3月 142015
 

肌が白いのは美人の条件だから。

バイクに乗っている女性は
頭にはヘルメット(交通義務)
顔にはサングラスとマスク、
腕には筒状の布、手袋をはめて
完全に太陽から肌を守っている。
(日本のように日傘をさしている人はいませんが)
(歩く人はあまり見かけません)

美人に近づこうと日々のケアを怠らないのは
日本もベトナムも同じなのですね。
(鈴木園子の美白ブームがありました)
いい男をゲットするために
“女性の美”への飽くなき闘いは
これからも果てしなく続いていくだろう。

男どもも少しは“女性の美”を見習って
“男性の美”を勉強してみてはどうか?
女性たちより美しくなってはいけないが、
(女より美しくなったら女性が困るだろ?)
女性にはできない“男らしさ”に磨きをかけていこうよ。
きっと女性のおしゃれは報われるはずだから。
「美しさを怠らなくて良かった!」って。

3月 132015
 

カット30000ドン
シャンプー30000ドン
合計60000ドン(400円くらい)

近くの場所には、入り口ドアがない
椅子だけが置いてある店があるが、
怖くて入れませんでした。
おそらく洗髪シャンプーはないだろう。
カットだけの店だと思う。

僕が入った店のことしか分かりませんが、
洗髪のシャワーは単なる水で冷たいのって。
カミソリで首周りを整えてもらいましたが、
お湯でなく水を濡らしただけでした。
ヒリヒリして痛かったよ。
(ひげ剃りはしてもらえなかった)
洗髪で体が凍えたままで椅子に戻ると
(僕は寒がりです)
(椅子と洗髪台は別々でした)
ドライアーで乾かしてくれるかと思いきや、
鏡でよろしいかとチェックされて終わり。
頭を乾かして下さいよ。
風邪をひくかもしれないと思って家に帰りました。

400円は高い高い。
そこの美容師さんは男性で茶髪。
店にいた店員さんの男は全部で3人。
金髪か茶髪でした。
あれは親父さんと2人の息子かな。
女性は2人いて若く(奥さんか?)
ロングヘアーでおそらく染めてはいないと思う。
金髪・茶髪はベトナム人には珍しいことです。
ほとんど街で見かけないもの。

ベトナム人もおしゃれに関心があると思う。
それは日本人もベトナム人も
変わらないのだと認識を新たにできました。
いい経験をしました。