斎藤一人のような“個人”としての実力・魅力を磨く。
・そんな“個人力”が強い人と同じ空間にいること。
・そのための方法:①お客になること②従業員になること③遊び友達になること
エンジャパンに新卒採用に2000万円払う。
・年内に出版社を手に入れる。
・尊敬する相手なら言葉だけでなく行動で表せ。
・本を出版せよ。ステータス&ブランドになる。300万円あれば誰でも出せる。
・ブランドが一番の資産。(協栄ボクシングと提携の一番のメリットは知名度が上がること)
・無料無償で奉仕せよ。感謝される。信頼される。(恩着せがましくはダメ)
・金がないなら労働力で。
・今のビジネス界のスピードは速い。
・お金は使えば使うほど入ってくる
・貯蓄精神は大切(300万円までは)
・10代はアルバイト3つ掛け持ちと副業
(ガソリンスタンド、野菜工場、弁当工場、土木、クール宅急便、クリーニング、バイクの転売、金貸し)
・環境の力は強力
・思考は現実化する『自己洗脳』
・弁護士になる夢より起業家に。ホリエモンの影響。
・近藤社長のかばん持ち(この時の影響は起業家としての決意を固める)
・仕事がつまらないなら他へ行け。もしくは起業する。
・今あるもので勝負する。ないものを考えると自己洗脳が狂う。
・楽しむ時期をいつにするか。“儲ける力”をつけてから遊ぶ。
・金はゼロが当たり前。
・40歳までは猛烈に働く。
・中途半端はダメ。突き抜けるだけの全力を尽くす。
・『自己実現』は最も難しい。
・少年鑑別所で独りになって弁護士になろうと思う。
・早稲田で起業する。
・会社は結局倒産し、個人で1億円の負債を背負う。自殺を意識する。
・情報ビジネスに出会う。
・1日1冊、読書は大切。
・人から好かれる。
・人を動かす=お金を動かす。
・人と向き合う。

私も1冊買いました。

4月 112015
 

(注:2010年9月の記事です)

俳優の水嶋ヒロが妻の絢香(歌手)と共に会社を設立したそうだ。
それはいい。
だが本を書いて印税収入だけで生きていくことはできない。
俳優業だけでは食べていけないのと同じだ。
一部の恵まれた才能のある方ならともかく、
小説はとにかく売れない。
ましてや芥川賞直木賞すら取っていない人間には不可能。

「音楽事務所をやった方がいい」

小説はその傍らで出版する(副収入)

旦那が作詞を担当し、奥さんが曲を提供する。
CDは売れないからネット配信で。

とにかく売れる本はざらにない。
趣味として本を書くだけにしなさい。
僕のこのブログも趣味です。
アフィリエイト収入はゼロです。

難しいよ、会社経営は。

【私のコメントがある】

ポプラ賞を受賞したそうだ、おめでとう。

水嶋ヒロ氏がポプラ小説賞を受賞したらしい。
賞金2000万円をなぜか辞退したことも伝わっている。
まあどちらでもいいと思う。
受け取ろうが、取るまいが。
取らないということで話題性も出てくるし、
印税というものもある。

これから問題になるのは「どれだけ多くの人が買ったか? そして読んだか?」だ。
いい本ならば売れる。
でもそれよりも大事なのは
「どれだけ人の心を変化させたか?」だな。
俺のブログも何だか虚しいの。
反応がないから。
だからこそ心に革命を起こしてもらいたい。
俺も頑張ってブログ(ボログ?)を書くよ。
結構疲れるのよ、これが。
期待しないで読んでね。