4月 152017
 

このDVDで江原さんは
スピリチュアリズムの研究が始まる前に
1848年アメリカで初めてポルターガイスト現象が起きたと言う。
その年にはマルクスが共産主義宣言し、
唯物論的思想が萌芽した年でもある。

「霊的なものと物質的なもの」の同時発生。

そしてその年にはアメリカの西の方で
金(ゴールド)が発見されたという歴史もある。
翌年の49年から本格的に「金を求めて西へ行け!!」という運動が盛んになる。
(ちなみにこの49フォーティナイナーズはアメフトのチーム名にもなっている)

ゴールドラッシュのwikiです。

『シンクロニシティ』(共時性・同期性)

もし“私”という存在にも意義を求めるなら、
その“私”を必要としている人間がどこかに必ずいるということかもしれませんね。
(アンチ“私”もいることでしょうが)

“私”というちっぽけな存在という自棄は間違い。

なぜって
世界に蠢いている人間たちの魂のうねりは、
一つの方へと先駆し目がけている。
そこにあなたも私もすべて同期しているからだ。

「目覚めよ」

4月 152017
 

おせち料理…
「せめて正月くらいは甘いものを食べようじゃないか」という
貧困の日本の歴史から生み出された食文化です。

端午の節句の日にも子供に甘いお菓子が出されますね。
(子供が働き手として売られた歴史も長く、不憫に思って行事に加えたのだと思う)

日本の歴史は貧しさの歴史だと言える。

その証拠に
赤ちゃんが最初に発する「まんま」と言うと
「お腹が空いたのかな」と日本人は皆思う。

中国語では「マー」は母。
英語の「マミー」も母。
(他は知りません)

日本語だけが違う。

『飢餓と闘ってきた日本の歴史』

今の世からは到底想像できない社会。

暖衣飽食日本人、あれもないこれもないなどと文句を言わぬがいい。

「この日本で産まれたこと」

せめて今この瞬間、
先祖の霊たちに向かって、感謝の心で祈ってほしい。

7月 192015
 

スターリンが言ったらしい。
「1人英雄の死は悲劇だが、100万の民衆の死は数字上の統計でしかない」とか。

さまざまな生き方で歴史を刻んでいるのは誰個人としても平等。

『個人が輝ける時代』は今。

SNSというツールで世界とつながれる。

あなたはあなたの主人公。
新個人主義の爆発です!!

6月 182015
 

これは読みやすいので読んで下さい。

ローマ共和国も貴族と平民との階級差別があり、
それが原因で一度ボロボロに負けたことがあったそうです。(ケルト・ショック)

『格差社会や内部抗争は国をも滅ぼす』

日本社会・企業もそんな状況の真っただ中にあります。
個人的妄想では大災害が起きて自信を無くし、ヘタばって撃沈すると思っています。
9割の人が。

4月 172015
 

愛されるという実感が足りないと思えば、
「愛されたい!!」と求めればいい。
恥ずかしいことではない。

昔も今のこれからも
そうして人は愛を求め彷徨して行くのですから。

(過去のブログから抜粋)

芸術家よ、『愛』というテーマで作品を作れ!!

そうすれば長い年月にわたり、人々の記憶に残るだろうから。

過去の作品で今日まで残っている作品には
いくつかの特徴があるのです。

『人間愛』
『人生賛歌』
『信仰心』
『魂の迫力』
『生命力の謳歌』
『運命への挑戦』
『輝かしい未来』

例えば『聖書』。
全世界で最もよく知られた本ですよね。
モーツァルトの音楽、イタリアの宗教画、日本の仏像etc…
どれもこれも『人生を肯定している』ものばかりです。

生きることを『肯定』するもの全てが、
骨太な芸術作品として語り継がれていくのです。

———

生きることは何と尊いことだろう。
幾多の苦難を乗り越えてきた人類の歴史を想うと、
私は「生きることは愛そのものであり、歴史とは感動のアルバム」なのではないかと
しみじみとなって泣けてくる。

我々はすべて人生の芸術家です。
どんな人生を歩もうがそれは「偉大な作品」として我らの魂に刻まれる。

我ら芸術家よ、アルバムの1ページに花を飾れ!!
一輪の花こそが魂を揺り動かす。

4月 112015
 

・安政東海大地震:1854年12月23日(M8.4)死傷者約2~3000人、倒壊家屋約3万戸“津波多数”静岡県の掛川城が倒壊

・安政南海大地震:1854年12月24日(M8.4)紀伊、土佐など。死傷者約1~3000人(約32時間後に発生)“和歌山県の串本で津波最大高11m”

(この2つの大地震で死傷者3万人という説もある)

・安政江戸大地震:1855年11月11日(M6.9)死傷者約4300人、倒壊家屋約1万戸(谷地を埋め立てた所が被害大)

この3つを『安政三大大地震』という。

その他に
・伊賀上野地震:1854年7月9日(M7.4)?
・飛騨地震:1855年3月18日(M6.8)死傷者12名“山崩れ”
・飛越地震:1858年4月9日(M6.7)死傷者200~300人「地面が階段状に隆起した」「水や砂が噴き出した」

【この時期に余震とみられる地震は9年間で3000回近く】

地震が連鎖的に発生しています。
今の状況と酷似していますね。

※とにかく注意して!!!

4月 102015
 

 
DVDとBlu-rayと原作本です。

『愛を読むひと』(原作『朗読者』)という洋画を借りて観た。
ネタばれになるがストーリーの要点だけ紹介します。
(ケイト・ウィンスレットが老けていく過程がおもしろい。名演)

ケイト扮するハンナ・シュミッツと
15才の主人公ミヒャエル・ベルクはひと夏の関係を持つ。
物語が好きなハンナはミヒャエルに本の朗読をお願いし、
二人の仲は親密度を増してゆく。
ある時彼女は彼の前から姿を消す。
(理由は昇進して事務職を任せられることを嫌がったからだ)
ハンナにはナチス親衛隊として働いた血塗られた過去がある。
ミヒャエルと別れて数年後、
ハンナは法廷に立たされ、筆跡を調べられるために、紙とペンを渡される。
彼女は文字が書けない読めない文盲であることを人に知られたくないために、
裁判で不利な証言をしてしまう。
「無期懲役」の判決が下る。
その法廷をたまたま傍聴していた今や法学生となったミヒャエルは、
彼女の文盲を知っていた。
救えるはずのハンナを見過ごしにしたのだった…

罪の意識からかミヒャエルは牢獄のハンナにかつて読んで聞かせたテープを送る。
それをきっかけに彼女は“文字”を学ぶようになる。
少しずつ文字を理解するようになり、その喜びと共に彼に短い手紙を送る。
時に「返事がほしい」という手紙に彼は手紙を送らない。
送るのは本だけだ。
いよいよ出所も近いという日にミヒャエルはハンナを迎えに行くと約束したが、
ハンナはその夜自殺する。

「なぜミヒャエルは文字を理解し始めたハンナに手紙を送らなかったか?」

ハンナは文盲だった自分を恥じていた。
彼は刑務所内の彼女の“文字”の理解度を知らない。
もし高等な文を書いて理解してくれなかったら彼女のプライドを傷つける。
もし幼稚な文を書いて送ればこれもまた彼女のプライドを傷つける。
ミヒャエルはかつて愛した人を思いやり、送るのを拒否したのだ。

「若かりし頃の主人公が、なぜあの時文盲だと証言しなかったのだろうか?」

二人のあの夏の関係の中で育まれた二人だけの『絆』が思い出と共によみがえり、
これも彼女への思いやりから真実を公然にしてしまうのを拒否したのだろう。
(時として真実は人を傷つけるのだ)

思春期の青年が夢見る永遠の恋。
ドイツ人の犯した罪の贖いと文盲という羞恥心。
寂しく孤独な現実と冷たく固い牢屋で交わされる二人の蜜月。
歳月という罰を受けながらも愛を感じ合った日々。
そんな甘く切ないラブストーリーです。

4月 092015
 

VIETJOというサイトからの抜粋(2009/10/17 07:21 JST配信)

米国食品医薬品局(FDA)は今月1日、中国から輸入されたウメやワンピ(ミカン科の一種)などの漬物や乾燥品15種類に基準を上回る鉛が含まれていたとして、これらの商品を食べないよう警告を出した。その後マレーシア政府も同国で流通している中国・台湾製の漬物や乾燥品16種類から高濃度の鉛が検出されたとして商品の輸入を禁止した。

こうした報道を受けて「Saigon times紙」がホーチミン市6区のビンタイ市場(チョロン)で調査したところ、米国とマレーシアで禁止されたのと同じ中国製のワンピの漬物が200グラム当たり1万4000ドン(約70円)で売られていることが分かった。この商品は以前から人気があり、自宅用に購入する客のほかに、大量に購入し学校近くの路上で子ども相手に売っている業者も多いという。同じものは同市1区のタンディン市場でも売られていた。一方市内の大型スーパーマーケットで販売されている各種漬物や乾燥品は国産品がほとんどだった。
——

“鉛害”はローマ帝国を崩壊させた一因にもなっている。
鉛は融点が低く、食器の鉛が溶けて体内へ入り、脳を犯して…

チャイナフリー(中国製ではない)の運動は全世界で巻き起こるかもしれない。
金儲けできるなら他人がどうなろうが知ったことではない。
こんな人間がまかり通る国に繁栄はあるのだろうか?

中国の食ビジネスは中国人ではダメではないかな。
日本人が陣頭の指揮をとらねば…

4月 092015
 

平均寿命が短く(30歳くらいか)、死人の顔を目にすることが多かったから。
質素な食事で栄養が少なく、皆がやせ細っていたから。
疫病などで病床に臥せる人は、目が落ちくぼみ、頬がこけていたから。

パッチリ目と細いあごは、
頭蓋骨(しゃれこうべ)に似ているから怖いんだよ。
“死”を思い出させる顔なんて見たくないんだよ。

だから細い目で頬がぽっちゃりした女性が好みになるのです。
体型もふくよかな方が子供をたくさん産んでくれそうで結婚相手にしたがる。
(農業社会では耕し手となる子供が多いほど助かる)
(これはあくまでも僕の推論ですよ)

豊かな日本でダイエットでスリムと小顔に励む女性たち。
美の基準なんて時代の様相でコロコロ変わるものだよ。
今の飽食の時代も終焉に近い。
ここでもう一度“美しさ”について思案してほしい。

『永遠に変わらぬ美』

それは魂の美しさから発せられる人間の言動。
お肌のお手入れやダイエットよりも、
魂の試練をたくさん経験して女を磨きませんか?

4月 082015
 

「昔はよかった、いい時代だった、あの頃に戻りたい」とよく言う人がいる。
どんなに過去にいい時代があったとしても、
僕らが生きている今現在を、もっと愛そうではないか。

平安時代は優雅でいいだの、
江戸時代の方がのんびりしているだの、
子供の頃に戻って楽しみたいだの、愚痴を言う。
でも過ぎ去った時間を巻き戻すことは誰にもできないこと。
ワガママ言っても仕方がない。

『過去は逃げ込む場所ではない』

それならば今この時代を、あなたの理想に近づけるようにできないか?
かつてない〈栄光の時代〉を、僕らの手で創造できないか?

『歴史は未来への警告書』

・過去という正負の遺産をどう活用していくのか?
・歴史の中で散った人間たちの魂の叫びをどう受け継いでいくか?

僕はこの時代が好きだ。日本も好きだ。
多くの無益な血と悲しみの涙が流され、
さんざんの失敗と反省の末に築かれた21世紀初頭のこの時代を、
こよなく愛する。
(時代を拒絶してしまったら先人の死が無駄になるだろ?)

よし、我らの先祖の苦労が報われる時代を作るために、
死ぬまで“愛”と“魂の不滅”を叫び続けるぞ!!