12月 292016
 

アメリカのソローという思想家が
戦争に使われる税金なら払わないとして、
投獄されたことがあったそうです。
友人であり先輩思想家のエマーソン
牢獄の彼の元で言う。
「どうしてそんなところにいるんだ?」
「あなたこそどうしてそちら側にいるのですか?」
とソローは答える。

お金を稼いだ社長は皆、
自分の納めた税金の使い道を案じなければいけません。
もし人が不幸になるようなことに使われたら、
その会社は悪いことに手を貸したことになりますから。

お金を稼いで税金を払うというのも責務が伴うのです。

面倒くさいね。
貧乏人・借金会社はそんなことは考えなくてもいいので楽。

国家を運営する人よ、
国民の幸福のために税金すべてを使いなさい!!
そうすればみんな喜んで税金払うよ。
天下り?
蛆虫のカスどもが!!
男なら天下太平のために身を捧げてみろっての。
子供や孫がその生き様を見たらどう思うんだ?
税金は子孫のためになるっていうのに。

今こそ平成維新を起こさないといけないですね。
若者たちによって。

7月 122015
 

頑張っても50%(半分)も取られたらやる気が出ないでしょう?
40%ならいい?
30%?(3分の1)
25%?(4分の1)

人が喜んで働いてくれる税率は20%(5分の1)だと思います。
タイでは来年20%になるそうです。
(過去記事参照)
香港はさらに安くて15%。
(香港の事業家はたったの15%でも節税方法を真剣に悩んでいるそうです)

実は僕も5%ディスカウントして15%がいいとも思っています。
なぜならもっと頑張って国のために働いてくれるから。

でもとりあえず30%にまで下げてくれると
日本企業は息を吹き返すと思うのですが。
海外移転(国内空洞化)も食い止められるし、
失業率も改善すると思えますし。

しかしながら今の政治家でそれを議題にする勇敢な人はいません。
「それでは国家財政はどうするんじゃ!!」と言われるから。

4月 262015
 

税集人はヤクザと同じ。威張らない方がいい。

「税金を納めないと財産を没収するぞ」という脅しは
ヤクザとほとんど同じ行為。
これは脅迫罪が適用されてもいい。
たとえそれは憲法によって義務だとされても。

『憲法25条:すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する』

税金が国民を困らせているのは税金のあり方を勘違いしていますね。

脅迫することを義務づけした国は少しずつほころんでいくでしょう。
やがては滅亡…

4月 252015
 

「教育の義務」と称して 国民の自由な思想を奪い、
(洗脳教育。登校拒否が多いでしょ)
「納税の義務」と称して 国民の財産を奪い、
(全ての税金が国民の為になってるの?)
「徴兵の義務」と称して 国民の生命を奪う。
(昔はあった。今のところ日本にはないが、これからはどうなるか分からないよ)

でも逆らってはいけない。
警察や検事局が味方してるからね。
とにかく「国のために国のために」 と言う人には注意して下さい。
その人も洗脳されてますから。

私にも言論の自由がありますので述べさせて頂きました。

4月 172015
 

2014年2月、税金滞納による『差押え』の通知が来た。

今日役場で「ちょっと待って!!」と懇願しました。
今後、分納で1万円ずつ支払っていくことになりますが、
差押えというのはゆうちょや銀行から強制的に引き出されるということかな?
誰か知っていたら教えて下さい。

「死と税金からは逃げられない」

金持ちさんたち覚悟をしておいて下さいね。

(過去のブログ記事)

税集人はヤクザと同じ。威張らない方がいい。

「税金を納めないと財産を没収するぞ」という脅しは
ヤクザとほとんど同じ行為。
これは脅迫罪が適用されてもいい。
たとえそれは憲法によって義務だとされても。

『憲法25条:すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する』

税金が国民を困らせているのは税金のあり方を勘違いしていますね。

脅迫することを義務づけした国は少しずつほころんでいくでしょう。
やがては滅亡…

———

もう一度ここで言う。
税金は国民すべての幸せの為にある。
税金が国民の一人でも不幸にしたら本末転倒もいいとこだ。
国営企業がジャンジャン稼ぐことができれば、税金の補てんも少なかったのに。
自分でできないことを民営に任せて…
政治家はほとんど男。
男社会に期待は禁物。
そんな男でしか育てられない女も疑問。

もうこうなったら子供たちしかいないのと違いますか?

「10代の政治」

やらせてみたい。

4月 162015
 

国を豊かにするのは納税(お金)ではありません。
国民一人一人の幸せが国を繁栄させるのです。

人の幸せは十人十色ですが、
すべての人に共通する幸せは「自分は愛されている」ということです。

愛されない人は、どんなにお金を持っていても不幸なのです。

国もまた同様です。
日本に住む人に愛国心がなければ国は衰退していくのです。
どんなに税収が高くても滅んでしまうのです。

要するに『愛』がなければ、すべてが不幸ということです。
高額納税を嫌って海外移住した人は、
日本にいたら税金を取られて不幸を味わうからそうしたのでしょう。
それは日本という国がその移住した人を幸せにしていないという証拠です。
ですが借金大国である日本では酷税は仕方がないのですから、
日本の税率に納得できない人は海外へ移住すればいいのです。
それがその人の幸せなのならば、温かい心で受け止めてやるべきでしょう。
愛があるならばできるはずです。
彼らには海外から日本を応援してもらえれば、
こちらとしてもうれしいではないですか。

時々「私は税金を払って国に尽くしている」と言う人を見かける。
払わなければ罰金が怖いので渋々納税しているのだと思う。
嘘をつくよりも嫌ならば節税に励んだ方がいいのに。
節税はお金の管理能力を高めます。

ところで政府にお金を正しく使う能力はありません。
もしあるならばなぜ国債があんなに膨張しているのか。

「お金を稼ぐよりもお金を使う方が難しい」

もし愛国心を示したいのならば
納税ではなく、隣人愛を実践してほしい。
あなたの周囲の人を幸せにしてほしい。
皆さん日本国民ですから。

4月 132015
 

アフリカなどの発展途上国で医療ボランティアをする人がいる。
日本で生まれ育って医学を勉強し、
医療に携わる仕事で生計を立ててきた。
何を思ったのか、発展途上国でボランティアとして働きたい。
その情熱は大変すばらしいと思うが、

「治療を受けたくても受けられない人が日本にはたくさんいるよ」
(特にホームレス)

その人たちを放っておいて外国に行く。(ほとんど見殺しだよ)

確かにどんな人種でも平等に接するのは【人類愛】だ。
アフリカの人たちだって適切な医療を受けてほしい。
でも同じ日本人で病気で苦しんでいる人が確実にここ日本に存在するんだよ。

ホームレスは働けるのに働かないから自業自得だという意見もある。
では「働かない=病気で苦しんでいい」ということなの?

医学の父ヒポクラテスの宣誓に
「医療従事者は誰であろうと病気に苦しむ人がいれば誠心誠意を持って医術を施すこと」とあったはずです。

以前
『国の境が命の境であってはいけない』とCMで放映されていた。
むしろ
『お金の有無が医療の有無であってはいけない』と僕は言いたい。

国民の義務である税金を払わないからいけないんだ!

→国家の義務を果たさなければ生きる権利はないの?

働けばいいじゃないか!

→心の病気ってあるんだよ、“うつ病”という。
(故高島忠夫さんなどが患ったらしい)

★日本では「働かない奴=食べる価値なし=生きてても死んでてもどっちでもいい存在」
そんな気風が現にある。

「働かざる者食うべからず」だって。

男という字は田んぼで力仕事をする人という字だ。
(どこかの地域では20キロの米俵を500~4000メートル担いで運べる人が男とする)
女は子宝を産んで立派な女だとされた。
(畑の耕し手がほしいため)

そんな働きマンを強制する日本社会。
それを僕は“日本地獄”と呼んでいる。

この日本地獄に加担する奴ら、お前ら覚えておけよ。

「将来ジジイ・ババアになったらポイされるからな、役立たずって」

覚悟せい!!

4月 132015
 

http://www.9393.co.jp/qdaigaku/takashima/index.html
(ここから抜粋しました)

HiQを読んでいる人の多くは、
サラリーマンか、そのご家族かもしれません。

サラリーマンの方は、これだけ働いているのに、
これだけしかもらえないと思っている方も多いことでしょう。

しかし、事業を行っている人たちは、
いくら働いても、
利益が出なければ、何ももらえません。

それどころか、人件費や家賃や仕入代など、
経費に見合う売上げがなければ持ち出しとなってしまいます。

事業を行うということは、
サラリーマンと比べると、
かなりリスクの高い行為ということになります。
そこで、多くの親御さんも学校の先生も、
若い人に対し、
将来、事業家になることは勧めたりしないでしょう。
まあ、ある意味当然です。

しかし、事業を行う人がいなければ、
給料を払う人がいなくなるということになってしまいます。

国などは、もともとお金を生み出す力はなくて、
国民から税金を取って分けているだけに過ぎません。
その税金は、サラリーマンからも取っていますが、
そのサラリーマンの給料は、
事業を行っている人から出ているわけで、
結局は、事業が税金を生み出すもとになっているのです。

事業は、行うだけでリスクが高いのに、
最近の日本では、社会が成熟して、競争が激しく、
同じ商品やサービス、ビジネスモデルが、
短期間しか、利益を生み出さなくなっており、
事業を行う人にとって、
ますますリスクの高いものになっています。

だからこそ、事業を行っている人たちは、
税金その他で、優遇されてもいいんじゃないかと思っています。

こういう話をすると、
金持ち優遇という批判がなされますが、
そういう批判をする人たちも、事業を行えば、
優遇される側に回るわけですから、
金持ち優遇ということにはならないと思います。

事業を行う人が優遇されれば、
誰もがサラリーマンでなく、
事業を起こすようになるので、
日本社会が活性化するような気がします。

今は、事業を行うリスクより、
事業を行う人の優遇度が低いことから、
事業家よりもサラリーマンを目指す人が多い
ということなのだと思います。
(以上)

このご時世に儲かる商売なんてほとんど見当たらない。
そんな時に事業を始めようとする人なんて今の日本では皆無。
それでは困る。
法人税・所得税が減るから。
事業家がいなければ誰が公務員に給与を払うのか。
彼らの給与は税金から出ているのだろう?
もしこのままの日本ならば事業をしようとする若い人は
海外へ“出稼ぎ”に行くはず。

「あぁ、これから日本はどうなってしまうのだろう?」

気が重いよ。