12月 292016
 

今の和佐大輔という男は
「下半身不随でもネットで億を稼いだ20代の若者」
として若い皆さんに認識されている。
(私もそうです)

これからは「マンガ家、和佐大輔」でファンを獲得するといいと思う。

『ビジネスマンとマンガ家の2本柱で読者を集める』

マンガ家というクリエイターの質と量の向上に貢献して頂ければ、
日本が元気になります。
世界のアニメ・マンガファンはビックリするほど多いです。
この動画のアンドリューという青年は
おもちゃの博物館を作りたいらしい。
このおもちゃネットショップオーナーのイヴリムは
おもちゃを売るのに必死です。
儲からないから止めておけと言っているのだが、止めない。
好きだから。

マンガ文化を発信している日本に生まれた日本人として
私はすごく誇りを持つことができています。
ありがとう日本人!!

5月 262015
 

『ワンピース』というマンガが世界的に人気となっています。

『義理・人情』をバックボーンとし、
友情、恋愛、師弟関係、家族愛、人類愛
といったテーマを扱っている壮大なマンガです。

「なぜこのようなマンガが大人も交えて読み広がっているのか?」
という疑問を考えた時、
『魂で付き合える仲間をみんな欲しがっている』と考えるしかない。

本物の仲間が欲しいと切望する若い人よ、
「友達だと思っている人が困った時にこそ、その人のために行動できる人になれ。命がけにだよ」
とアドバイスしたい。

ルフィが兄エースを失って失意自暴自棄の時に
「失ったものばかり数えるな。お前にも何か残っているだろ?」
とジンベイに言われて答える。
「仲間がいるよ」と。

仲間がいるから支え支えられるのです。
生涯で一人でいい。
見つけて下さいね。

5月 072015
 

物語初期、中学生に金属バットで殴られて死線をさまよった主人公、黒沢。
(この黒沢というのは黒澤明監督の名から来ていると思う)
それから後の彼は少しずつだが小さな事件を通して変貌していく。
仲根に「兄さんは心のままに動ける男だ」という敬意に対し
本人は答える「あれは壊れただけで…」

『平凡な自分の人生を固い金属バットが破壊したのだ!!』
(注:皆さんはくれぐれもマネしないように)

アマゾンレビューの中にはラストにしっくりこないという人も多い。
僕はあれが最高のラストだと信じる。
死にゆく黒沢が最期に感謝と尊敬と労わりで握手される。
「温けえなぁ」(=悪くなかったな、俺の人生…)
このセリフは作中にはないですが、すべてはこれに尽きるでしょう。
(こんな俺でも生まれてきた甲斐があったのだ)
この言葉で彼という作品(最強伝説)は完成したのです。
物語の続きは仲根や徳さんが紡げばいい。

世の中のもめごと御免の“現状維持”という気風。

日本を閉塞させている“それ”を破壊できる武士が今こそ必要です。
『生きる』の主人公、あの灰色人生で最後に華を咲かせた公務員のような。

「損得で生きて何になる!?」

フリーターの僕だからこそできる「何か」をやってみたい。
人間様に噛みついたあのアリになれるだろうか?
めくるめく暑い夏の日に一矢報いたあのアリに。
なりたい。

レンタルでもいいので
30歳以上の独身男性は読んで下さい。
勇気をもらえます。

5月 072015
 

それから1年後↓

増えてます。

さらに増えています。

持ち主はピカチュウの着ぐるみで撮影しているのが分かる。
まあそれはいい。

「寝室を占領させてまでフィギュアを集めるのはどうしてなのか?」

この答えが分かればあなたも商売で成功できる!!

4月 112015
 

『ガラスの仮面』は世界でも人気のある少女漫画である。
アニメやドラマにもなって観た人も多いと思う。
僕も読んだことがある。
確かに面白い。
でも違和感は隠せない。

そもそも「演技というものは競争するものではない」

“個性”を競い合ってどうするの!?

マヤ(主人公)、亜弓(そのライバル)どちらが紅天女の役を演じてもいいの。
それぞれがそれぞれの持ち味で役をこなせばいい。

演技に上手い下手はあるよ。

だが『すべての人間がこの世界という舞台のヒーロー・ヒロインなのだ』から
そのままでいいの。

生き方に上手い下手はない。
すべてが大いなる“学び”なのだから、
あなたはあなたという役柄を演じていればいい。
そのまんまでいい。
取り繕って生きていたら肩が凝るよ。
もっとのびのびとね。

追記:どこかのテレビ番組で美内さん本人が言っていました。

「なぜこのマンガは男の子にも人気があるのか?」

「主人公を男性にも置き換えることができるから。感情移入しやすい」と。

確かに。

4月 102015
 

三田紀房著

(『ドラゴン桜』や『マネーの拳』を書いた漫画家です)

今現在で14巻まで出版されているのかな?

転職者向けのマンガなのですが、
起業家や事業家にも話は広がっているので
それに関心のある人には大いに役に立つと思います。
一読を薦めます。

組織人数「150の法則」は目から鱗でした。
でも僕個人の考えとしては(事業はしてませんが)
1組織20~30人が扱いやすいのではないかと思う。

それにアメリカ人の方が“ゴマすり”が横行するというのもビックリ。
理由は読んでね。

作者は、不況期には日本型の経営が強いと言う。
今の円高もそれを証明しているのかもしれないね。
でも株価は低い(ガックリ↓↓)。

俺もサブビジネスを開始した。
やるぞ!!

※注:これは2010年の記事です。
2015年の私はネットビジネスをやっています。
まだまだ全然ダメですが、やり続けるだけです。

【あれれ?さんからのコメント】

一生フリーター宣言しておいて副業開始ですか
貧乏でもいいじゃないですか
あなたらしくないですよ

【返信】

「フリーター=貧乏」とは違う。

あれれ?さん
「フリーター=会社の奴隷にならないこと」です。
先月から始めた副業ははっきり言うと儲かりませんが、
将来性があります。
未知の可能性に賭けます。
今から準備とスタートです。
内容は秘密です。
株は止めていく方向です。
その分ブログの更新は遅れてしまいますがすいません。
時期が来れば少しずつ公表します。
世界を変えます。フフフ…

4月 102015
 


『ラーメン発見伝』(全26巻)です。

あらましはココでどうぞ。

今僕も少しずつレンタルで読んでいますが、
素人には勉強になることばかり書かれてあります。
(僕はラーメン屋さんにはなりませんが)
ラーメンのことはもちろん、お店の経営にも触れられていて
大変参考になるはずです。
ラーメン好きの人も、
これからラーメン屋を始めようかと悩んでいる人も、
よろしければレンタルで読んで見てください。
おもしろいですよ。

4月 102015
 

(俺も好き)
なぜっておしりのドアップが多いから。
美女にハイレグしか着せないのも
生おしりを強調させたいから。
ヤラシィー!!

それにしても登場する女たちのプロポーションはどうだろう。
これを“ゴールデンプロポーション”と言うのか。
日本女性ではこうはいかない。
(でも俺は日本女性が一番好きだからね)

寺沢氏は金髪白人ヌード本でも見て勉強したのだろう。
しかも皆美人に描く。
ご立派。
(それは『北斗の拳』の原哲夫さんにも共通しているが)

美女か…

せめてマンガの世界だけでも男たちの夢を満たしてあげたい。
そんなメッセージが込められているのかもしれない。

「美女よ、永遠に…」

4月 102015
 

「日本人よ、田舎に住んで自然と触れ合う生活を」という革命提言は、
『トトロ』ですべて伝えたはずだ。

それを観た誰かが感動して
一人でも実際に田舎へ引越しをした人がいるだろうか?
(『トトロ』は大人向けの映画だと思う)

おそらくいないな。
(いたらコメントをお願いします)

トトロ革命は失敗だった。残念!!

しょせんアニメだ、という限界。
いや文学や芸術というものは人を動かすほどのパワーは小さいかもしれない。
悲しいがそれが現実です。

≪人を感動させ行動をも変えること≫

イエスのように罵倒され唾棄され鞭打たれ、
挙句に十字架でさらしものにされ、
杭で血を流すくらいでないとダメかな?
革命には血を伴なうという…